記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
身近な医薬品である湿布は、ドラックストアなどで購入して、自己判断で使用することも多いですよね。
しかし湿布には「温シップ」と「冷シップ」の2種類ありますが、 この2つはどのように使い分ければいいのでしょうか?

今回は、温シップと冷シップの違いについて、医師に詳しく聞いてみました。

そもそも湿布とはどんなもの?

本来の湿布とは「水分を含んだ布」のことでしたが、現在は疼痛緩和(とうつうかんわ)を目的とした、医薬品のパップ剤やテープ剤を指します。患部に長時間貼付することによって、持続的な疼痛緩和作用が得られます。

温シップを使うのはどのようなときですか?

温シップは、患部の血行促進を目的とした湿布です。成分としてカプサイシンが配合されているものもあります。

患部を温めることによって筋骨格に運動潤滑の作用を与えたり、成分が浸透することで、患部の血管拡張や血流が促進され、不要な物質を運んで除去するので、基本的には腰痛や肩こりなど慢性的な疾患に使用します。

使用時の注意点としては、剥がしてすぐに湯船につかると、血管が拡張している影響で、ピリピリと痛むので注意しましょう。

冷シップを使うのはどのようなときですか?

冷シップは、急性期の炎症を冷やして抑えることを目的とした湿布です。
熱感を持つ急性期の炎症を冷やすことによって、腫れや痛みの悪化を抑える作用があるので、基本的には打ち身ねんざや急性腰痛などの急性疾患に使用します。

使用時の注意点としては、冷シップを使用すると、光にアレルギー反応を起こしやすくなることがあるので、使用したら直射日光に当てないようにしましょう。

温シップと冷シップ、逆に使ってしまうとどうなる?

鎮痛という観点からは大きな違いはないので、状況に合わせ、好みのシップを使用してよいと思います。

しかし、急性期疾患のときに温シップを用いると、より血流が増え、腫れや熱感が強くなってしまう場合があるので注意しましょう。

温シップと冷シップ、どちらを使うか悩んだときの判断基準は?

どちらを使うか悩んだときには、基本的に冷シップを使用するのがどの場合でも問題ないですが、1週間以上たっても痛む場合には、慢性的な疾患の可能性があるので、温シップへ変更するのが良いでしょう。

≪腰痛でお悩みの方!もしかして椎間板ヘルニアではないですか?≫
その腰の痛み【椎間板ヘルニア】かも…!?診断してみましょう!

最後に医師からアドバイス

湿布は痛みを感じてすぐの時には冷シップ、1週間以上たったら温シップと覚えてください。
また、打撲などで痛みの生じた初日は、腫れを予防するために、あまり動かさずに安静にしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス