記事提供:conobie

しっかりしなきゃ、きちんとしなきゃ…理想の母親像を追い求めて、がんじがらめになっていた、産後のことでした。

妊娠したら…

妊娠が分かったら、一度は買ってみたかった「育児本」や「マタニティ雑誌」。

当時からよく読んでいました。

初めてのことを頭に入れておくのは、私にとって好きなことでした。

時間があれば、いつでも読みふけっていました。

本を読んでいく中で、“なんでもきちんとできる母親になりたい”と、

いつの間にか、自分の中で母親像をつくってしまっていました。

寝ない…。

泣き止まない…。

初めてのことばかりで、

何も分からない…。

我が子は、あぐらの中でしか寝ないので、私は横になれず、そのままの姿勢で寝ていました…。

頭が痛すぎて働けない…。

身体が痛すぎて動けない…。

今日も一日、ご飯あげて、おむつかえて、泣いて、寝かせて…。

その繰り返し…。

ああっ…また。

妊娠中に頭に入れ込んだマニュアルが、

私の中で理想の母親像を作り、

「きちんとしなきゃ」「しっかりやらなきゃ」
ばかり考え、

それに反する行動をとると、不安を感じていました。

しかしなんとも軽い母の言葉は、私にとっては重みのある言葉へ変わりました。

それでも実母に任せっきりで「のんびり、ゆっくり」は落ち着かなかったので、

夕飯を作ったり、掃除をしたり、

私なりに育児ではない時間をつくりました。

理想の母親像に縛られなくなった私は、

息子が元気で、毎日笑って入れる時間をつくってあげよう。

困った時は、自分の小さいころを思い出してみよう。


きっと答えはその中にあるのかもしれない。

だって私が、親になれているのだから…。

そんな風に、ちょっと肩の力を抜くことができました。

そして…

あれだけ泣いていた息子チキですが、その日から赤を着なくなったら、よく眠るようになりました(笑)。

こんな落とし穴が…!?

私のドタバタ育児の幕開けだなって思った日でもありました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス