・ペットショップに売られている子犬たちを選ぶ基準

Licensed by gettyimages ®

アナタはペットショップに並んでいる子犬たちの中から、どれか一匹を家族に招き入れるとして、どの子を選びますか?飼い犬を選ぶ時の基準は犬種や値段、あるいは好みの見た目をしているか、ルックスを重視される方もいらっしゃるかと思います。

無意識のうちに自分にとって理想の犬をペットショップに探しに行っているのではないでしょうか。

・片目を失った子犬

出典 https://www.instagram.com

そんな中、片目を失った小さな子犬がペットショップに売られていました。ウインクをしているかのようなその表情、この子は片目を使うことができません。そのためか、ペットショップでこの子犬は売れ残っていました。

・「ねぇ、パパ。この子犬と一緒にいたいの。」

出典 https://www.instagram.com

「ねぇ、パパ。この子犬と一緒にいたいの。」娘がパパにそう呼びかけました。子供達と買い物に出かけたときに、娘に声をかけられたジョーダンさん。

ペットショップで最後に売れ残ったこの子犬と出会ったのはアメリカ、テキサス州に住む2児の父親、ジョーダン・トレントさん(32歳)でした。彼は、犬を飼うつもりはなく子供たちのお願いにどうしたものかと一瞬思ったようですが、子犬をその目で見た瞬間運命を感じたと言います。

・一目見たとき運命を感じた

出典 https://www.instagram.com

ジョーダンさんは家族仲の良い幸せな家庭をお持ちですが、庭仕事をしている時に事故である大切なものを失くしました。それが左目の視力だったのです。4回ほど手術を受けたもののその左目の視力が戻ることはありませんでした。

そしてこの子犬も、同じ左目を失った犬だったのです。

・左目を失った闇に光を与えてくれた子

出典 https://www.instagram.com

左目を失い、落ち込んでいたジョーダンさんの元にやってきた子犬ちゃんはジョーダンさんに笑顔という光を与えました。彼は「みんな、『完璧な犬』を求めるからこの子犬を選ばなかったんだ。でも僕にとってはこの子がパーフェクトだったんだ。」と語ります。

・娘の好きなスターウォーズにちなんで名づけ

出典 https://www.instagram.com

この子犬はジョーダンさんの大好きなテキサスビールから「シャイナー」、娘の好きなスターウォーズのキャラクターであるハン・ソロから「ソロ」の名前をかり、「シャイナー・ソロ」と名付けられました。

・シャイナーはかけがえのない家族

ジョーダンさんはシャイナーの様子をインスタグラムに投稿するようになりました。するとシャイナーは家族と一緒のときに見せるその愛らしい表情でたちまち人気者に。

・純粋な表情を見せるシャイナー

出典 https://www.instagram.com

「なんてかわいいの!」
「かわいすぎる」
「キュート!」
「素晴らしい名前ですね」

出典 https://www.instagram.com

愛らしいシャイナーに癒される方からインスタグラムには多くのコメントが寄せられました。

・シャイナーは元気いっぱい

シャイナーもジョーダンさんの一家に引き取られとても幸せそうで元気な表情を見せるようになりました。

・自分と同じ名前のビールとツーショット

出典 https://www.instagram.com

自分と同じ名前の「シャイナー」ビールを目の前に喜ぶシャイナー、可愛いですね。

・メディアからの取材も受けるようになった

ジョーダンさん家族とシャイナーの愛あふれる関係に心を打たれる方が多く、メディアからの取材も来るようになったと言います。

・ニュースになってビックリ

出典 https://www.instagram.com

新聞に大きく載っちゃった…!これにはジョーダンさんとシャイナーも驚き。

・シャイナーも大きくなりました

出典 https://www.instagram.com

そんなシャイナーも成長しちょっぴり大きくなりました。この成長に「あんなにちっちゃかったのに」「こんなに大きくなっちゃって」とシャイナーのファンたちもあたたかなコメントを寄せています。微笑ましいですね。

・「誰も欲しがらなかった僕をもらってくれた」

出典 https://www.instagram.com

シャイナーはきっとジョーダンさんたち家族にとても感謝しているでしょう。

今では人気者となったシャイナーですが、ペットショップにいたときは誰もシャイナーをもらい受けようとはしませんでした。ジョーダンさんにもらわれていなかったら、そのまま誰にももらわれることなく寂しい生涯を過ごしたかもしれません。
偶然にもジョーダンさんの元に行くことができて幸せそうなシャイナー。その輝く姿を見ると考えさせられるものがあります。

・見た目の良さ、能力の高さにこだわる人間

Licensed by gettyimages ®

私達は無意識のうちに、見た目や能力の高さで好き嫌いを判断してしまっています。片目しか開かない犬がペットショップで不人気で誰も欲しがらなかったのは何故でしょうか。片目しか開かないことを「欠点」だとして、能力の低い子、見た目の悪い子と決めつけているところがあったからではないでしょうか。
それは犬だけではなく人間に対しても同じことが行われているとは考えられませんか。それが理由で世の中には差別や偏見が存在するのです。

・光を与える存在になったシャイナー

Licensed by gettyimages ®

シャイナーは確かに失ったものがあったけれど、両目をもっている子犬たちに負けているわけではありません。シャイナーにはシャイナーの個性と素晴らしさがあったのです。ジョーダンさんとその家族は自身の経験から、シャイナーの魅力を感じ取ることができたのでしょう。その思いが後々インスタグラムを通して他の人にも伝わったのです。

シャイナーは私たちに大切な何かを気づかさせてくれた存在だと感じます。英語で「光を与えるもの」という意味の「シャイナー」のその名の通り、ジョーダンさんをはじめとし周りに光を与える存在となった子犬の実話でした。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス