「SNS太り」という言葉があります。私が勝手に命名したものですが(笑)、いまこのSNS太りが急増中!「飯テロ」とはまた違うもの。さて「SNS太り」とはいったい何なのでしょう?

会うたびに太っていく人が増えた!

出典くらげ

グルメ関連のSNSで知り合った仲間たちと、時々オフ会をするようになった頃。最初に会ったときと比べて、ひと回り、ふた回りとみんな大きくなっていくのです!そういえば、最近の投稿数を見ていても、かなり頻繁。しかも朝から晩まで食べまわっているように思えるほど、投稿に熱中気味!(これじゃ、太るのも当然だよな~)と思いつつ、ちょっと過熱気味なムードも心配。お腹がすいて食べたものをアップしているのではなく、確実にSNSのため。ネタとして食べている感覚。あれよあれよという間に太りながら、やめられないのが「SNS太り」なのです。

料理写真をSNSにアップ

出典 http://www.photo-ac.com

ネット上にはたくさんのグルメサイトがあります。または自分で食べ物ブログをやっている、料理写真ばかり集めたいサイトなどなど、食事関連のSNSには枚挙にいとまがありません。最初はそこへ気軽な気持ちで料理写真をアップしていたはず。

いいね!の誘惑・ランキング魂

今では当然となった「いいね」や「行きたい」ボタン。押している方は上からダダダッと乱雑に押している場合もあるはず。でも投降した側は「あの投稿よりこっちの方が人気が低いな」とか、「あの人は押してくれたのに、この人は押してくれない」「良くなかったのか」と、些細なことを意外とチェックしているんですね。気になるわけです。

↓この数字が誘惑

出典くらげ

出典くらげ

さらにいいねや行きたいの数、投稿数などがランキング形式になっているサイトもあるので、そこでランキング魂に火が付けば、猛然とやる気がみなぎります。「同じくらいの年代で同じような収入のはずなのに、あいつは高級店ばかり行ってる!」とか「こっちはおひとりさまなのに、向こうは団体写真が多い。こっちもイベントに参加しよ」とか。

今までは行かなかったはずのお店へ行くようになり、イベントにも積極的に参加。食べ歩き仲間ができれば、今まで以上に行動範囲も広がる!ここまでくると楽しくて仕方がないはず。しかもハッキリとその努力の結果がランキングでわかるのですから、やりがいがあるのです。

リア充?ブログネタ?まさかの大食い

出典 http://www.photo-ac.com

にわかに信じられないかもしれませんが、自分がボッチではないことをアピールしたくて2人前を頼む人もいるのだとか。それを写真に収め、「今日も女子会♪」のような雰囲気を投稿するのもSNS太りの原因。一見虚しいように思える行為ですが、ネットの中ではバレません。みんなから称賛の声がもらえれば、今日も元気に「ひとり女子会2人前食い」ができてしまうのです。

出典 http://www.photo-ac.com

注目を浴びそうなブログネタのためなら爆食、連食、夜食あたりまえ。こんなもの、太るに決まっていますよね。でも、昨日よりもアクセスが少ないことが気になり、「どうせ食べるなら面白ネタにしよう!」と考えてしまうのです。

同じお店ではなく違う店、新しいお店を誰よりも早く、新メニューや限定メニューにはいさんで飛びつく……これってお腹がすいて食べるのとは、なんか違うと思うわけ。「発信しなくちゃ」という、強迫観念に近いかも。

ネタが欲しいだけで、料理を粗末にするのはダメ!

「遠征」と称して地方へ食べ歩きに出かける人もたくさん。そうなると、軒数も稼げるしネタとしても面白い!いつも以上にハシゴして、どんどんネットにアップします。そこまではいいんです。でも二口ほどで食べ残すとか、写真だけ撮って終わりなんてことは人としてバツ!心を込めて作っている人がいるのですから、食べ物を粗末にしないで!

SNS太り=SNS依存症

誰でも褒められるとうれしいものです!それが毎日のようになれば、褒められない日はガクンと落ち込むはず。逆に現実では勝てない相手にネット上では勝て、人気者として有名になる心地よさ。こうしてたった一票で一喜一憂しながらも、エスカレート。
この心のアップダウンが、ストレスや依存症へと向かわせます。

しかも単なるネット依存ではなく、肥満や浪費というリスクも抱えていることをお忘れなく。一緒に食べ歩いている人がいるなら、お互いにゆっくりと太っていくのでわかりづらいでしょうね。久しぶりに会った友人から「太ったんじゃない?」と言われたら、すでにだいぶ「SNS太り」は進行中。そこまでして、「いいね」欲しいですか?自分のカラダとよく相談してください。

本末転倒の結果がSNS太り

出典 http://www.photo-ac.com

SNSで食事をアップし始めた時と比べて、注目を集め始めると確実に意識が変わってきます。読者やフォロワーの増加も、あなたに拍車をかけるでしょう。「もっと面白く!」「もっと上位へ!」という気持ちが、結果本末転倒に。
その投稿はなんのためにしているのでしょうか?お腹がすいて、本当に食べているものでしょうか?お金を払ってカロリーとぜい肉を取り入れる。病気のリスクを高める。
なんだか不思議な光景です。
とにかくみるみる太っていくので、気を付けましょう!

この記事を書いたユーザー

山田くらげ このユーザーの他の記事を見る

面白いモノを探して日夜ゆるゆる探検中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス