記事提供:長谷川豊 公式ブログ

うわわわわわ…。こりゃあえらいことになってしまいました。

スコットランドのこともあるので、侮っていました。イギリス…本当に離脱です…。

リーマンショックをまさに東証アローズで取材し中継した人間としては、この規模の経済混乱が何をもたらすかは、多少は分かっているつもりです。

13000円近くあった株価はあっという間に6000円台まで下落。

円高は75円台まで進み、帝国データバンクによると、リーマン以来企業の倒産が相次ぎ、08年に15646件、09年に15480件の企業が倒産しました。

私たち、東京キー局もあおりをもろに受け、制作現場は制作費の30%カットを余儀なくされました。大物司会者たちのギャランティーも一律でかなり大幅なカットを受け入れて頂きました(これはのちに回復)。

多くのエコノミストたちが「今回はリーマン以上のダメージが来る!」と警鐘を鳴らしています。

経済のニュースって、けっこう遠い世界のことのように感じるかも知れませんが、皆さんのお父さん方の会社がつぶれる可能性はもちろんありますし、何より、今年の冬の12月のボーナスがかなりの減額になることは確実の情勢でしょう。

あと…日本はGPIFっていって、年金のために積み立てていたお金を株式投資して「増やそう」「うまくいけば利益が…」って言ってたお金があるんですけれど、これは大ダメージです。

相当の金額が目減りしたと計算できます。この数字はまた後々明らかにされるはずですが覚悟しておいた方がいい金額だと思っておいてください。

しかし…。

くしくも、サミットの時に安倍さんが言っていたことが現実となりました。

あの時に「アベノミクスの失敗のいい訳をするな!」とか言ってたテレビのコメンテーター、予想が難しい部分もありますが「結果論」から言うと…、

消費増税は見送りで正解。と、言うか大正解。これで増税してたらエライことになってたわ。

「経済状況が世界的に危機的になっている」

中小企業が圧倒的に多い日本。1、2年はかなり厳しい状況に陥る可能性が高いと言わざるを得ません。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス