あなたが憧れる旅行って、ありますか?

Licensed by gettyimages ®

大人になったら「着るものは何でもいいし、貧乏旅行で弾丸ツアー!」という旅行ばかりじゃなく、美しく華麗でインスタジェニックな旅行も憧れますよね。
そんな「いつか行くステキな旅」を実践するモデル 桐島かれんさんのInstagram旅行記をまとめました。

桐島かれんさんってどんな人?

出典 http://www.amazon.co.jp

桐島 かれんさんは、モデル・女優・タレント・インテリアショップオーナー(インテリアショップ「House of Lotus」は、2016年 サザビーリーグに譲渡済)など様々な顔を持つ女性です。

お母様は作家の桐島洋子氏、弟は写真家の桐島ローランド氏、妹はエッセイストの桐島ノエル氏、そして夫は写真家の上田義彦氏という華麗な一族!

サントリー オールフリーのコマーシャルをごらんになった方、多いのでは?

チカラが入っていないのに、とってもキレイで上品な雰囲気でしたね。

そんな、桐島かれんさんのラグジュアリーで心地よい旅姿、まとめました。

スリランカ

スリランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。

出典 https://ja.wikipedia.org

ライオンの国 とも言うそうですよ

スリランカの青い海、白い砂浜、豪華な・・・(ベランダみたいなところ、なんていう名前なんだろう・・・)一生に一度でいい、あんなところで半日ごろごろしたい!

モルディブ

モルディブ共和国(モルディブきょうわこく)、通称モルディブ(モルジブとも表記)は、インド洋にある島国。インドとスリランカの南西に位置する。イギリス連邦加盟国。

出典 https://ja.wikipedia.org

セイロン(スリランカ)から仏教徒が移住してできた・・・とも言われているそうです

こちらはモルディブの海。もぐっているのは、なんと娘さん!お母様に負けない美しい姿です

インド

インドは、南アジアに位置し、インド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、英語: Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。

出典 https://ja.wikipedia.org

買い付けでインドを訪れることが多いかれんさん。鮮やかな色合いがインドの街角にぴったり!

宮殿風のレストランで。背景のグレーに、鮮やかなブルーが輝いています!サンドレスも、バッグも、スカーフもきれいな青ですね。

ミュージシャンでもあるかれんさん(サディスティック・ミカ・バンドの第二期ボーカルでデビューしたんですよ!)飛び入り参加も様になってる!

マハラジャのようなお部屋!お部屋のオーラにしっくり・・・

宮殿のようなカフェから、道端の牛まで・・・同じ装いなのに、どこにいてもファッショナブルなのはさすがです。

かれんさんの旅行記は、ご飯も見たことのないものでいっぱい!「バナナの葉に味の付いたお米のペーストを塗りつけて蒸した、グジャラート州ならではのお料理」とのことですが、気になるお味は「なんとも言えない独特な味です。」とコメント。

「アダーラジの階段井戸。30メートルの深さのこの井戸の壁には、様々なモチーフが浮き彫りされています」
井戸!?世界にはこんな不思議な場所があるんですね・・・

こちらも、「この世で最も美しいとされるアダーラジの階段井戸」です。まるで亡国の女王のような気品。

インドの道端で、アイロンに炭を入れているところ。意外にやんちゃなところも素敵です

このスカーフ、欲しくなっちゃいますね・・・

デリーにて。このかれんさんの装いも、すべてハウスオブロータスで購入できたんです。

フランス人オーナーによるインドのホテル。コロニアル風だけど、こじんまりとして・・・まるで隠れ家のよう。

初めてのセルフィーで、こんなファニーな表情も披露!

古都アンベールの宮殿。わたしもこんなドレスを着て旅したい!

パラディオ・・・楽園という名前のレストランでランチ。

楽しくなって、踊りに参加!日本人にはなかなかこういうチャレンジができる人はいないですよね・・・

ヘナ・アートをした、娘さんの手。左はプロが描き、右手はそれを真似して娘さんが描いたそう。

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、ベトナム語: Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam / 共和社会主義越南)、通称ベトナム(Việt Nam/越南)は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)[2]。

出典 https://ja.wikipedia.org

サントリーのコマーシャルそのもの!

目の色が印象的な、ベトナムのネコ。

かれんさんは市場がお好きだそうで、各国の市場がよく出てきます。

娘さん2人がくつろぐ姿は、お母さん顔負けの美しさ!

さらっとお召しのサンドレス、暑くなる季節に着てみたいですね!なんて印象的。

テニスも、アジアンテイストに!?

タイ

タイ王国(タイおうこく、タイ語: ราชอาณาจักรไทย Ratcha Anachak Thai [râːt.tɕʰā ʔāːnāːtɕàk tʰāj])、通称タイ(タイ語: ประเทศไทย Prathet Thai [pràtʰêːt tʰaj] ( 聞く)))は、東南アジアに位置する立憲君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都はバンコク。

出典 https://ja.wikipedia.org

籠の工房の商談場。さらっとテーブルに座ってませんか?いたずらな少女みたい!

編まれているバスケット。

貴婦人のような姿ですが、なんと履いているサンダルは360円ほど・・・

お店のおねえさんと双子コーデ!?

ラグジュアリーなレストランと、こどもの対比がキュート!映画の一幕みたい。

いかにもアジア!な空ですね。

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、インドネシア語: Republik Indonesia)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。

出典 https://ja.wikipedia.org

黒で、こんなに涼やかに見えるなんて!

ビーズ小物屋さん。壁一面がモザイクのよう。

カゴの編み方を習うかれんさん

とてもポップな鳥籠屋さん!

ワルンというロコなコンビニ。まるで、ずっとここにいるかのような馴染みオーラです

神様のひとり?のような姿。すんなりしたお顔、バリの神様に似ていらっしゃったんですね。

モノクロの世界に、ひとりだけ鮮やかな色をもって生まれてきたかのような。

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、フランス語: République française)、通称フランスは、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌは地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がり、総面積は640,679km2、人口は6,660万人である。首都および最大都市のパリは主要な文化および商業の中心地である。同国は半大統領制の共和制であり、フランスの憲法制定により、人民主権を基に政教分離および民主制の国として建国された

出典 https://ja.wikipedia.org

アジアンなイメージのつよいかれんさんですが、芸術家がつどうパリのマレ地区にだって、ほら、こんなにしっくり。

パリといえば、カフェ。芸術家のミューズですね。

イル・ド・フランスにある、モネが作ったお庭にて。まるで印象派そのもの。

オペラ座前で。芸術家にしか見えません。

イギリス

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパの主権国家である。ヨーロッパ大陸の北西岸に位置し、同国はグレートブリテン島、アイルランド島北東部、その他多くの島嶼を含む。北アイルランドはイギリスの一部であり、アイルランド共和国と国境(英語版)を接する。この国境の他に、イギリスは大西洋に囲まれ、東に北海、南にイギリス海峡がある。アイリッシュ海は、グレートブリテン島とアイルランド島の間に位置する。イギリスの総面積は243,610km2であり、世界第78位及びヨーロッパ第11位。

出典 https://ja.wikipedia.org

観光客ならだれもやってしまうコレ、スカーフがなびいているのがポイントですね!

フリに見えないところが、さすがモデルさん。

チャーチル大統領銅像閣下と密談。

コーヒーを飲む姿も、背筋が美しいので更にさわやか。

アメリカ

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、英語: United States of America)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州及び連邦区から成る連邦共和国である[6][7]。アメリカ本土の48州及びワシントンD.C.は、カナダ及びメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部、ハワイ州は中部太平洋における多島海である。同国は、太平洋及びカリブに5つの有人の海外領土及び9つの無人の海外領土をも有する。985万km2の総面積は世界第3位又は第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物といえる[8]。また同国の広大な国土における地理及び気候も極めて多様であり、多種多様な野生生物が存在する。

出典 https://ja.wikipedia.org

まるでアメリカのポップアートみたい!

アメリカに住んでいた時期がながいかれんさん、アメリカの象徴ダイナーになじみますね

めずらしいラフなお姿も、美!

ファンキーなジーザスに大喜び!

NYの地下鉄にて。わたしもこの写真、とりたいです・・・

インテリアショップ ハウス オブ ロータスにて

世界各国、うるわしい旅を経て、さまざまなアイテムをつれて買えるかれんさん。ご自身がオーナーだった、インテリアショップ ハウス オブ ロータスにてアジアを中心とするインテリア雑貨、服などを販売していました。

株式会社サザビーリーグ(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷/代表取締役社長 森正督、以下「当社」)はこのたび、 2015年12月に株式会社ハウスオブロータス(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷/代表取締役社長 帰山元成、以下「ハウスオブロータス社」)を設立しました。ハウスオブロータス社にて桐島かれんがクリエイティブディレクターを務めるブランド「HOUSE OF LOTUS」(ハウスオブロータス)の事業を譲受け、2016年より「HOUSE OF LOTUS」ブランドの事業運営を開始することをお知らせします。

出典 http://prtimes.jp

譲渡されたハウスオブロータスも、これまで同様すてきなブランドになりますように!

ハウスオブロータスは、今では希少な存在になりつつある美しいものを世界中を旅して集めました。
物を売るだけでなく、それにまつわる物語、込められた心も伝えていきたい。時と国を越えて取り揃えたアイテムを通して、人生を豊かにするラグジュアリーをみなさまに届けたい

出典 http://prtimes.jp

インスタジェニックで、ラグジュアリーなアイテムが出てくることを祈っています!

これからも旅を続ける桐島かれんさん

素敵な旅の写真と、美しい旅のおみやげとも言える「House Of Lotus」の商品を楽しみにチェックしたいですね!

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス