コロラド州デンバーを拠点に活躍するチョークアーティスト“Chris Carlson”さんの描く…センス溢れる3Dトリックアート。これが思わず二度見、いや、三度見してしまうほどリアルであり、壁や道路に描かれているとは到底信じられない驚愕のレベルだったので紹介したいと思います。

チョークアートの世界で知らない人はいないほど有名な“Chris Carlson”さん。なお、彼が描く作品は、ほとんどがゲームやアニメのキャラクター達でして、大好きなゲームやアニメキャラが現実に現れたら面白いだろうと始めたチョークアートの数々は、どれもワクワクが止まらない…素敵な作品ばかりとなっています。

ピクセル風に描かれたぽっちゃりボクサー。どう見てもフィギュアにしかみえないのですが、これは、紛れもなく床に描かれた絵。どうですか?これが絵だなんて信じられますか?

コチラの絵なんか、どうみても立体的にしか見えませんが、もちろんコレも平面画。額縁、フィギュア、全て絵ですよ!

小さい頃から絵を描くのが大好きだったという…“Chris”さん。では、人を驚かせるのが何よりも楽しいんだ!と語る“Chris”さんのスーパートリックアートの数々。どうぞご覧下さい!

錯視画家“エッシャー”を尊敬しているという“Chris”さん。

どれだけ人を騙せば気がすむのでしょうか?(笑)

土管の中に入れそうなほどのリアリティ!

テトリスが大好きだと語る“Chris”さんが制作した、動く立体アート。是非、動画も合わせてご覧下さい!

出典 YouTube

いかがでしたか?

トリックアートだとわかっていても騙される…“Chris”さんのスーパートリックアート。なお、彼のホームページには、まだまだたくさん素敵な作品がアップされていますので、興味を持った方は“Chris”さんのHP。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス