生き別れになった家族と再会できるという感動もあれば、知らない間に自分の写真が勝手に使用されていたりという一長一短の世界SNS。このほど、一人のオーストラリア人ママが多くの女性に注意喚起をしています。

2児のママブロガーであるMegさん、25歳

オーストラリア在住の25歳のママブロガー、Meg(メグ)さんは「shutupmeg」というブログでオープンに心情を綴っています。Instagramのアカウントも持つメグさんはSNS世代ということもあって、家族の写真やセルフィーを投稿しています。

ところが、少し前にメグさんが妊娠中のマタニティーフォトを投稿したところ、とんでもないサイトに掲載されていたことが発覚したのです。

ポルノサイトに15枚の写真が掲載されていた…

メグさんのマタニティーフォト15枚が、妊婦フェチのいかがわしいポルノサイトに掲載されていたのです。「サイトを見て言葉を失ったわ。投稿者は妊婦の友人だったり夫だったり親戚だったりと身近な人もいるのよ。写真をSNSに投稿するからには、どこかで盗用されるっていうリスクがあるのをわかってるわけだから気にし過ぎるのはよくないけれど、頻繁に起こり過ぎるわ。」

「基本、自分の写真を誰かが見ても気にしない方だわ。でも私の写真を利用して吐き気を催すようなことに使うのは別よ。とはいっても、誰を責められるのかっていうと元々自分の写真を投稿している自分が悪いってことになるわ。だからみんなも十分気を付けて。プライバシー管理をしっかりね。」と注意喚起をしているメグさん。

「他人の妊婦姿にあれこれ批判するのもやめて!」

メグさんのマタニティーフォトがポルノサイトに悪用されているとメディアで伝えられてからは、今度はそのメディアにユーザーたちが「なにこのお腹。何人入ってんの?」「象かエイリアンでも妊娠してるんじゃない?」「100人産むつもり⁉」「インターネットが安全な世界じゃないってまだわかってないの⁉」「リスクを承知で投稿していて文句言うな!」などという批判的なコメントを寄せたのです。

確かに、リスクを承知だとメグさんも言っています。そして普通にみんなが見るのは構わないとも。でもそれがポルノサイトに勝手に使用されていると知ったら誰でも気分は良くないでしょう。子供の写真だって同じ。小児性愛者は私たちのSNSサイトを毎日チェックして子供の写真をピックアップしています。

そういう危険があるのはわかっていながらもSNSをみんながやめないのはなぜでしょうか。それはSNSが時に人との繋がりや感動、喜びを生み出してくれるから、そしてそれをみんなでシェアできるからなのです。ネガティブに捉えてばかりいては人生も面白くなくなるというもの。リスクを背負ってでも、新しい人と知り合うチャンスや奇跡を求めている人がそれだけ多いということではないでしょうか。

SNSがなければ、きっともっと個人のプライバシーは守れるでしょう。誰もあなたのことを知りません。知る術もないからです。そしてあなたもまた誰か知らない人と気持ちをシェアすることもなく、自分の知っている範囲で生活をしていきます。一昔前の時代のように…。

それを幸せと思う人ももちろんいるでしょう。でも現代社会においてもっとチャレンジする気持ちを持つ人が増えているからこそ、SNSの世界にハマる人が増えているのではないかと思う筆者。そのチャレンジは残念ながら人により「悪用」という許し難き行為に変わるために、メグさんの写真も誰かの手によってポルノサイトに掲載される羽目になったのです。

2014年に参加したマタニティーフォトサイトから写真が盗まれたのを知ったメグさんは、ポルノサイトの管理者に連絡。警察沙汰にすると訴え画像の削除を求めたそう。

SNSを素直に楽しみたいという人の気持ちを踏みにじり、写真を悪用し、傷つけるのは立派な罪ではないでしょうか。人としてのモラルはもちろん、誰かの写真に批判的なコメントを寄せるユーザーたちにももう少し「人は人を判断すべきではない」ということを理解してほしいと思わざるを得ません。

メグさんはブログで「私の妊娠姿で批判的なコメントした人たちへ。象だとかエイリアンだとかよくそんな酷いことが言えるわ。もううんざり。最低ねあなたたち」と綴っています。「投稿の自由」は投稿者にあるものであって「そんな写真を投稿するな」と言う権利は誰にもないのでは。

メグさんが言いたいのは「誰にでもSNSで楽しむ権利がある。投稿した写真が悪用されるかということを毎回気にするのは嫌。でも、自分のように全く知らないところでとんでもないサイトに悪用されていたりすることもあるから、どうかみんなに気を付けてほしい」ということ。

頭の片隅で危険信号が灯っていても、つい習慣で子供の写真やセルフィーを投稿している人も少なくないと思います。メグさんの事件は、改めてSNSの裏側がいかに危険かということを認識させてくれるもの。みなさんもプライバシー管理をしっかりしてSNSを楽しんでくださいね。

*記事投稿に関してはメグさんの許可を得ています。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス