記事提供:AbemaTIMES

AbemaTVの家族アニメチャンネルにて、現在放送中の『ゲームセンターあらし』。1979年よりコロコロコミックにて連載を始めたこの作品は、またたく間に人気を集め、1982年にはテレビアニメ化。

当時のインベーダーブームもあり、熱狂的なファンを生み出した。

主人公の石野あらしは、三度の飯よりゲームが好きな小学生。成績はオール1、運動神経も悪く、おまけにスケベといいところなし。

だが、ゲームの腕前だけは天才的で「全日本インベーダー選手権」で優勝するほど。そんなダメ人間ヒーローのあらしに、一癖も二癖もあるライバルたちがゲームを挑んできて、大激戦を繰り広げる。それが、本作の大まかな展開だ。

もちろん、ただゲームをプレイしてスコアを競うだけではない。見た目にもド派手な必殺技が飛び交い、あらしは毎回のように命の危険にさらされる。

ただゲームで遊んでいるだけなのに、なぜそんなことになってしまうのか?そんな野暮な質問を押し流すほど、本作の展開は強引かつ勢いがある。そんな本作の魅力を、2つのポイントから解説する。

理屈無用!あらしが次々に生み出す必殺技

1秒間に200万回以上の超スピードでレバーを動かすことで、コンピューターの処理速度を上回り、ゲーム内の自機を消す。

これが、あらしの代表技の1つ「炎のコマ」の原理だ。ちなみに、技名の由来は、特訓にコマを用いた技の完成時に、手の摩擦熱でコマが炎に包まれたためである。

いま冷静に振り返ると、手が炎に包まれた時点で大やけど必至のトンデモ技なのだが、当時の男子小学生(女子はこういうアニメはあまり観ない)は「すげえ!」と夢中になったものである。

そんなダンスィ大好きなあらしの必殺技の一部を、ここに厳選して紹介しよう。

・エレクトリックサンダー

両手をこすり合わせて静電気を起こし、ゲーム機へ向けて放電する必殺技!電気でコンピューターを狂わせ、ハイスコアを叩き出す!!

寒い冬に手をこすり合わせたとき、「エレクトリックサンダー」と叫びながら両手を突き出していたのは、当時の小学生(くどいようだが男子限定)のお約束。

・真空ハリケーン撃ち/グレートタイフーン

あらしが高速回転して真空の渦を作り出し、その力でレバーを操作するのが「真空ハリケーン撃ち」だ!その技をさらに発展させ、大自然のパワーを取り込むことで、台風を巻き起こすのが「グレートタイフーン」!!

ここまで来ると、ゲームのハイスコアに何が役立っているのかわからないが、男子的には「すげえ!」ので問題なし。

・スーパーノヴァ

宇宙のエネルギーを体内に取り込み、一気に放出させる大技!あらしの体がぴかっと光っただけで、なぜゲームをクリアできるのかは不明だが、とにかく「超すげえ!」のである。

なお、この必殺技はあらしの体に負担がかかりすぎるため、一生に一度しか使えないことになっていたが、けっきょく何度も使うことになる。

必殺技はこのほかにもいろいろあり、中には特徴的な「出っ歯」をコントロールするものも。

あらしの出っ歯はおじいちゃんの入れ歯のように取り外し可能で、意志の力でコントロールできるのである。さすがに嘘だと思われそうなので、証拠画像を用意してみた。

ゲームマニア歓喜!作中に登場の有名レトロゲーム

あらしとライバルたちの勝敗を決める題材に、実在の有名ゲームが数多く使われているのも、本作の人気の源泉だ。インベーダーブームを生み出した『スペースインベーダー』を筆頭に、

『ギャラクシーウォーズ』(2話)、『平安京エイリアン』(6話、7話)、『トランキライザーガン』(8話)、『ドラキュラハンター』(10話)など、放映当時の人気最新ゲームが次々と登場する。

いずれも70年代後半から80年代前半にかけてリリースされているので、30歳未満の方は知らないゲームばかりだろう。以下に簡単な解説を付けておくので、もし機会があれば実際に遊んでみて、『ゲームセンターあらし』の世界に浸って欲しい。

・スペースインベーダー

社会現象になるほどヒットしたため、多くの類似商品が生み出された。画面上方にいるインベーダーを、砲台から弾を撃って倒していく。インベーダーは絶えず左右に移動し、画面端で折り返す際に一段ずつ下がる。

インベーダーに最下段まで攻め込まれるか、インベーダーの攻撃で砲台がすべてやられるとゲームオーバー。

・ギャラクシーウォーズ

ミサイルを操作し、途中の隕石をかわしながら、画面最上部にあるUFOに当てるゲーム。

ミサイルは最初、画面最下部にあり、発射位置をレバーの左右で調整することが可能。発射後もレバーの左右である程度、軌道を操作できる。

・平安京エイリアン

格子状の通路を移動しながら穴を掘り、エイリアンをその穴に落として倒していく。穴に落としたエイリアンは、埋め立てることで撃破し、点が得られる。

・トランキライザーガン

ゴリラやライオンなどの猛獣を麻酔銃で眠らせ、捕獲していくゲーム。猛獣は種類によって眠らせるのに必要な麻酔銃の回数が異なり、最強のゾウは5発も必要。

眠らせたあとは、猛獣をジープまで移動すると得点になるが、この際、移動スピードが遅くなる。

・ドラキュラハンター

画面上部から出現するドラキュラやコウモリを、十字架を投げて倒すゲーム。十字架がまるでブーメランのように、弧を描いて戻ってくるのが最大の特徴。

また、画面にいる通行人は、ドラキュラに触れると敵に変わるというシステムも、まるで映画や小説のドラキュラ設定を踏襲したかのようで、当時にしては斬新だった。

■放送スケジュール

『ゲームセンターあらし』

家族アニメチャンネルにて、月~金 15時30分~、27時30分~放送中

→この番組をチェックする
→ただ今放送中の番組はこちら

(C)すがやみつる/シンエイ

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス