記事提供:conobie

我が家は男女の双子。1年生になって早3ヶ月。しっかりしてきた娘と比べ、息子の手のかかりようが際立って…ただいま、日々迷走中!?

朝は忙しい。

毎日、7時10分には家を出なくてはいけないのだが、我が家の息子の辞書には、『慌てる』、『急ぐ』という文字はない…。

朝、疲れはてた私の肩をたたき、息子が一言

決して、『ちょぉーっと』ではないと、母は思う。

毎朝、もう怒らない、もう言わない、と思うのだが、その誓い、5秒で終了。

息子のドヤ顔に、やられたぁー!!

彼はきっと、この先も『こうやって生きる』のであろう…

言い返せなかった気持ちを靴下にぶつけつつ、

「ぐぉぉぉーーー!!」

とゴシゴシ洗っていると、それを見つけた息子。

近づいてきて、「おかーさん、なにやってるの?」

「…(なんだと?!)汚れた靴下は手で洗わないと落ちないの!汚れがっ!(怒)」

ゴーシゴシゴシ!!!

ふと見ると、息子が本当に申し訳なさそうな顔で…

…ズキューーーーン!!!

「…い、いーの、いいのよ。汚してなんぼよ、靴下は。それだけ元気にやってるってことだもんね!」

そんな息子に振り回されつつ、

そして、翌日も、そのまた翌日も、靴下は汚れるのであった…。

何でコレが!?息子の異次元ポッケ

1年生のんびりタイプ男子、あるあるでしょうか?

時には、そののんびりさ加減に参ったりイライラしたり、がっくりきたりしつつも、そのあくなき好奇心や突拍子もない行動やおしゃべりに飽きない刺激的な毎日、なのです(笑)。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス