貧しいというだけで、何かを学ぶチャンスを諦めなければいけなかったり、人生全てにおいて妥協をしなければいけないことが多々あるでしょう。貧しい暮らしは明日自分が生きていられるかどうかさえもわからないのですから、姿も心も他の人よりも荒んでしまうもの。

そしてその荒んだ様子の人を見た周りの人はたちは、関わって面倒に巻き込まれたくないために足早に通り過ぎてしまいます。そんな現実の厳しい社会を改めて認識せざるを得ない一本の動画が、ユニセフから公開されています。

6歳の少女を使って社会実験をした

出典 https://www.youtube.com

東ヨーロッパに位置するグルジアの首都トビリシ。共和制国家のグルジアは、昔は産業と工業が盛んでしたが、2008年のロシアとの軍事衝突以来巨大な市場を失ってしまい経済的に不安定な状態が続いています。そのため、多くの子供たちが貧困状態にあるかそのリスクのある生活をしているといわれています。

ユニセフはこのほど、6歳の俳優である少女、アナーノを使って社会実験を試みました。最初に裕福そうな家の子供の服装をさせて街に立ってもらったのです。

通行人が話しかけて来る…

出典 https://www.youtube.com

ぽつんと一人で佇む少女に通行人はすぐに目を留め、話しかけてきました。「名前は?」「いくつ?」「この近くに住んでるの?」子供が迷子にでもなってしまったのかと気にしている様子。

どこかへ電話をしようとする人さえも…

出典 https://www.youtube.com

迷子の通報をしようとしているのでしょうか。電話を手にする人もいました。「こんな小さい子供をこんなところに一人で放っておくのはよくない」という意識が話しかける人の中にあるのでしょう。「保護」しようとしている人たちの姿が目立ちました。

今度は貧しい恰好をして立ってみた…

出典 https://www.youtube.com

6歳のアナーノにプロのメイクアップアーティストがメイクを施し、いかにも貧困家庭のホームレスのような子供に仕上げました。そして同じ場所に立たせてみたところ…。

誰一人少女を気に止めず通り過ぎていく…

出典 https://www.youtube.com

一瞥はしても、決して立ち止まることをせずに通り過ぎていく人たち。

出典 https://www.youtube.com

ずっと長い間少女は同じ場所に立っていたにも関わらず、誰も声をかけようとはしませんでした。

カフェに場所を移して社会実験

出典 https://www.youtube.com

今度は屋内のカフェにカメラを設置。普通の格好をした少女が一人でカフェへ入って行きます。カフェの客たちはどんな反応を見せるのでしょうか。

笑顔で話しかける客

出典 https://www.youtube.com

少女がある女性客のテーブル席へ近づくと「座りたいの?」というように女性は自分の荷物を椅子からどけて、少女に微笑みかけます。全く危機感を感じない雰囲気。それはきっと少女の格好で判断しているのでしょう。

他の席でも客たちは少女に話しかけている

出典 https://www.youtube.com

「お母さんはどこにいるの?」と聞いているのか、しきりに話しかける女性客。若い女性は少女の頬さえも撫でています。

男性客も遊び相手に…

出典 https://www.youtube.com

紙飛行機を作って少女の遊び相手になる男性客。カフェでは、「親が近くに座っているのかな」という思いもあるのでしょうか。少女が近付くと全く警戒せずに話しかけたり遊び相手になる人たち。

少女が汚れた顔と服装で近付くと…

出典 https://www.youtube.com

次に、少女が貧しい子供の服装をしてカフェに入っていくと、人々は冷たい視線を投げかけます。そして一瞥するも、知らん顔。

自分の荷物に注意を払う客

出典 https://www.youtube.com

少女がそばを通り過ぎようとすると、自分のバッグの中身を盗まれないようにと手元に注意深く引き寄せる客も。誰もこの汚い恰好をした少女に「どうしたの?」と声をかける人はいません。

席に着こうとする少女に「あっちへ行きな!」

出典 https://www.youtube.com

開いている椅子に座ろうとした少女に、既に向かいに座っていた男性は少女を降ろし「あっちへ行きな!」と指示。

別の男性も「この子をどこかへやってくれ」

出典 https://www.youtube.com

別の男性のところに近付こうとすると、その男性はカフェのスタッフを手招きして「この子をどこかへやってくれ」と言う始末。

誰一人笑顔を向けてくれるわけでもなく、話しかけてもくれず…周りにすっかり邪魔者扱いされたアナーノは次第に悲しくなり、泣き出して走り出してしまったために実験は中止となりました。

「悲しかった…」

出典 https://www.youtube.com

「汚れた服を着ていたら、みんなが私をどこかへ追いやろうとして、それがすごく悲しかった」とアナーノ。ユニセフは、この6歳の少女を通して「想像してみてください。毎日、何百人という子供がこのように追い払われているのだとしたら、あなたはどう思いますか?」と問いかけています。

動画を通してユニセフが伝えたいこと

出典 https://www.youtube.com

貧困が、いかに子供たちに影響を与えているかというのは恐らくもう皆さんもご存知でしょう。この動画を見ることで、改めて貧富の差が子供たちに与える影響の大きさを知ることができます。

貧しい子供には社会は目もくれず、何のチャンスも与えられない…そんな社会があなたは素晴らしいと思いますか?お金持ちの、いい格好をしている子供たちだけがこの世で成功できることを当然のことだと思いますか?

人がこの世に生まれる限り、どこに生まれても誰であっても生きる権利があり、幸せになる権利があります。様々な事情で国全体が貧しくても、お互い支え合うという優しやさ思いやりを持つことで大きな変化を生むこともあります。

貧しい子供だから全てを諦めなければならないという決まりはどこにもありません。また、貧しい子供だからこそ周りが気を配っていかなければならないのではないでしょうか。

ユニセフのこの動画は、言葉はあまりないもののインパクトの強い映像となっています。世界で起こっていることは、日本でも起こり得ること。この動画を見て、みなさん一人一人が今後社会でどのように対応していくべきかを今一度、考えてみてください。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら