ニューヨークのストリートファッションを撮り続けた写真家

出典 https://www.youtube.com

トレンドの発祥地、そして常におしゃれな人が集まる大都市ニューヨークで、生涯ストリートファッションを撮り続けた1人の写真家が、6月25日にこの世を去りました。

ビル・カニングハムさん、87歳

Licensed by gettyimages ®

あの世界的に有名なVOGUE編集長のアナ・ウィンターが「私たちはいつもビルのために服を着るのよ」と発言したほど、カニングハム氏のストリートファッション写真に賭ける情熱は人並み外れていたと言われています。

青いコートに自転車姿でNYのおしゃれな人を撮り続けた

出典 https://www.youtube.com

カニングハムさんの特徴的ともいえるスタイルは、ニューヨークの清掃員が着る青のコート。カメラを首からぶら下げて街中のおしゃれな人たちを自転車で追いかけて来ました。50年以上、ストリートファッションを撮り続けて来たカニングハムさんは「最高のファッションショーは常にストリートにある」という哲学を持っていました。

孤高な人生を歩んだカニングハムさん

Licensed by gettyimages ®

50年以上もストリート・ファッションを撮り続けて来た、ファッション業界のレジェンドとも言われるカニングハムさんの人生は「スナップショットを撮ること以外は無関心」といった孤独と自由に満ちた87年でした。

事務用キャビネットに囲まれた狭いベッドで眠り、カフェで細々と1人食事をする姿からは想像もつかないほど、カニングハムさんのファッションに賭けた情熱は深く「セレブには興味がないんだ。私が興味を持って撮るのはあくまでも服だよ」と周りに話していたそう。

長年スナップとコラムを掲載していた「ニューヨークタイムズ」

出典 https://www.youtube.com

カニングハムさんは1929年にボストンで生まれ、ハーバード大学を中退しニューヨークの広告業界で働いた後帽子作りに興味を持ち転職したものの、その後趣味で撮り始めたスナップ写真が天職に。

長年、ニューヨークタイムズはカニングハムさんのコラムとストリートスナップ写真を掲載し続けてきました。カニングハムさんの名前はファッション業界だけでなく世界的に広がり、2008年にフランス文化省から芸術文化勲章オフィシエを受勲、2010年にはカニングハムさんのファッションに賭ける人生を描いたドキュメンタリー映画が公開され、全米でも大ヒットとなり、更に認知度を上げました。

出典 https://www.youtube.com

フランスでの授賞式の様子。気さくな様子のカニングハムさんですが、きっと人生で最も誇らしい瞬間だったことでしょう。

自分の目を通して見た「ストリートファッション」の感性で、気に入らないファッションには目もくれないという厳しさを持っていたカニングハムさん。

その代わり「これだ!」と思う被写体を見つけると自転車を漕ぎながら素早くシャッターを切り、大人でも子供でも、男女関係なく「センスのいいファッションスタイル」をしているニューヨーカーたちをカメラに収めてきたのです。

カニングハムさんは87年間ずっと独身を貫き、子供を持つことをしませんでした。「写真を撮るのに夢中で恋に陥る暇がなかった」。狭いアパートにあるのは数着の服とフィルムのネガだけ。

50年以上も真実のストリートファッションに触れて来た彼だからこそ、オリジナルとコピーを見分ける目を持ち、セレブの宣伝用のドレスや高価な衣装には興味もなかったのでしょう。

カニングハムさんの凄いところは、自分の哲学にプライドを持ちながら、「DETAILS」という雑誌の掲載に関する原稿料は一切受け取らなかったこと。あくまでも自分の好きなこととして素敵な写真を長年公開してきたところに、彼のファッションに対する深い「愛」があったのではないでしょうか。

写真を撮る姿勢に関しては一切の傲りもなく、業界で「彼の写真には悪意がない」と彼の写真を絶賛する人も多いのだとか。

「どっちかっていうと、シャイなんだよ」

出典 https://www.youtube.com

時に、ポロリと自身について本音を見せたこともあったそうです。「僕はね、良い写真家とは言えないと思うよ。被写体にグイグイ迫っていくような攻撃性が僕にはないんだ。ただ純粋におしゃれな人たちを撮ることが好きなだけなんだよ。」

でも、彼のその「ファッションが好き」という純粋さがレンズを通してストリートスタイルのありのままの姿や被写体の個性を写し、これまで優れた手腕を発揮して来たといっても過言ではありません。

カニングハムさんのご冥福をお祈りいたします

Licensed by gettyimages ®

ストリートファッションには欠かせない写真家だったカニングハムさん。ファッション業界のレジェンドカメラマンと言われた彼の87年の人生は、哲学と自由に溢れファッションを愛する人たちに多くのインスピレーションを与え続けて来ました。

逝去を惜しむ声が多々ありますが、カニングハムさんが私たちに「ファッションとはなにか」を伝えてくれたことは、きっとこの先も私たちの心に生き続けていくことでしょう。改めてご冥福をお祈りします。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス