記事提供:TOCANA

【元「週刊文春」編集長、月刊「WiLL」編集長の花田紀凱VS国際暗黒プロデューサー・康芳夫!暴走老人対談企画 第三弾】

康芳夫花田紀凱対談まとめはコチラ

■過激な誌面で時代を築いた《文春関東軍》の時代

左が花田氏、右が康氏。

2016年初めからスクープ連発で突っ走る現在の『週刊文春』は、今の出版界に於いては《過激》の名をほしいままにしているが、康芳夫の目には、多士済々のメンバーを揃えて日本中を席巻した花田編集長時代の『週刊文春』が焼きついているようだ。

今回は、1980年代から1990年代にかけて、あらゆるタブーに挑み続けた《文春関東軍》の時代を、その張本人である花田紀凱と振り返ってゆく。

康芳夫(以下、康)「しかし花ちゃんが『週刊文春』にいたあの頃はいろいろあったねえ。僕は《文春関東軍》ってアダ名を付けたんだよ。

総司令官が社長の田中健五で、副司令が堤(堯)くんね。前線守備隊長が花田くんだ。その下に勝谷(誠彦)くんっていうのがいたの。

当時は入ったばっかりだったけど、今や錚々たる売れっ子ライターだ。その上にミスターNってのもいたな」

花田紀凱(以下、花田)「西川(清史)ですね。いま彼は文藝春秋の専務ですよ」

「今や彼がナンバー2だよ(笑)。花ちゃんが一番かわいがってた男がね、今や文芸春秋の“ナンバー2”だよ」

「西川は僕と10歳違うから、僕もさすがに“オマエが専務かよ”って言いましたけどね(笑)。

でも彼は“切った張った”は向いてないんだけど、エロとかがもの凄い好きなんですよ。それに筆がもの凄く立つ。ピンサロのルポなんて書かせたら、滅茶苦茶上手いんだから」

――ピンサロのルポが上手い専務!(笑)

「そうそう(笑)。仕事も凄いできるヤツで、文春では一番、写真なんかのビジュアルに詳しかったね」

「僕も彼にはパーティではしょっちゅう会ってるんだけどね、

ある日彼が“康さん、驚かないでください、僕取締役になりました”って言うんだ。その次に会うとまた来てね、“驚くべきことに、僕、常務になりました”って言うんだよ。もう“ホントかよ、オマエ”ってなったけどね(笑)」

「あとは関西人でね、彼は広告をずっとやってたから、広告を取ってきたり、広告業界の人と付き合うのは向いてると思う。

あとは…これはあんまり言わない方がいいかな…まあいいか(笑)、こういう仕事やってるといろんな広報の人と知り合ったりするじゃない。彼は買い物で伊勢丹行って、関西人だから“負けろ”って言うのよ。普通デパートで言えないじゃない?」

――特に伊勢丹ですからね。

「デパートなんだから普通はどこでも言えないよ!それで当然断られるたんだけど、彼はそこで“広報の××さん呼んでくれ”って言うの。それでそのまま負けさせるっていう、なんていうのかな…」

――商売根性ですね。

「そう、でもそういうのは専務としていいのかもしれないよね、商売っ気があって」

「それを花ちゃんは本当に腹心としてかわいがっててね、勝谷くんがその下で守備兵だったんだ」

「勝谷なんてホントにその頃はペーペーですよ。

その頃僕はね、編集長じゃなかったんだけど、『エンマ』って写真雑誌をやってたの。

『フォーカス』『フライデー』が売れてたんで文春も写真雑誌作ったんですよね。その雑誌の編集長が松尾さんっていう『スポーツグラフィック・ナンバー』なんかを考えた人なんです。

僕はその頃『週刊文春』にいたんだけど、編集長と合わなくて、特集しかやったことないのにグラビアのデスクやらされてたの。“まあ写真好きだからいいや”なんて思ってて、その時に僕の下に西川と勝谷がいたんです。

そうしたら、“写真誌を作るぞ”ってなって、自分でいうのもなんなんだけど、その時の『週刊文春』のグラビアはおもしろかった。“毎週週刊文春のグラビアに何が出るか楽しみだ”って言われてたんですよ。

でも松尾さんっていうのは、グラビアを作ったりそういうことに向いてない人だったから、僕を呼んでグラビアページをやらせたんですよね。

それはもう、僕らは無茶苦茶やりましたよ。あれは1985年だからいろんな事件があったしね。三浦和義逮捕とかね、夏目雅子も死んだしね、日航機事故、阪神タイガース優勝とかね」

■遺体の皮膚や腕…過激写真も掲載

「そんな年なんだから、もうやりたい放題だったよ!」

「日航機事故の時はね、すぐスタッフを現地に行かせて。そうしたらさ、木に人間の皮膚が引っかかってるの。その写真を見たらホントに悲惨なんだよ。そんな写真を(誌面に)出したりしてね、凄い顰蹙を買ってたの」

――今の写真週刊誌では考えられないほど過激な写真ですね。

あるいは女性の腕がね、森の中に転がってるわけ。なんで女性とわかったかっていうとね、爪にマニキュアが塗ってあったからなんだよね。それは日大芸術学部の学生の人が撮ってきた素晴らしい写真ではあるの。

ただ、“これ、出せんのかなぁ”とは思ったね。まあ結局出したんですけど(笑)、そんな無茶をやってましたよ。あと翌年は岡田有希子さんの飛び降り自殺した時も直行したしね、三浦逮捕もそうですけど、いろいろやれておもしろかったですよ。

康さんも三浦の件は、ね?」

「そうそう、僕は彼のマネージャーみたいなもんだから」

――なんのマネージャーやってるんですか(笑)。

「『週刊プレイボーイ』で人生相談やらせたりしてたんだよ。

その時は島地(勝彦)くんっていうバカな編集者がいてねえ(笑)。『週刊プレイボーイ』の迷編集長だったんだ。

そこで人生相談をやらしたんだ、まだ文春が三浦報道をやってる真っ最中にね(※『週刊文春』は「疑惑の銃弾」というタイトルの記事を初めとして、三浦が保険金目当ての殺人を仕組んだ犯人であるという旨の報道を行なっていた)。

当時の週刊文春編集長の白石くんはかんかんに怒っててね(笑)“バカなことしないでください!”って言ってきたよ」

「そうだったんですか(笑)」

「僕が“文春関東軍”と名付けた理由はね、彼らは独立愚連隊みたいだったの」

「まあホンモノの関東軍は最後敗走してしまいますけどね」

「まあなんで敗走したかというと、『ノモンハン事件』を起こして徹底的にロシアにやられるんだけど、それは相手がユダ公なんだよ」

――ユダ公!

「そう、それにやられるんだけど、文春の関東軍もユダ公にやられるんだ、“強制収容所なんてなかった”って記事でね(笑)」

「(苦笑)」

「世界中で問題になっちゃってねえ、今の慰安婦とかの問題と一緒だけどね、ユダ公が総力を挙げたら凄い力だからね」

――だからユダ公って…(笑)。花田さんが編集長をしていた雑誌『マルコポーロ』が、アメリカのユダヤ人系団体によって廃刊に追い込まれたという1995年の「マルコポーロ事件」の問題ですね。(【詳しくは、対談第二弾・参照】)

「さすがのユダ公ですから、広告に全部ストップかけてね、そうしたらさすがに文春もこうなっちゃった(頭を下げる動き)。命運尽きたというかね(笑)」

■スクープ連発、今の文春はキツい?

「まあそれはちょっと後にして、僕の時はいろいろやりましたよ。

それで今の新谷が大変なのはね、僕の頃はスクープがあれば2~3週は売れたんですよ。ところが今は、(周期が)早いんだよ。1週間で消費されちゃうの。

しかも他のメディアで出ちゃうから、ネットとかで盛り上がっちゃう。次の週、その次の週に続いてゆかないの。そうするとね、そうそう毎週スクープなんてあるもんじゃないから。

僕らの頃は5~6週同じネタでやっていたんですよ。たとえば統一教会を山崎浩子が脱会した時なんかね、あのスクープで1年くらいやったからね。

あと覚えてるのは“貴・りえの破談(※大相撲の元横綱・貴乃花と女優・宮沢りえの婚約破棄騒動/1992年)”とかね。貴・りえが結婚するって盛り上がってる時にいきなり『週刊文春』新年号で“破談だ!”ってやったわけですよ。それも5週くらいやったの。

でもなかなか破談にならないからさ、しょうがないから毎週やってたの。

最後は“本紙が掴んでいてこれまで書かなかった全情報!”とかやってたけど、中身としてはもうあんまり書くことないから担当者は泣いてるんだけど、“もういいんだ!今回は総集編のつもりでやれ!!”って言ってたんだけど、それも売れたからね。

そういう時代だったから、今とちょっと違うんだよね」

「そこが非常に今の編集長はキツいところでしょうね。でもね、基本的に花ちゃんはでっちあげというか作り上げたテーマを2週3週と続けたわけだけどね、それは彼の編集者としての“腕”だからね。でも、今はそれが通用しないからね」

■ベッキー不倫報道、花田氏はこう読んだ

――今の『週刊文春』も、ベッキー不倫報道などでわかるように、リリースされる情報を何回かに分けて、タイミングをコントロールしているようですね。

「それはやっているでしょうね。ベッキーの不倫騒動なんかは、スクープが出れば、それは当然、男のカミさんから出たとしか考えられないじゃない?

そうすると、“これは文春がカミさん掴んでるんだな”って予想がつくのね。そうすると、“次かその次にはカミさんが出てくるな”って思うと案の定出てくるわけだから。それはちゃんと考えてやってるんだと思いますね」

――スクープのストーリー展開を考えているわけですね。

「『週刊新潮』はさっき言ったようにそれができないから、ベッキーを養護するような記事を書いたりしてますよね」

――現在のAKB48のスキャンダル報道でも、多くの出版社はAKB48を扱うような芸能雑誌があるから、その関係でできない。週刊文春はそういった媒体があまりないから、報道できてしまうということも一般にも知られるようになってますね。

「確かにそれはありますね」

■SMAP騒動後、メリー氏と食事

「芸能報道のタブーといえばジャニーズ事務所だけど、メリー喜多川の首根っこを最初に押さえたのは花ちゃんだからね。彼女は花ちゃんには全く頭が上がらないだろう?」

「いやいや、全然そんなことないですよ。この前も飯食いましたよ」

――ええっ!例のSMAP騒動のあとにですか?

「元気でしたよ。3時間喋りっぱなしだったよ、あの人。もうすぐ90(歳)なのに元気です」

「90!?はぁ~っ…」

――今回の騒動も特に気にされてないんですか?

「まあ今回はやっぱりマネージャー(※ジャニーズ事務所の関連会社/ジェイドリーム元取締役の飯島三智氏)に問題があったと。僕もそう思いますけどね。

よしんばSMAPが独立したとしても、もう局とかは使えないですよね。別に圧力をかけるとかじゃなくて、局とかは事務所のことをおもんぱかって使えないですよ。そりゃあ露骨に“SMAP出すならウチのは出しませんよ”なんて言わないですよ。

それは暗黙の了解で、使わないもん」

――自然とテレビ局の選択肢の中に入ってこなくなるということですね。

「そうそう、そうすると飯島さんがいくら独立したってね。一方で“全員連れていけば…”っていう声もなくはないんだけどね、なかなか仕事はやりにくいですよ。

そうしたらSMAPの連中もバカじゃないから、考えますよ。仕事できなくなっちゃうんだから。あれはね、本当は飯島さんが我慢しなけりゃダメなんだよ。あそこで反乱したって、絶対やってけないもん。

SMAPだってもういい歳のおじさんだしさ、ジャニーズ事務所は後から後から凄いのが出てくるわけでしょ?そうしたらもうダメですよ…あっ、僕SMAP好きなんですよ」

「SMAPの問題っていうのは元々花ちゃんが30年前にスクープして、今の素地を作っていたわけだよね。メリーの旦那の藤島泰輔ってのが厄介な男でね、平成天皇とかオノ・ヨーコと学習院の同級生なんだ」

「作家で、『孤獨の人』っていう作品で有名になった人ですね」

「銀座に今の天皇陛下を連れ出してね、それを小説にしちゃったんだ。メリーとしてはヤツの肩書きが欲しかったんだろうけどね、皇太子の同級生っていう。なおかつ、親父が日銀の理事だから」

「そうだったんですかね」

「メリーは素性のわからない女だから…」

「いや、素性のわからない女じゃないですよ(笑)。ちゃんとしてますよ。メリーさんのお父さんは、真言宗のお坊さんなんですよ」

「あっ、そうなの!?」

「ロサンゼルスの日本人社会に布教に行っていた人なんですよ。それで彼女はあっちで生まれて、戦争中に帰ってくるの。それが終わったらまたあっちに戻って生活してた。親父さんは僧侶としても向こうの日本人社会でも尊敬されてた」

「ふーん、じゃあ素性ははっきりしてるんだ…」

「康さんよりはっきりしてますよ!(笑)」

「それもそうか(笑)。それで弟いるだろう、ジャニー喜多川か。あれがコレだってこと(頬に手の甲を当てる)を文春は徹底的にやったわけだよ」

「それはまあ」

「でもそれを有名にしたのは文春だろう。まあ状況的にはね、ガキ抱えてるからってことで想像はつくけど、それを文春が書くもんだからね。確か訴えられたんじゃないか?(※1999年)」

「ありましたね」

――それなのに花田さんはメリーさんとは上手くお付き合いされてるんですね。

「いやあ、僕はそんなにひどいことしてないですから。康さんが大袈裟に言ってるんですよ(笑)」

康芳夫花田紀凱対談まとめはコチラ

■花田紀凱『WiLL』編集長、元『週刊文春』編集長

1942年東京生まれ。66年東京外国語大学英米科卒、文藝春秋入社。88年『週刊文春』編集長に就任。

6年間の在任中、数々のスクープをものし、部数を51万部から76万部に伸ばして総合週刊誌のトップに。

94年『マルコポーロ』編集長に就任。低迷していた同誌部数を5倍に伸ばしたが、95年「ナチガス室はなかった」の記事が問題となり辞任、1年後に退社。

以後『uno!』『メンズウォーカー』『編集会議』などの編集長を歴任。2004年11月より『WiLL』編集長。今回、飛鳥新社に編集部員全員「電撃移籍」。

編集長として月刊『HANADA』今月4月26日発売!テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍。産経新聞コラム「週刊誌ウォッチング」、夕刊フジコラム「天下の暴論」はファンも多い。

好きなものは猫とコスモス。

・康芳夫(こう・よしお)

1937年東京生まれ。国際暗黒プロデューサー、虚業家、家畜人ヤプー全権代理人、全地球を睥睨するスフィンクス。

4月よりMBS、TBSで放送される松田翔太主演の連続ドラマ「ディアスポリス 異邦警察」(TBS→12日より毎週放送。MBS→17日より毎週放送)、熊切和嘉監督映画「ディアスポリス 異邦警察」にも出演!稀代の怪優迷優に乞うご期待。

ディアスポリス公式サイト
公式ツイッター=@kyojinkouyoshio
公式サイト
有料メルマガ=『家畜人ヤプー倶楽部(家畜人ヤプー全権代理人 康芳夫)
無料メルマガ=『虚実皮膜の狭間=ネットの世界で「康芳夫」ノールール(Free!)

・康芳夫インタビュー記事まとめ読みはコチラ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス