記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「無農薬は安全、農薬は危ない」という認識の人が多いのではないでしょうか? とはいえ、実際のところどうなのかは分かっているようで分かっていないもの。

そこで今回は、「無農薬」と「農薬」のメリット・デメリットを掘り下げてみました。

無農薬のメリット

通常、野菜などには害虫などを駆除するために少なからず農薬が使用されていますが、無農薬とは文字通り農薬を一切使用していないという意味です。

無農薬の利点は「安心・安全」ですが、その上、味も格別で栄養価も高いというメリットがあります。誤解されがちですが、無農薬=有機栽培(オーガニック栽培)と考える人がいます。

厳密には違います。オーガニックを謳うには、無農薬はもちろん、その他に幾つかの条件があります。

無農薬のデメリット

青果店に行けばよく分かりますが、無農薬食材の値段はかなり割高です。

農薬野菜と比較すれば約 3割高め。その理由は、生産者が手間暇かけて丹念に育てるからです。無農薬野菜は生産者をはっきりと明記することが多く、農家にとっては出来の良い自慢の野菜のため、高値で取引されるのです。

農薬のメリット

農家には「食料の安定供給」という役目がありますが、農薬を使用することで食材を「雑草・害虫・病原菌」から守ることができ、大量生産が可能になります。

そのため、消費者は見た目もよく安価な食材を購入することができるのです。

農薬のデメリット

良い面があれば、悪い面が必ずあるのが物事です。農薬は少なからず身体に悪影響を及ぼす危険性があります。

いわゆる食の健康被害が懸念されます。中国産の野菜が安い理由は農薬をたくさん使用し、野菜を大量生産しているからです。安かろう悪かろうではありませんが、あまりにも安い食材には注意が必要です。

≪胸やけが続く…そんな症状ありませんか?≫
違和感を感じた方は【逆流性食道炎】をセルフチェックしてみましょう!

野菜の農薬を除去する2つの方法

無農薬野菜が欲しくても手に入らない方にお勧めできるのが、野菜についた農薬を除去する方法です。農薬をとるといつもの野菜がもっと美味しくなりますよ。

その1: 洗剤で洗う
食器洗剤の中には、野菜・果物の洗浄と記載されているものがあります。

1.ボウルの中に水を入れて、スプーン2/3ほどの量の洗剤を投入します。
2.次に野菜を投入し、軽く洗うと農薬が取れていることが目で見てわかります。

例えばブロッコリーに水をかけると弾きますが、洗浄した後では水を弾きません。

その2: 農薬を除去できる貝力浄を使う
農薬除去に特化した洗浄剤も売られています。その一つが貝の力で洗浄する「貝力浄」です。

野菜や果物についているバクテリア、農薬、環境ホルモン、ワックス、防腐剤などに吸着して剥がしてくれる嬉しいアイテムなので、オススメです。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス