出典 https://twitter.com

記事提供:しらべぇ

18日、「第8回AKB48選抜総選挙」の開票イベントがHARD OFF ECOスタジアム新潟で行なわれ、指原莉乃(HKT48)が驚異の2連覇を達成した。

指原は243,011票を獲得し、2位の渡辺麻友(AKB48)の175,613票と大差をつけての第1位に。そんな中、Twitter上では「指原が売り上げたCDの枚数で何億稼いだか」が話題になっている。

■指原、ひとりで4億円を売り上げる!?

指原の獲得票数をCDの売上に換算した場合、ひとりで約4億円を売り上げたことになると、Twitterでは驚きの声が。

■偉業を成し遂げた指原、世間の反応は…

しらべぇ編集部では、AKB48総選挙で指原が第1位になったことに関してどう思っているのか、さまざまな職業の人に取材をしてみた。

・建築系会社員(30代男性)

「AKB総選挙があることなんて忘れていました。そもそも今って、誰が残っているんですか?こじはると柏木由紀はまだいるんでしょうか?

え?指原が1位?AKBじゃなくなったのにAKB総選挙に出れるんですね。篠田麻里子はかわいかったですけど、それ以外の人はよくわからないですね」

出典しらべぇ

一般的な会社勤めの男性は、自分の生活に追われていてどうやら総選挙どころではないようだ。

・会社経営者(40代男性)

「指原は最近すごいなと個人的に思っていました。一言で言うとしたら、その成長力ですね。たまにテレビで見かけるたびに、トーク力とかネタがスケールアップしている感じがします。

あとは、非常に記憶力がいいと思います。たとえば、番組でゲストがどんな話をしたかなんて普通忘れると思うんですが、彼女はそれを覚えていたりします」

出典しらべぇ

会社経営者は、このような視点で指原を評価していた。彼女の約4億円の価値の理由のひとつとして、「聡明な女性だから」ということもありそうだ。

・メディア系フリーランス(30代男性)

「昨年1位になった時点で、連覇は予想できた展開なので驚きはしないですね。

もう10年以上やってるグループの人気順位が、1年2年で大幅に変わることなんてないと思います。10位ぐらいまでは新人さんが少し食い込むぐらいで、ほぼ変化はない。

まゆゆのファンが指原のファンの数を超えられない理由も、なんとなくわかります。指原のほうが圧倒的に多くのメディアに出てるので、新規のファンを増やしやすい。だから7万票もの差がついたのではないかと。

まゆゆ以下の人はAKBファンの中での票の奪い合いをしたから僅差で争うけど、指原はそもそもファンの中身が違うのかなと思いますね」

出典しらべぇ

メディア関係者だけありよく観察している。すでに「出来レースを見ていた」ということなのかもしれない。

たしかに、指原は明らかに他メンバーよりもメディアへの露出が多く、選挙をする上でメリットだ。そのため、今後もAKB48選抜総選挙の首位メンバーで居続ける可能性は大いにある。

だが、「新鮮さ」というものがなくなると、今以上に選抜総選挙もマンネリ化しかねないという懸念もぬぐえなそうだ。果たして来年はどうなるだろうか?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス