空高く舞い上がっていくシャボン玉は、見ているとなんだかワクワクしてきますよね。子どもの頃に遊んだ記憶のある人も多いのではないでしょうか。

どこまでも飛んでいくのかと思っていても、「シャボン玉飛んだ屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こわれて消えた」と童謡の歌詞にもあるように、残念ながらすぐに割れて消えてしまう儚いシャボン玉…。

しかし、どこにでもあるような“あるモノ”を使えば、全然割れないシャボン玉を作ることができるんです!

その“あるモノ”とは…

出典 http://www.amazon.co.jp

なんと、ガムシロップなんです!

出典 https://www.youtube.com

シャボン玉液100ccと…

出典 https://www.youtube.com

ガムシロップ25ccを…

出典 https://www.youtube.com

混ぜ合わせると…

出典 https://www.youtube.com

なんとも不思議な割れにくいシャボン玉の出来上がり!

出典 YouTube

これはすごいですね…。シャボン玉液4に対してガムシロップ1の割合が良いそうです。

※毛糸の手袋(軍手でもOK)でキャッチするのもポイントです。

一体なぜ割れないの?

シャボン玉は、揮発性が高くてすぐに割れてしまうのですが、ガムシロップを入れることで粘度が出てきて蒸発を防ぐ役割を果たしています。

毛糸の手袋を使用することで、シャボン玉と触れる面積を狭めるのも要因の一つですね。

シャボン玉がすぐに割れて泣いちゃってるお子さんがいらっしゃる場合には、是非ガムシロップを使って、割れにくいシャボン玉を作ってあげてくださいね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら