記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「コレステロールの値が高いと、生活習慣病になる」などと言われていますが、「コレステロール」とは、そもそもどんなものなのでしょうか?
今回はコレステロールについて、医師に詳しい話を聞いてみました。

コレステロールとは、そもそも何ですか?

コレステロールとは、人間のすべての細胞膜、ホルモン、消化酵素等の原料となる、身体に必要な脂肪の一つです。
コレステロールなどの脂質は、血液に溶けませんので、アポタンパク質と結合した複合体「リポタンパク」として血液中に存在しています。

コレステロール「善玉」と「悪玉」はどう違うのですか?

コレステロールは、リポタンパクとして「HDL」と「LDL」の、主に2種類が血液中に存在しています。これが「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」の正体です。

1.HDL(善玉コレステロール)
HDLは、血管や末梢組織にたまったコレステロールを肝臓に運ぶ働きがあるので、善玉コレステロールと呼ばれています。

2.LDL(悪玉コレステロール)
LDLはリポタンパクの中でコレステロール含有量が最多で、末梢組織にコレステロールを運ぶ働きがあるので、悪玉コレステロールと呼ばれています。

コレステロールが多いとなぜ問題なのですか?

コレステロールは身体に必要なものですが、過剰にあると、組織や肝臓だけでなく血液中にも増えます。

血液中に存在する過剰なコレステロールは、血管壁にくっついて、動脈硬化を進める原因の一つとなるのです。

コレステロールを減らす方法はありますか?

体内のコレステロールを減らすためには、まずLDLを減らすことが大切です。運動、食べ物などの生活習慣でコントロールをしましょう。

LDLが高値、あるいはHDLが低値の場合は、適度な運動を積極的に取り入れるとよいです。

また、以下の食材は、LDLを下げてくれます。

・イワシやサバなど、DHAとEPAを含む青色の魚
・キャベツやブロッコリー等の緑色の野菜
・リコピンを含むトマトなど

これらに含まれる食物繊維が、消化管からのコレステロールの吸収を抑制する効果もあります。

コレステロールが少なすぎる場合も問題ですか?

コレステロールは、人間のすべての細胞膜、ホルモン、消化酵素等の原料となる、身体に必要な脂肪の一つです。
不足すると、ホルモンや自律神経のバランスが崩れたり、精神的なバランスが乱れてしまい、うつ病になることもあります。

また、LDLを正常値以下まで下げてしまうと、ホルモン合成に問題が起きたり、血管や皮膚が脆くなる可能性がありますので、注意しましょう。

≪高血圧になりやすい生活習慣になっていませんか?≫
頭痛がする…あなたの生活習慣は大丈夫?【高血圧度】診断!

最後に医師からアドバイス

コレステロールの含んだ食べ物の取りすぎには注意する必要がありますが、まずは自分のHDL、LDLの値を知ることが大切です。

検査を受けて両方とも正常であれば、コレステロールを含んだ食べ物でも、他の食べ物とバランス良く取れば問題はありません。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス