ジューンブライドといえば日本でも憧れる女性が少なくないでしょう。元々ジューンブライドはJune(6月)の花嫁という意味で、古代ローマ神話でJUNO(ユーノ)という女神が幸福の女神として知られていたことから、6月は幸福の月。つまりこの月に女性が結婚すれば幸せになれるという言い伝えが欧米にはあったのです。

また、欧米では3月4月に雨が多く降るために夏の気配が近付く6月は気候的にもちょうどいいということで6月に結婚する人が増えたという説も。今年は例年になく雨が多かったイギリスですが、この説は当てはまるかと思います。この欧米の慣習が日本にも伝えられて久しいのはみなさんももうご存知でしょう。

日本では紫陽花が美しい季節

P6049791
by nnice

一昔前は、梅雨でジメジメした時期にウエディングドレスを着る人が少なかった日本。この欧米の慣習が伝わってからは、ホテル側はそれを名目に客入れを図るようになったそう。そのおかげで現在では6月の式場はどこもいっぱい、という嬉しい状況になっているようです。

ところがとんだハプニングがイギリスで…

花嫁3
by Moriya, Tomo

このほど、そんなジューンブライドの伝説にあやかって幸せを誓おうとした一組のカップルが役所側の致命的なミスにより、悲惨な一日となってしまったのです。式場まではるばる640km以上もの距離を旅した花嫁&花婿候補、そしてゲスト60人。

セレモニーまで30分を切ったところで、役所側からキャンセルのメッセージが。「挙式に必要な書類を紛失してしまった」というのが理由だったようです。なんていい加減な…。

お祝いムードだったカップルとゲストはがっかり…

出典 http://www.mirror.co.uk

日本なら考えられないような結婚式のドタキャン。しかも非は役所側にあるという…。

実は、ジョンさん(47歳)とカースティー(42歳)さんがかなり離れた式場を予約したのには深い理由があったのです。カースティーさんのお父さんがこの式場のある街出身で、数年前に他界。亡き父を偲ぶ思いでこの場所で式を挙げることにしたのだそう。

本当なら娘の結婚式に参加したかっただろう父親の思いと共に、特別な気持ちでこの式場を予約したジョンさんとカースティーさんでしたが、役所スタッフの「書類紛失」というあり得ないようなミスでキャンセルになったのは気の毒としか言いようがありません。

夫婦にもなれていないが形だけでも…と記念写真の笑顔が悲しい

出典 http://www.mirror.co.uk

この日来た60人のゲストたちにとっても、全くいい迷惑となった一日。役所側は謝罪をしたとはいえ、特別な気持ちでこの日に挑んだカースティーさんはかなりの落ち込みだったとジョンさん。

一応、形だけ「乾杯」の写真を撮ったものの挙式キャンセルとなったために未だ正式に夫婦となっていません。でも予約してあるハネムーンはキャンセルするとキャンセル料がかかるので行かなければならないという踏んだり蹴ったりの二人。

後日改めて挙式をする日を決めたそうですが、出席者は花嫁&花婿と、ゲスト二人のみ。カースティーさんのお母さんとジョンさんのお父さんだけという何とも寂しいウエディングとなりそうだということで、ジョンさんも「なんてことだ」とショックを隠せません。


by MsSaraKelly

今回、パーティーの為に払ったお金15,000ポンド(約200万円)も役所側に責任を取っていくらか払い戻しをしてもらうように請求するつもりだとジョンさん。今度の挙式に費用がいるとはいえ、責任の発端は役所側にあるのですから費用をある程度カバーしてもらわないと不公平過ぎるというもの。

「役所側は今回のミスをどう捉えているかわからないけど」とジョンさんは失望しながら語りました。

「結婚って言うのは花嫁&花婿の二人だけでするものじゃない。家族となる人との式はお互いの家族に祝福してもらってこそ価値があり意味があるんだ。今回せっかく来てくれた60人の親戚や友人たちにも、特別な理由でこの式場を選んだ僕たちを一緒に祝福してほしいと思ったからなんだ。」

遥か遠く離れた式場に来るには、当然ゲストはその近くに宿泊したりといろいろ手間も費用もかかっているのです。今度改めて式をすることになったからといって「じゃ、また来て」と言いにくいのは当然ではないでしょうか。

挙式のやり直しは今月末となったそうですが、失望と悲しみを隠せないカースティーさんとジョンさん。ミスは誰にでもあることとはいえ、こういうミスはさすがに致命的。今後の市役所側の真摯な対応が期待されるところです。

悲惨な一日は、ある意味二人にとって「忘れられない一日」となったことでしょう。今度こそ、スムーズに挙式が遂行されることを願う筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス