記事提供:てぃ先生 オフィシャルブログ

こんばんは!てぃ先生です!

昨日、Yahooニュースに取り上げていただきました!びっくり!

子どもや保育のこと、保育士の待遇なんかにも触れています。

ぜひ見てみてください!

さてさて!

今日のテーマは『子どもの行動を上手く切り替える、たった1つの方法』です。

子どもを落ち着かせたい時ってありますよね。どうした!?っていうくらいお部屋の中で走り回っているなど。

「走らないの!」「危ないからやめなさい!」と注意して止めることもできますが、その効果は、ほんの数分。下手すると数秒後には同じことをやっている…。

ただ注意するのも可哀想だから「絵本でも見ようよ」なんて、切り替えるための言葉がけをしても無視。ずっと走り回ってる…。

それを見てさらにイライラして怒っちゃったり、どうしてなんだろうと訳がわからなくなっちゃったり…経験がある人多いと思います。

こんな子どもの行動を上手く切り替える方法があるんです!たった1つだけ!

それは希望通りにしてあげること。つまり、走り回らせることです。

「何の解決にもなってないじゃん!」そう思った人、ちゃんとした方法があるのでもうちょっと待ってください!笑

走り回っている子どもは、「走りたいから」「体を動かしたいから」「楽しいから」だから、そういう行動をしているんです。

「走らないの!」とか「危ないからやめなさい!」とか言われても響かないですし、

「絵本見ようよ」なんて言われてもそりゃあ無視です。興味がないですから。また同じことをしちゃいます。

お部屋で走り回ることを止めるには、別の形で走らせてあげましょう!走りたい気持ちは、走ることでしか解決できません。だからと言って外にも出られない!それでもできることがあります。

僕がよくやるのは、「先生はここから動かないでとっても早く走れるよ!」と言ってその場で全力駆け足してみせます。

すると、子どもは真似をします。走れますし、体を動かせますし、大人がその場で駆け足する姿が面白いからです。

複数の子どもがいる場合には「誰が早く走れるかな?」なんてゲーム形式にしても面白いです。より盛り上がります。

何より、その場での駆け足って全力でやると大人でもかなり疲れます。走り回るより疲れます。

だから「走りたい!」「体を動かしたい!」という子どもの気持ちがかなり満足します。

そうすれば、わざわざ大人がイライラしながら注意しなくても、これだけで解決です。

走り回ること以外でも同じです。

その行動を注意してやめさせる、全然違うことへ誘ってやめさせる、そんなやり方よりも子どもが「やりたい!」と思っていることを別の形でやらせてあげる。

この方が圧倒的に切り替えやすいです。

お悩みが意外とすんなり解決しちゃうかも!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス