記事提供:conobie

魔の2歳児を抜けて一安心…かと思いきや!?

魔の2歳児を抜けて一安心…?

俗に言う「魔の2歳児」期…。

うちの娘も1歳半頃からオムツを替えるのも、服を着替えるのもとにかくなんでも「イヤ!!!」と拒否するイヤイヤ期を迎えていました。

道ですれ違いざまに声をかけてくれる人にも、大声で「いやぁああああ!!!」と叫んだりしてなかなか手を焼いたものでしたが、

この度3歳に。

この訳が分からない「イヤ!」が落ち着いてきて、一安心しておりました。

魔の2歳児を抜けて、これで育児も一山越えてちょっとは楽になるのかな、

なんて、ほのかな期待を抱いていたのも束の間…。

言うこと聞かない…からの○○したかったー!

何かと言い訳をして、基本言うことを聞かないスタイルの3歳児…。

最終的に私が怒ると、

この理不尽な自分でやりたかった(過去形)ぐずりは、とにかく頻繁に繰り出してきます!

そもそもイヤイヤ期が終わっていない?のか…!?

朝、幼稚園バスの時間が迫る中。

一瞬落ち着いたかと思ったイヤイヤ期。

ところが、3歳になり、むしろ屁理屈や言い訳がミックスされて、イヤイヤのハードルもあがっております。

魔の2歳児ではなく、「悪魔の3歳児」になっていた…!?

インターネットで検索すると「魔の2歳児 悪魔の3歳児」なんていうワードが飛び交っているほどに3歳児もさらに手ごわさがアップしています!!

これも成長の証…と思いつつ、3歳児育児に手を焼いている、今日このごろです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス