記事提供:conobie

どうしてそうなの!?やりすぎる娘が言うこと聞かない!

そんな風に思ったことはありませんか?

第一子である長女が3歳くらいのころ、つまり第一次反抗期と呼ばれるころの話です。

ある日近所の公園で遊んでいると、娘より小さい子が娘のおもちゃを取ってしまいました。すると~…

公園で起きてしまった、子ども同士のトラブル

転ばせてしまったことを娘に謝ってもらおうとしましたが、頑として謝らない。それくらい貸してあげなよ、と言っても貸さない。

そのお母さんにしてみたら面白くなかったのでしょう。わが子より大きい子が、乱暴で親の言うことも聞かないのですから。

その後顔を会わすたびにあいさつは欠かさずしましたが、返してくれることはありませんでした。私も娘がやりすぎたとはいえ、そこまでされるなんてショックでした。

違う公園に行ってみたら…

まあ公園は一つじゃないさ!と気分転換に別の公園へ。

そこには大きいお子さんがいる先輩ママたちがいました。

私も、すぐにでも怒鳴りだしてしまいそうな、

その時…

また乱暴な子という目でみられるんじゃないかという思い、また険悪になってしまったらどうしようと思っていた私。

このお母さんの対応に、優しさに、心が一気に温かくなりました。

先輩ママたちのおかげで、娘も素直になれたようです。

娘のほうが大きいといってもまだ3歳。

ただダメといっても自分をコントロールできない。小さい子に優しくしてよ、おもちゃくらい貸しなさいよ、困らせないでよ!…と、

私の「こうあってほしい」という思いが、気持ちを受け止めるという部分を飛ばしてしまっていたのです。

言うこと聞かなくて困っていたのですが、この一件から少しずつですが、娘も私も変わっていきました。

危ないこと、人を傷つけるなどすぐに叱るしかない場合も多々ありますが、子どもを想って叱るなら気持ちは伝わると思うし、叱った後からでもフォローはできます。

それと「みんなで育てる」ってこういうことか、と思いました。

躾は母親の役目だからしっかりしなきゃ!と気負いしすぎず、一緒に遊ぶ中で、叱ったり共感したり(もちろん節度は必要ですが)、分け隔てなくできたらステキですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス