出典:バズプラスニュース

皆さんは、2012年夏から発覚した遠隔操作ウイルス事件(パソコン遠隔操作事件)を覚えているだろうか。

犯人がパソコンにウイルス(罠)を仕かけ、意図しない第三者が暴力や殺人などの犯罪予告をするように仕向けた事件である。この事件により、4人が無実の罪で逮捕された。

・野良猫の首輪にSDカード装着

犯人はインターネット上や報道機関のメール送信で「ヒント」を公開し、警察や世間をあざ笑うかのようにゲームのような展開を進めた。

そのなかで犯人は、神奈川県の観光地として有名な「江の島」の野良猫の首輪にSDカードを装着し、そこにヒントがあると報道機関やエンジニアの矢野さとる氏へメールで予告。

実際にSDカードを装着した猫が記者の工藤氏と日本テレビによって発見され、警察が回収した。

・猫の誘拐が多発

そんな事件の発生から3~4年が経過した2016年夏。江の島で、実は不気味な騒動が多発していることは、あまり知られていない。

事件以降、猫の誘拐が多発。年々、猫の数が減っているのである。さらにいたずらに猫の命を奪ったり、残虐行為をする人がいるとのうわさもあるのだ。実際に江の島に出向いて現在の状況を取材してみた。

・猫を江の島に捨てる人たち

もともと江の島は「猫の聖地」「猫のパラダイス」とも言われており、数多くの猫たちが人間と共存している島だった。

そんな場所なので、育てられなくなった猫や、生まれたばかりの子猫を江の島に捨てていく人も後を絶たなかった。あまりにも猫が増えすぎて島民も困り、猫の保護のために募金活動まで行われている。

・江の島の猫は「地域猫」

捨て猫が多い影響で野良猫が増え続ける一方だった江の島だが、遠隔操作ウイルス事件以降、「猫の聖地」ということが全国的に伝わり、猫を誘拐する人が増えたのである。

そもそも江の島の猫は野良猫なので連れ去っても問題はないと思われがちだが、そう単純な話ではない。

江の島の猫の多くが「地域猫」として島民がみんなで飼っている状況下にあり、普通の野良猫とは違う。江の島に住んで飲食店を経営している店主は以下のように語る。

・江の島の住民コメント

「あの事件以降、どんどん猫が誘拐されてしまって、かなり激減しました。

猫はそこらじゅうにいたのに、いまはあまり見かけません。江の島の猫はみんな人になついているから、警戒しないのですぐに連れ去られてしまうのです。

夜中にやってきて誘拐するようです。いまも猫を捨てる人はいますが、捨てられる猫より連れ去られる猫のほうが多い。事件で島が注目されたのが原因でしょうね」。

・あの猫は亡くなった

遠隔操作ウイルス事件で首輪にSDカードを装着された猫はどうなったのか?それについて店主は「ああ、あの猫はもう亡くなってしまった」と話していた。

しかし店主は亡骸を見ておらず、誘拐された可能性は0ではないようだ。

・2匹しか見つけられず

実際に江の島で猫を探してみたが、事件発生前より激減しているのが実感としてわかった。当時は探さなくても十数匹目撃できた猫が、今回の取材時は2匹しか見つけられなかった。

島の下部にある江島神社の周囲に2匹だけである。記者の運が悪かっただけとも言えるかもしれないが、それでも島民の証言にもあるように「猫が激減している」のは事実であり間違いない。

・江の島が崩壊しつつある?

激減する江の島の猫たち。だからといって決して「江の島にたくさん猫を捨ててください」とは言えないが、島民の気持ちを無視した連れ去りは感心できない行為であり、「猫の聖地」としての江の島が崩壊しつつあるのは確かだ。

ちなみに現在、江の島の一部の猫にはGPSが装着されており、誘拐されるとすぐにわかるようになっているという噂もあるようだが…。とにかく猫が可愛くても「地域猫」の可能性があるため、勝手に連れ去るのだけはやめておきたい。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら