記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
これから妊娠を考えている人や出産を控えている人にとって、出産をする病院選びは重要なポイントのひとつといえます。

一般的には個人病院総合病院から選ぶことになりますが、それぞれどんな利点があるか、なかなか分からないものです。
そこで今回は、一般的な個人病院と総合病院のメリット・デメリットを医師に解説していただきました。

個人病院のメリット・デメリットは?

個人病院のメリットは、院長のポリシーが診療方針に反映されていて、総合病院にはないさまざまな特徴があります。具体的には
・無痛分娩に対応する
・家族も出産に立ち会う
・産婦さんを癒すためのアロママッサージ
・豪華な食事や設備にこだわっている
などです。
妊婦へのマタニティヨガコースや、出産後のサポート教室を備えている病院もあります。
また、患者さんのニーズに柔軟に対応できることも多いため、個室が多く、費用は一般的に高めになります。

デメリットとしては、医師の数に限りがあり、NICU設備がないため、医学的に妊婦もしくは胎児・新生児に何らかの疾患がある場合、対応できずに総合病院に紹介される場合があることです。
具体的には、
・妊婦に妊娠前から持病があり、内科などと緊密に連絡しながら出産をする必要がある場合
・妊娠前からの病気はないが、重症の妊娠高血圧症候群があったりする場合
・切迫早産傾向が強く未熟児での出産になる可能性がある場合
・胎児に先天性疾患があると超音波検査で判明している場合
などです。

総合病院のメリット・デメリットは?

総合病院のメリットは、医師や助産師、看護師のスタッフ数が多く、小児科・新生児科・NICU設備・常時対応可能な麻酔科医・手術設備を備えていることが多いことです。
特に高度な設備を備えた病院は周産期母子医療センターと呼ばれ、救急対応の態勢も整っています。そのためいわゆるハイリスク妊娠と呼ばれる状態であったり、胎児に先天性疾患が予想される場合の受け入れ優先になります。
一般的に相部屋になるので費用は安めです。

デメリットとしては、大きな病院で高度な設備を備えているほど、研修医や経験の浅い助産師が研修のため勤務していることがあり、教育設備としての役割に協力してほしいと打診されることもあるでしょう。
出産の際にたくさんの研修医が立ち会ったという方も多いようです。
病院全体としての方針に従う必要があるため、小さい子供の面会が制限されたり、手術室まで家族が付き添うことは難しかったりすることもあるかもしれません。
総合病院の中にも、日赤が母乳育児を強く推進しているように、特徴的な方針を取っていることがあります。

個人病院と総合病院の費用は一般的にどちらが高い?

一般的に個人病院は高く、総合病院は安くなる傾向があります。
個室料金を含めた支払額について、事前に確認が必要です。普通分娩(帝王切開ではない)の場合、総合病院では40万円程度から、個人病院では100万円を超えることもあります。入院日数についても、病院によってかなり違いがありますので、普通分娩・帝王切開それぞれについて確認しておきましょう。

里帰り出産以外で途中で病院を変えることはできますか?

可能です。妊婦の希望で変わることもあれば、医師から転院を勧められることもあります。どちらにせよ、それまでに受診していた病院からの紹介状をもらうようにしてください。紹介状がないと、再度検査が必要になり、費用や時間が無駄になります。
また紹介状がないために連絡不行き届きになり、妊婦や胎児についての重要な情報が漏れることで、不利益が生じることもあります。

≪あなたはどのくらい安産タイプ?≫
妊娠中の生活でグッと安産に近づける!安産を目指すためのポイントは

医師からのアドバイス

どこでどのような形で出産するか、希望があると思います。絶対に外せない条件は何かを考えて、外せない条件を叶えらえる病院を選びましょう。
妊娠出産で急なトラブルがあった場合にすぐに駆けつけられる距離にあるかどうかも重要です。

また、個人病院であっても、急変時には総合病院に搬送されることになります。協力病院がどこなのか、スムーズな協力態勢があるかどうかを確認してください。
自分が受診している病院について、電話番号・アクセス(昼間と、公共交通機関がない夜間に搬送された場合の両方)・面会時間などをまとめて、夫・両方の実家・友人・職場などに知らせておくと安心ですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス