他人に厳しく自分には甘い…そしてどこか完璧主義だったり…
身近にそんな方はいらっしゃいませんか?
恐らく私もその一人。今回はそんなエピソードを4選抜粋してみましたので宜しければご覧ください。

出典 http://ameblo.jp

どうしても付き合いなどで本命も義理もあげなくてはならないバレンタイン…。
包装と気持ちでごまかすというガサツさに果たして同意見の方はいらっしゃるのでしょうか。

出典 http://ameblo.jp

イマドキ男子の”デキる”素振りに感心した女子力の欠片もないガサツ女エピソード。
見習うべき点を大いに痛感させられます…。

出典 http://ameblo.jp

胸としての部分に値する範囲なので、当然ながら脇下から触診→エコーの検査をします。
日頃からムダ毛処理をしない天罰が下った瞬間でした。
…それはそうと女性の皆様、早期検査は早期発見、治療につながりますのでお早めに。

出典 http://ameblo.jp

自分のことは二の次で、でも身近な人には厳しい我が儘さ。
でも夫にだっていつだって格好良くいて欲しいんだもの。
その前に自身が何とかしろよ、ってお話なんですけどね。

いかがでしたか。
「育児に追われてるから…」「仕事が忙しいから…」など言い訳は多々ありますが、自分に甘く他人に厳しい人間は嫌われますね。
何でも言い訳や他人のせいにせず、自分にも問題点があるのではないかと気づくまでに時間はかかりますが、思い当たる節がある方は自身の行動や言動をもう一度省みましょう。

この記事を書いたユーザー

あぼたん310号 このユーザーの他の記事を見る

・エッセイ漫画をブログ公開中(http://ameblo.jp/abo-----tan)
・幼少期から絵や漫画を描きまくっていたがオタクではなかった。
・小学校時代に1年渡米し、帰国子女扱いを受けなんとなく語学を生かす仕事に従事するものだと、中学、高校を経て大学へ進学する。
・大学在学中に1年渡伊し、帰国後水商売を始め、楽な仕事でないことを思い知るも楽しいとも思う。
・人生は自由に生きたもの勝ちだ、と根拠なく強く感じ、大学中退を決意。収入源を水商売のみとし、漫画家を志すも不完全燃焼継続中。
・好奇心旺盛だが中途半端で飽き性。
・そんな好奇心から本来は禁断と言われていた恋…店の黒服に手を出し、交際がスタートし、結婚に至る。
・夫いわく男女関係には寛容だが時に鬼嫁。
・変に思い込みが激しいところあり、短気で頑固。
・1人でいるときはほぼヒモノ女。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス