記事提供:conobie

赤ちゃんがママと目があったり、あやしたりしたときに、にこっと笑った瞬間、ママはとってもハッピーな気持ちになりますよね。その瞬間、赤ちゃんはどのくらい見えているのでしょうか。

赤ちゃんの視力の発達について解説していきます。

赤ちゃんの視力の発達[生後~1歳]

生まれたばかりの新生児の視力は、0.01~0.02くらいだといわれています。

そのため、目に入るものは全てぼやけており、形も認識できません。焦点距離はわずか顔から16~24cmです。黒と白、グレーのみしか認識できません。しかし、明暗は区別することができます。さらに、少しずつ赤や黄色が認識できるようになってきます。

生後3ヶ月を過ぎると、焦点が合うようになり、物体の形もなんとなく認識できるようになります。生後4ヶ月には、目と手の協調及び奥行きの知覚が発達し始めます。

生後6ヶ月くらいには、視力は0.1ほどまで上がり、物体の形がちゃんと認識できるようになります。また、動いているものを目で追って反応することもできます。

生後8ヶ月頃になると、立体視が可能になり、上下左右や奥行き、自分と物の距離などが把握できるようになります。

生後8か月から初めての誕生日を迎える頃になると、目、動作、記憶力のつながりが強くなります。

皆さんも、生後1年までの赤ちゃんの成長ぶりには驚いた経験をお持ちだと思います。赤ちゃんはボールを転がしたり、小さなおもちゃや物を拾いあげたり、シリアルやフルーツなどの食べ物を自分で食べたりするようになります。

積み木やブロック、組み立て式おもちゃを使った遊びなど、手と目の協調を促す動作は、物を見たり、物に触ったり、それにまつわるいろいろなことを記憶する能力の強化に役立ちます。

出典 http://www.bausch.co.jp

赤ちゃんの視力の発達[1歳以降]

1歳頃になると、近くの物を見るときに眼が内側によったり、遠くの物を見るときに眼が外側に動いたりする輻輳開散運動が安定してできるようになり、見たいものに視線を長時間集中させられるようになります。

2歳頃になると、0.5くらいまで視力が上がり、眼運動反射が精密になってきます。3歳頃には0.6~0.7になり、4歳頃に両目視する視機能がほぼ完成します。5歳頃には1.0にまであがり、両目視の機能が安定して完成します。

12歳頃になると視覚機能は完成し、よほどのことがない限り、機能が動揺することはありません。

赤ちゃんの視覚と身体感覚の関係

視覚と身体感覚は深く関わり合っています。

赤ちゃんはまず、自分の手を発見します。

そして、手を動かすことで周りの物や人にどのような働きかけができるのかを学んでいくのです。

この成長のきっかけとなるのが、新生児から生後4~5ヶ月の期間に見られる原始反射です。赤ちゃんの頭を左右どちらかに向けると、頭が向いている方の手足が伸び、反対側の手足が曲がります。

この原始反射によって、赤ちゃんは自分の手を見ることを自然に促されるのです。

このように視覚と身体感覚が関わり合いながら成長していく中で、視覚情報から状況を認識し、適切な運動や行動を選択して行えるようになります。

身体の活動には、主に手先の作業をするような微細運動と、体全体と動かす粗大運動との二つがあり、どちらの運動も、視覚による認知能力の影響が欠かせません。

出典 http://www.ikushisya.com

赤ちゃんの視覚を刺激して発達を促そう!

赤ちゃんの目は、使う分だけ発達していきます。

例えば、赤ちゃんに話しかけたり、赤ちゃんと目が合ったら少しの間見つめ合ったりするとよいでしょう。そうすることで、神経や脳が刺激され、視覚の発達を促します。

生後3ヶ月頃になると、目の前で動くものにも反応できるようになるため、ガラガラなどのおもちゃを目の前でゆっくり動かしてみましょう。

できれば、赤や黄色のものがおすすめです。左右に動かしてみると、赤ちゃんは目で追いかけたり、手でつかんだりしようとするはずです。

このような赤ちゃんとのコミュニケーションを通して、視覚の発達を促すことができます。

赤ちゃんの視覚発達には、ママをはじめ、周囲の人とのコミュニケーションが大切です。

赤ちゃんの月齢に合ったコミュニケーションの方法やおもちゃなどの道具を使い、視覚発達をサポートしていけるとよいですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス