色盲(Color Blind)
とは、先天的に発生するものと、後天的に発生するものがあり、
日本では男性の20人に1人、女性の500人に1人の割合で発生している。
※ヨーロッパ、アメリカでは男性の10人に1人、女性の200人に1人の割合。

その種類は複数にも及び、単色が見えない色盲、そして全ての色が見えない全色盲などがある。

米国カリフォルニア州に暮らすジミーとジェイス。
仲の良い兄弟は二人とも先天性色覚障害を持って生まれてきました。
色のない世界に暮らし、それが当たり前になっていた二人に人生の転機が訪れます。

6月21日、二人の元に人生を変える小さな箱が届きました。
最新技術を駆使して作られたこのサングラスは、
赤、そして緑色を識別できない2色識別異常を持つ色盲者に作られた物。
このサングラスを着用する事で、正常色覚者と同じ状態で色を見る事が出来ると言う。

半信半疑でサングラスを手に取る兄弟、そしてその向かいには
カラフルな風船と、大きくて鮮やかな色のバスタオルを持つ両親の姿が。

いよいよ兄弟が初めて”色”を見る時間がやって来ました。

出典 YouTube

初めて見る鮮やかな色。その驚きに涙が溢れ言葉が出てきません。

出典 https://www.youtube.com

”凄く眩しいよ、今まで見てきたタオルとは全然違う”

出典 https://www.youtube.com

初めて味わう”色”その感動に二人とも涙が止まりません。

出典 https://www.youtube.com

これまで二人が想像することも出来なかった色。。。

出典 https://www.youtube.com

二人を支えてきた家族もこの瞬間をどれほど待ちわびてきたことでしょう。
この瞬間を収めた4分間の短いビデオは、投稿されて5日間で34万件も再生され、
人々に感動を与えたのです。

Enchromaという会社の作り出したこのサングラスは現在オンラインで発売を開始。
3万円から5万円ほどの価格帯、かつ様々なデザインが発売されています。

今まで色覚障害で苦しんできた人たちも、このサングラスを着用することにより、
正常色覚者と同じビジョンで世の中を見る事が出来る画期的な開発商品なのです。

興味のある方は是非ウェブサイトをチェックしてみては如何でしょうか。

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス