記事提供:まぐまぐニュース!

人工知能(AI)の発展はめざましく、先ごろ囲碁のトップ棋士が人工知能に完敗したというニュースは大きな話題になりました。そんな人工知能について、メルマガ『言葉の森 オンラインマガジン』では、「教育」の観点から言及。

頭のいい大学に進学する「勉強ができる人」は今後、人工知能に取って代わられてしまうと主張しています。さらに、人工知能よりも人間の方が優れている能力とは何か?その能力を伸ばす教育の仕方を教えています。

人工知能に負けない学力を育てる

昔の人工知能は、「強い人工知能」として作られていました。それは、「こういうことがあったら、ああいうことをする」という入力と出力のプログラムを人間がしっかり作り込むような人工知能だったのです。

しかし、それでは、結局人間が予想できる程度のことまでしかできません。

今の人工知能は、「弱い人工知能」として作られています。それは、正しいことも間違ったこともランダムに多様に行い、そこから確率的によい結果を生み出すものに次第に行動を収斂させていくという人工知能です。

このやり方によって、人間が予想もできない優れた知能を発揮する人工知能が作られるようになってきたのです。

今、スマートフォンでネットを検索すると、音声入力でかなり正確な入力ができるようになっています。

なぜこのように正確な変換ができるかというと、それは言葉を正確に聞き取れるようになったからではなく、大量のデータベースをもとに文脈的にあり得そうな言葉を選択できるようになったからです。

大量の知識や情報をもとに、最も妥当な判断をするという方向に、今の人工知能は発展しているのです。

すると、近い将来、人工知能が人間の頭脳に取って代わる分野が出てくることが考えられます。それは、大量の知識をもとに、正しい判断をするという分野です。

この大量の知識をもとに正しい判断をするというのは、人間の優れた能力のように思われがちですが、実は人間にとってはあまり得意な分野ではありません。

法律家や医者が人工知能に仕事を奪われる理由

このためには、まずたくさんの知識を吸収しなければなりません。そして、その大量の知識を必要に応じて引き出してこなくてはなりません。

要するに、頭がいいと言われるような人が得意なことと考えればいいのですが、そういう頭のよさは訓練しなければ育ちません。

人間のもともとの自然に反して、たくさんの知識を覚えてそれを再現するという無理な練習をすることによって初めてできる能力なのです。

無理な練習だから、人間には、勉強のよくできる人と、あまりできない人との差ができます。よくできる人は、その知識と判断を生かせる分野に進もうとします。

例えば、今の時代で、大量の知識を吸収しそれらを必要に応じて引き出して判断することが必要な頭のよさが求められる分野は、大学の学部で言えば、法学部や医学部でしょう。だから、これらの学部は入るのが難しいと言われているのです。

ところが、このような頭のよさは、弱い人工知能の最も得意な分野です。最初は大量のデータをもとにランダムな試行錯誤で判断するので、間違いも多いはずですが、やがて急速にその精度が増してきます。

そして、やがて人間のその分野の最高に頭がよいと言われる人よりも、速く正確な判断ができるようになるのです。

法律の条文を大量に記憶し、それを必要に応じて組み合わせて判断するというのは、人間よりも人工知能の方が得意になる分野です。

同じように、疾病の現象や原因や治療法を大量に記憶し、それを症状に応じて判断するというのも、人間より人工知能の方が得意になる分野です。

人工知能より人間が優れているある能力とは?

では、逆に、人間にできて人工知能にできない分野とは何でしょうか。法律で言えば、現在の世の中の問題に即して新しい法律を作り出すことです。医療で言えば、疾病の治療ではなく、人間の新しい健康を作り出すことです。

つまり、創造する法律、創造する医療が、人工知能にはない問題意識を持つ人間だけができる分野なのです。

同様のことは、他のすべての学問や仕事についてもあてはまります。これまでの「よくできる人」の「よくできる」能力ほど、人工知能に代替されやすい能力です。

逆に、これまでは、「面白いことを考える」とか「ユニーク」とか「ちょっと変わっている」とか言われた、人間の能力のおまけのような個性と創造の分野こそが、人工知能に代替されない最も人間らしい能力として前面に出てくるようになります。

では、そういう創造の能力は、どのようにして育つのでしょうか。それは、自分の欲望にこだわることによってです。

今の世の中は、まだ完全とは言えないまでもセーフティネットに守られています。油断していたら、明日食べるものも手に入らないという野生の動物のような世界ではありません。

すると、その中で、ほどほどの満足でいいと思う人は、何も創造する必要を感じないでしょう。

本当は、もっと辛いカレーを食べたいが、売られているものの最高がこの程度なら、それで満足しようと思える人は、より辛いカレーを創造する必要性を感じません。

しかし、カレーについては、ほとんどの人はそれでいいのですが、人間は本来自分だけのこだわりを持つ分野を誰でも個性的に持っています。

そのこだわりを大切にするということが、これからの教育の最も大事な要素になるのです。

創造力を育てるためには、子供が多様な経験をする機会を作る必要があります。主要五教科だけがしっかりできていればいいというのではありません。

学校の勉強に一見関係ない無駄な時間
のように見えることも含めて、いろいろな経験を積ませる必要があるのです。

そして、その子がこだわる分野を、ほどほどに抑えずに納得行くまで進ませることも必要になります。

バランスよく生きるより
も、あることに熱中して生きる方が尊重できるという気持ちを持たせるようにするのです。

また、世の中はそんなに甘いものではないとか、自分の分をわきまえろとか、みんながやっているのと同じ安全な道を進めとかいう価値観を植え付けずに、

がんばれば誰でもできる、人のやっていないことをやれ、雨だれ岩をもうがつ、という価値観を子供のころから育てていくのです。(つづく)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス