出典 http://www.carsensor.net

▲現在までに6億台以上が販売されているトミカ。1970年にブルーバードSSSクーペ、コロナマークⅡハードトップ、トヨタ 2000GTなど6車種が最初に販売されました

幻のトミカが驚くような額で落札

トミカと聞いて、子供のころに遊んだなぁ、と懐かしい気分になる人も多いのではないでしょうか。たとえミニカーに興味がなくとも、その名を知らない人はいないはず。玩具メーカーのタカラトミー(発売時はトミー)が1970年から販売を開始した小スケールミニカーのトミカは、現在までに約900車種を発売し世界中で6億台以上が販売されました。

ちなみに6億台というこの数字、トミカをつなげると地球1周強になるんだとか。ただ、星の数ほど世に出回っているトミカの中には「えっ!!!!」と驚愕するほどプレミアがつく
製品が存在します。

販売当時、180円だった商品が10万円を超える価格で取引されていることはほんの序の口。昨年はオークションに幻といわれていたクラウンのトミカが出展され、163万円という驚きの値段で落札されました。

「そんなお宝を持っている人もいるんだー」と他人事になるなかれ、もしかするとあなたの押し入れに眠っているトミカも驚くほどの高値がつく可能性があるかも。そこで、プレミアがつくトミカの条件を大公開しちゃいます!

ポイントは箱の色! 青と黒は要チェック!

1970年から販売しているトミカは販売していた時期やシリーズによりパッケージが異なります。コレクターは商品の販売時期やシリーズを「黒箱」「青箱」「赤箱」と箱のカラーで判別しますが、現在廃番となっている「黒箱」「青箱」には高値がつく商品が多いそう。

出典 http://www.carsensor.net

▲黒と黄色のパッケージで販売された商品を「黒箱」と呼び、発売時~1982年に生産されました。写真は記念すべきトミカの1作目として販売された内の1台、トヨタ 2000GT。とくにボディがレアカラーの赤であれば20万円以上の値がつくことも!

出典 http://www.carsensor.net

▲「青箱」は白地に青色のパッケージで1976年から1988年まで生産された外国車シリーズ。写真はロールスロイス・ファンタムⅥで、ボディカラーが金色だと1万円以上で取り引きされているとか

販売当時の不人気トミカが今は貴重に?

販売を開始してから45年以上が経過したトミカには、当然不人気車も存在します。そして、販売されていた当時は不人気だったからこそ出回っている数が少なく、現在驚くほどのプレミアがつく商品が少なくないんです。コレクターにとって、特に入手困難といわれている通称“香港トミカ”や“マスコミトミカ”がまさにこれに当たります。

香港トミカは、その名のとおり香港で生産されたトミカ。トミーが生産台数や品番の拡大に対応するため香港の業者に下請けに出したものの、国内生産製品と比べ質感が大きく劣っていたため生産を取りやめてしまいました。そのため現存する商品が少ないことで激レアモデルとなったのです。とくにギャランGTO-MRは現在、10万円以上で取り引きされています。

出典 http://www.carsensor.net

▲香港の業者で生産された通称“香港トミカ”はハンドルが大きかったり塗装にムラがあることなど品質が悪く生産数が少ない。写真のN360もそんな1台で状態が良い物だと5万円以上の値がつくことも

一方、“マスコミトミカ”はテレビ番組とコラボしたシリーズでしたが、トミカに“ただ”キャラクターシールを貼っただけというチープさが理由でまったく売れなかったのだとか。

出典 http://www.carsensor.net

▲テレビ番組とコラボした“マスコミトミカ”は1973年に12種類が発売されたものの不人気ですぐにカタログ落ちしたため現在はかなりの稀少品に。写真はギャランHTGS「緊急指令10-4-10-10」で、10万円近くで取り引きされます

中古車もトミカも限定モデルは高値がつく

欲しいというニーズに対して市場に出回る数が少ない限定モデル──これは中古車でも同じことが言えると思いますが、特にコレクター人気が集中するのが限定販売品。例えば、東京モーターショーやオートサロンなど、イベント会場でしか購入できない製品や台数限定で販売されたシリーズ物には高値がつく傾向があるのだとか。

出典 http://www.carsensor.net

▲2015年の東京オートサロン会場で限定販売されたトヨタ 86My Style。発売されてから年数は経っていませんが、5000円くらいの市場価格がつきます

出典 http://www.carsensor.net

▲バンダイ、タカラトミー、エポック社が組んで立ち上げた「トイズドリームプロジェクト」から2007年に限定販売されたドリームトイズプロジェクト・ホンダ・シビック無限RR。現在は2万円以上で取り引きされています

将来のプレミア候補は初回特別カラー!

そんなトミカで今後プレミアがつくと予想されているのが製品発売時に限定販売される初回特別カラー。今年1月に販売されたS660や2月に販売されたロードスターの初回特別カラーは、すでに販売価格の2倍以上で取り引きされているのだとか。今後こうした特別カラーが発売されたら、目を付けておきましょう!

出典 http://www.carsensor.net

▲2016年1月に販売されたS660初回特別カラー。通常モデルは白なのに比べ限定カラーは黄色

出典 http://www.carsensor.net

▲通常モデルが赤色で2016年2月に発売されたロードスターに、初回特別カラーとして限定販売された黒色バージョン

出典 http://www.carsensor.net

▲「黒箱」の家畜運搬車トミカは家畜のフィギュアがなくなりやすいため、高値で取り引きされるんだとか。写真のハイエース牧場トラックは状態が良ければ2万円以上で取り引きされるというから驚きです

プレミアがつくトミカをいろいろと紹介してきましたが、「あれ、これ見たことある……?」なんてものもあったのではないでしょうか。もしかするとあなたの押し入れにも“お宝”となるトミカが眠っているかもしれませんよ。

あわせて読みたい

この記事を書いたユーザー

日刊カーセンサー このユーザーの他の記事を見る

日刊カーセンサーは、中古車だけでなく新型車やドライブ、カーグッズ、レース&イベントなど幅広いジャンルの情報・ニュースをお届けするエンタメ系自動車サイトです。面白くて役に立つネタを全力で配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス