記事提供:conobie

よくちゅーすると、子どもに「虫歯菌がうつる」と言いますよね。我が子が10ヶ月の時のことでした。

17年前、長男が生まれました。

その当時はネットも主流ではなく、育児のことは全て本から収集が基本。

なので、長男にちゅーは禁止!

食べ物も、自分の箸であげるのを禁止にしたわけです。

が、しかし、実両親、旦那様には通用するけど、義父母には通用せず…

というか、嫁の立場からして、強くは言えない…。

ここは旦那さんが言うところなのに、全く気づかず(気づかないフリだったのかも?)

思わず心の声が…

「まさか、嘘でしょ!」って思ったのが、

さすがに、止めましたけれども。

でも、やっぱりほんのり口に入りました…。

この時はさすがに、本気で泣けました…。

でも義父母の暴走(?)は私が言うだけでは、止まることはありませんでした。

そんな中、10ヶ月健診でも…

本当にこの時は、長男に対して申し訳なく思いました。

もっとちゃんと、私が止めてれば、と。

虫歯にならない対策として、そこから3ヶ月に1回はフッ素をぬりに歯医者に行き、断乳もして、歯磨きも小学校1年生までは仕上げ磨きをしていました。

今、息子は17歳!

口移し、ちゅーをしてたとしても、しっかりと歯を磨いてれば、虫歯になりませんでした!

ちゅーなんてしてくれるのって、赤ちゃんの時しかないですよね。

虫歯を気にしてできないわ!って思ってたけど、もっともっとスキンシップを取っとけばよかったな~って今なら思うかもしれません。

もちろん、それぞれの家庭で方針はあると思いますが、ちゅーして喜んでくれる期間を、十分満喫しようではないですか!!

権利侵害申告はこちら