突然ですが、質問です。

「あれば便利だけど、なくても困らないもの」って、わざわざ買うのはイヤだと思ってしまうこと……ありませんか?

個人的には、コースターはその代表例ともいえるものであるような気がします。(意外とお高いんですよね!)

とはいえ、そろそろコップの汗が気になる季節になってきたことですし、せっかくですので雨で外に遊びに行けずに退屈しているお子さまと一緒にコースターを作ってみてはいかがでしょう?

■用意するものはたった4つだけ

・ハサミ
・手芸用ボンド
・お好みの布(端切れやハンカチタオルなどでも構いません)
・ミニタイル(今回はDAISOのものを使用しております)
・定規(あると便利)

■作り方も簡単3ステップ

(1)布を2枚、同じ大きさに切り取ります。

目安としては、9×9cmくらいが一般的なコースターの大きさです。

(2)(1)で切り取った布を貼り合わせます。

薄い布だと一枚のままだとしっかりしないので、2枚貼り合わせて作った方が好ましいというだけで、絶対にそうしなければいけないというわけではありません。

(3)(2)の布にタイルを貼り付けていきましょう。

ボンドが渇けば、もう立派なコースターの出来上がりです!

■モザイクアートが楽しい

色の違うタイルを組み合わせれば、モザイクアートのようなオシャレ感を出すことができます。

まずは置いてみて、貼り付ける場所を吟味するとよりステキなコースターに仕上がると思います。

■コップにくっついてこないという利点も

水滴まみれになってしまったコップを持ち上げると、一緒にコースターまでついてきてしまってイライラした経験はありませんか?

しかし、このミニタイルのコースターは重いので、そんな心配もありません。

ミニサイズといっても、あくまでもタイルですのでそれなりの重量はあります。

だからこそ、ストレスフリーなコースターがつくれるというわけなのです。


特別な材料も必要なく、しかも簡単につくれるコースター、ぜひお子さまと一緒につくってみてください!

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス