もし自分の飼っている猫と一緒にお酒を飲めたら?!そんな夢のような商品が生まれました!猫のためのお酒、猫ワインが海外で話題になっています。種類は2種で、赤と白があり、ボトルラベルには可愛らしい2匹の猫のデザインが施されています。猫が飲むと興奮し、まるで酔った様になるらしいのですが、いったいどんなワインなのでしょうか?

USコロラドで作られた猫ワインは、Apollo Peakという会社が開発したもので、材料がオーガニックで安心できるものです。残念ながら、US以外の国への配送はしていません。

名前はとてもユニークで、白ワインがMOSCATO、赤ワインがPINOT MEOW。どちらも猫に関する文字が使われています。

ノンアルコールだから安心!

出典 http://www.apollopeak.com

ノンアルコールではありますが、見た目は本物のワインとは殆ど変わりません。材料は、USA産のオーガニック赤カブとオーガニックキャットニップ。キャットニップはイヌハッカという名で知られていて、猫を興奮させる物質が含まれています。

イヌハッカ(学名:Nepeta cataria、英名:Catnip)は、シソ科イヌハッカ属の多年草でハーブの1種。英名由来のキャットニップという名でも知られる。

出典 https://ja.wikipedia.org

天然シーソルトも使用されていて、腐敗しにくくなっています。直射日光をさけた冷暗な場所で6ヶ月保存することができ、開封後は、冷蔵庫で30日保存できます。

本当に猫に”酔い”の効果があるのか?

英名のCatnipには「猫が噛む草」という意味がある。その名の通り、猫はこのハッカに似た香りのある草を好むが、これはこの草の精油にネペタラクトンという猫を興奮させる物質が含まれているからである。猫がからだをなすりつけるので、イヌハッカを栽培する際には荒らされることも多いが、この葉をつめたものは猫の玩具としても売られている。

出典 https://ja.wikipedia.org

According to science (yes, science), only about 65% of cats have a sensitivity to the smell of catnip so it's very possible that they won't be immediately drawn to the drink.

科学によれば、約65%の猫がキャットニップの匂いに反応するとされているので、これを飲んだ後に酔わない可能性もあります。

出典 http://www.apollopeak.com

”酔い”の犯人は、ネペタラクトンという物質でした。それはキャットニップに含まれていて、猫ワインの材料になっています。

日本でも以前、ぶどうを使ったワイン風味の猫ワインが販売されましたが、殆どの猫は飲まず仕舞いだったようです。しかしUSで開発された猫ワインはちゃんと飲んでくれているようです。

何を思ったか、ワインが入っている器を頬ずりする猫ちゃん

猫が酔うとこうなります。

値段は赤白それぞれ、小ビンが$4.95、大ビンは$11.95となっています。なお、スペシャル・ホリデーエディションボトルは残念ながら売り切れです。

65%の猫が興奮状態に陥る可能性があるということなので、期待はできますね。飼い主と一緒に酔って楽しむことができるワイン、USだけでなくこれから世界にも販売される日がくるかもしれません。USを訪れた際には、猫ちゃんへのお土産として猫ワインをぜひ。

この記事を書いたユーザー

sakura cherry このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式プラチナライター。灼熱の地UAEに暮らす色々書いてる人。ブログもやってます!
ブログ>>http://ameblo.jp/maomao2015/
twitter>>@maonyan2015

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス