仲良しカップルとして様々なメディアに登場しているモデルのぺこさんとりゅうちぇるさん。可愛らしいルックスと、溢れ出る幸せオーラはティーンの絶大な支持を得ています。

そんなお二人にSpotlight編集部が独占インタビューを敢行。既婚者も参考にできる仲良しでいるための秘訣や、お二人の恋愛観についてお話を伺いました。

仲良しの秘訣

出典Spotlight編集部

ーー現在お二人は同棲されていて、お仕事も一緒のことが多いですが仲良しでいるための秘訣はありますか?

ぺこ:言いたいことを全部言い合うことですね。

りゅうちぇる:はい。何も溜め込まずに話しています。

ぺこ:もちろん「大好き」とか「ありがとう」も言うし、思いはちゃんと伝えるようにしています。逆にケンカした時も、過去のケンカの話を持ち出さないようにしているんです。

ーーお二人の間には隠しごとはないんですか?

ぺこ:本当にないです。

りゅうちぇる:隠し事があると表情や態度でわかるから、異変にいち早く気付いてあげられる関係にならないと、なかなか難しいのかもしれません。

「言いたいことは全部言う」とはいうものの、なかなか言えないこともあるはずだから…。

ぺこ:
「何か怒ってるんでしょ?」って。

ーー心で通じ合ってるんですね。

りゅうちぇる:はい!

ぺこ:うふ♥

最近起きたケンカは?

出典Spotlight編集部

ーー最近お二人はケンカしましたか?

ぺこ:いつもしょうもないことがきっかけでケンカするんですけど、最近だとりゅうちぇるが出ている番組を私が全然見ていなくて…。

ーー出ている番組もお互いにチェックしているんですね。

ぺこ:私は元々あまりテレビを見ない方なんですけど、りゅうちぇるが出ている番組は見ています。でも、有難いことにりゅうちぇるがたくさんテレビに出るようになって、出演する番組も増えてきたから、全部を見ることが難しくなってきてしまって…それに対してりゅうちぇるが「なんで見てくれないの?」って拗ねてしまって、そこからケンカに発展しました。

りゅうちぇる:僕は見ます。忙しい時は後で見ることもありますね。

ぺこ:見せてくるんですよ。「出たよー」って(笑)。だから、どうせ後で見るからいいやと思っていたら、ケンカになっちゃったんです。

りゅうちぇる:後で見る場合は全部が見られるわけじゃないから、ちゃんとリアルタイムで見て欲しいんです。

ーーぺこさんに見てもらうことで、アドバイスをもらったりすることはありますか?

りゅうちぇる:僕はただ見てもらいたいだけなんです。ぺこりんも僕にダメ出しをすることはなくて、「そのままでいいよ」と言ってくれるので。

ぺこ:「めっちゃおもろいやん!」って褒めると、「ねぇねぇどこが?」ってもっと褒めて欲しそうに聞いてくるんですよ。

りゅうちぇる:僕めんどくさいので…。

ーーりゅうちぇるさんは、ぺこさんが出ている番組を見た時にどんなことを話すんですか?

りゅうちぇる:うーん、いつも可愛い姿で出演しているので、コーディネートのテーマを想像しながら見るのが好きです。だから、出演した番組について話すというよりも、「今日はこういうテーマでコーディネートして出演してみたの」というぺこりんの話を聞くのが好きなんです。

ーーそこまで見ているんですね。

りゅうちぇる:番組内で食レポなどをしていれば、「美味しそうだね」と話すことはあると思いますが、一番見ているのは出演しているぺこりんの雰囲気なんです。

二人のケンカは面白い?

出典Spotlight編集部

ーーお二人がケンカをする様子が想像できないのですが、ケンカの最中はどんな様子なんでしょうか?

ぺこ:すっごいネチネチしてます。突然りゅうちぇるのスイッチが入って、マシンガンのように色んなことを言ってくるんです。言ってくる内容が本当に鬱陶しくて…「僕だって人間なんだよ」とか「恋愛ってめんどくさいものなんだよ」とか。私が言い返しても返ってくる。めっちゃうざいんですよ(笑)。

りゅうちぇる:口ゲンカでは誰にも負けたことはありません(笑)。

ーーきっと頭の回転が速いんですね。

ぺこ:「もういい!」って言うと、「何がいいの?」「はい、逃げた」って言われます。

ーー修羅場のようなケンカの時は、どうやって仲直りするんですか?

りゅうちぇる:言いたいことを全部言った後に、嫌な思いをさせてしまったことに対して謝るんです。ケンカの内容に対して悪いと思っていても、いなくても、ケンカをしたことで大好きな人に嫌な思いをさせてしまっているわけじゃないですか。それは僕にとって寂しいこと。

だから必ず「嫌な思いをさせてごめん」と謝ります。その後の話し合いでまたケンカになることもありますけど(笑)。

ぺこ:本当にヤバいケンカの時は、傍から見たらきっと面白いよね。

りゅうちぇる:めちゃくちゃ面白い。僕たちのケンカを見て欲しい(笑)。

ぺこ:すごく大きな声で怒鳴り合ってます。

ーーお家の中でですか?

りゅうちぇる:そうです。でも、それがすごいいいんです。ね、いいよね?

ぺこ:良くないわ(笑)。

りゅうちぇる:僕、ケンカをするならこんなケンカがいいです。

ぺこ:ネチネチされるよりはマシですけど。沖縄弁と大阪弁で言い合って…。

ーーあれ?沖縄弁なんですか?

りゅうちぇる:(明らかに動揺しながら)ちぇるちぇるランドですっ!

「ハブに噛まれろ!」とか言います。

ーーちぇるちぇるランドには、ハブがいるんですね(笑)。

りゅうちぇるさんの意外な特技

出典Spotlight編集部

ーー世の中の男性の大半は、彼女や奥さんの髪型の変化にも気付かないことすらあるのに、りゅうちぇるさんはすぐに気付くとお聞きしました。

ぺこ:本当にその点については男の鏡だと思います!「今日のアイライン可愛いね」とか言ってくれるし、ネイルも変えたと言えば「かぁわいぃぃ~♥」って言ってくれます。

ーー想像がつきます!

りゅうちぇる:メイクは僕も好きなので、ぺこりんの変化にもすぐに気付いてあげられます。

ぺこ:私は逆に全然そういうことに気付きません。りゅうちぇるとは中身が男女逆なんです。

りゅうちぇる:変化にはすぐ気付くから、むしろその変化を褒めることから入りますね。褒める相手が女友達の場合は、ぺこりんにヤキモチを妬かせてしまうのでマイナスポイントかもしれませんが。

ぺこ:気付ける感覚が自分にはないから、「なんでいちいちそんなことを言うの?」と思っちゃうんです。良くも悪くも洞察力に優れているということなんですけど。

ーーぺこさんはりゅうちぇるさんの変化には気付きますか?

ぺこ:りゅうちぇるほど細かくはないですけど、変化には気付きますね。たまに「今日はいつもと何が違うでしょう?」と聞かれても、どこが違うのかわからない時もありますけど。

話を聞くと、アイラインやアイシャドウの色だったりするんですけど、全然気付けない。本当に感覚が男女逆転しています(笑)。

りゅうちぇるさんだけに見せるぺこさんの一面

出典Spotlight編集部

りゅうちぇる:ぺこりんは「彼女のことが大好きな男性」のような性格ですね。

ぺこ:どういうこと!?

りゅうちぇる:さっぱりしているわけではないんです。僕の方が早く家を出る日は、ぺこりんが起きる前にLINEを送っておかないと寂しがってくれるところや、可愛らしい部分もあるので。

ーー微笑ましいエピソードですね。

りゅうちぇる:僕が仕事で先に家を出る時は、「おはよう」が言えないので必ずLINEを送るようにしているんです。ぺこりんが起きた時に「おはよう」のメッセージが届いていたら、少しでも寂しさが紛れると思って。

ぺこ:私にLINEしてきてないのに、「おはよー!ぷぷぷぷぷ!!」とかツイートしていたらめちゃくちゃイライラします(笑)。

りゅうちぇる:それを2~3回やらかしてしまったことがあって…ぺこりんの不満はごもっともだってわかりますし、ちゃんと「寂しい」と怒ってくれるのでそういう部分は女の子だなあと感じます。

ーー可愛らしいですね。お仕事で別々の現場に行くこともあると思いますが、その間もLINEでやりとりはしているんですか?

ぺこ&りゅうちぇる:ずっとしてます。

ーーどんな会話をするんですか?同棲もしていると話題がなくなりそうな気もするのですが…。

りゅうちぇる:話尽きないよね。

ぺこ:うん、ほんまに尽きない!

りゅうちぇる:ささいなことでも僕たちにとっては話題になるので、ツイートひとつでも二時間ぐらい話せますよ。

円満な同棲生活のススメ

出典Spotlight編集部

ーー同棲や結婚生活でお互いの生活ルールが噛み合わないと、ケンカが増えるカップルもいますが何かアドバイスはありますか?

りゅうちぇる:なんでケンカになるんだろう?小さなことですが、僕は同棲を始めた時にトイレの蓋を閉める習慣がなかったんです。それをぺこりんに指摘されました。

りゅ…ちぇるちぇるランドでは…そういう文化がないので不思議に感じましたけど、すんなり受け入れることができましたね。ぺこりんのことが大好きなので、指摘も素直に聞けるんです。

ーー今は蓋を閉めるようになったんですか?

りゅうちぇる:今はどこに行っても、テレビ局でも蓋は閉めるようにしています。だから素直に受け入れられるかがポイントなのかもしれません。自分のポリシーを持っている人はめんどくさいでしょうね。潔癖ならまた話が違ってくるんでしょうけど。ちょっとした生活習慣であれば、相手のことが好きなら自然と身についてくるんじゃないかなと思います。

ーー同棲をしていると、自分の時間を確保するのが難しいイメージがあるのですが、お二人は何か工夫していますか?

ぺこ:私は一人の時間がとても好きだったんですけど、りゅうちぇるは一人になれる時間を私と過ごしたいという考えなんです。

りゅうちぇる:(赤面しながら)やだぁ…。僕もぺこりんも末っ子なので、似ているところが多いんですけど、元々は僕も一人の時間が大好きだったんです。

周りにいるのは大人ばかりという環境で育ったので、同年代の友達と一緒に過ごすことも、周りに合わせることも面倒だと思っていました。

でも、今はどこか楽しい場所に行っても、ぺこりんを連れて行きたいし、楽しさを共有したいと考えるようになったんです。そのぐらい全てを共有できる相手を初めて見つけました。

出典Spotlight編集部

ーー同棲や結婚をしていると家事の分担に悩むカップルもいますが、お二人はどうしていますか?

ぺこ:分担は特にしてないです。

りゅうちぇる:決まりごとは作っていません。自然に任せちゃってます。

ーー料理はしていますか?

りゅうちぇる:最近は忙しくて全然してません。ほぼ出前ですね。料理には自信があるので付き合い始めた頃は、リゾットなんかも作っていたんですけど…今は時間的に作れていません。

家事でいうと掃除をメインにやっています。

ーーりゅうちぇるさんは、主夫になれそうですね。

ぺこ:めっちゃ向いてると思います。

りゅうちぇる:我ながら向いてると思います。

ぺこ:ゴミ出しも、いっぱいになったゴミ袋を6個ぐらい抱えて捨てに行くんですよ。ペットボトルのラベルを外して分別する作業も、全部一人でやってくれます。私は触ったことすらないです。

りゅうちぇる:家事が好きなんです。あと、ぺこりんは自分のタイミングで家事をする人なので、やるかやらないかは任せています。

りゅうちぇるさんがぺこさんのためにしていること

出典Spotlight編集部

ーーお二人別々の仕事をする中で、ヤキモチを妬くことはありますか?

ぺこ:あります。りゅうちぇるはテレビの仕事が多いので、女の子と関わる機会もたくさんあるから、ヤキモチも妬くんです。

逆に私は、テレビの仕事は少ないし、仕事でお会いする方もヤキモチの対象になる人はほとんどいないから、りゅうちぇるは妬く機会が少ないと思います。流石に地元の男友達からLINEが来た時は妬いてましたけど。

ーーヤキモチを妬いている時は、どうやって自分の中で解決するんですか?

ぺこ:解決しないです。りゅうちぇるに言います。

りゅうちぇる:言わなくても態度でわかりますね。

ーーそういう場合、りゅうちぇるさんはどんな対応をするんですか?

りゅうちぇる:嫌な思いをさせてしまう行動があれば直さなきゃいけませんが、僕の中ではぺこりんだけというポリシーがあるので、気持ちは揺らがないし「僕にはぺこりんだけ」と誰に対しても言えます。

ただ二人きりでの写真撮影を求められたら、「メイクが崩れているから」「今日の洋服は納得できないから」と断っているんです。やっぱり、ぺこりんに嫌な思いをさせたくないから。

ーーぺこさんに対しても優しいし、断り方もスマートですよね。

りゅうちぇる:そういうこともしないと、ぺこりんに嫌な思いをさせてしまうし、ずっと我慢をさせちゃったら心のどこかにカビが出来る…。

ぺこ:心にカビって(笑)。

りゅうちぇる:だからヤキモチを妬いてしまう部分については、できるだけ我慢をさせないであげたいです。

「お仕事だから、と自分を作りたくない」

出典Spotlight編集部

ーーテレビや雑誌のお仕事で恋人役を演じるものがあった時は、どうしていますか?

りゅうちぇる:実際にそういうお仕事もありました。でも、僕にとってはぺこりんだけがプリンセスなんです。

元々、「お仕事だからこういうこともしよう」というスタンスが好きではなくて…僕はお仕事であっても、自分を作ることはしたことがないし、人気のために自分を作ろうとも思っていません。素の僕を見て欲しいです。

ーーぺこさんはそういったお仕事はありましたか?

ぺこ:私はないです。でも、テレビにあまり出ていなかった頃に、ファッションショーのイベントで男の人と歩く機会がありました。その時は、りゅうちぇるもめっちゃ怒っていたよね。

りゅうちぇる:むしろ僕が一緒に出演したかった…。こんなに公言しているカップル、他にいないのに(笑)!

「理想の彼氏」と言われることについて

出典Spotlight編集部

ーーお話を伺っていて、ぺこさんに対する一途な思いを堂々と話してくれるのは、女性にとってはとても素敵なことですよね。

ぺこ:毎日言ってくれます。

りゅうちぇる:本当にそう思っています。だからみんなに言えるんです。

ーーきっとお二人を見て、女性の中には「どうして私の彼氏は、りゅうちぇるさんみたいな発言をしてくれないんだろう?」と思う方もいらっしゃるんではないでしょうか?

ぺこ:実際にTwitterのリプライなどで「私の彼氏もりゅうちぇるくんみたいになって欲しいんだよね」とか言われます。

りゅうちぇる:そんなの僕は嫌です!だって男性それぞれの彼女への愛し方があるのに、なんでそんなこと言うの?彼氏さんがかわいそう…。僕たちだけを見て、「私の彼氏は…」って言ってたらワガママだなって思っちゃう。でも、それはうざいんですって(笑)。

ぺこ:女の子の理想に近いから、羨ましいとは言われますけど…りゅうちぇるのうざさをみんなは知らないんですよ(笑)。

りゅうちぇる:そうなんです…。でも、ぺこりんはうざいのも好きなんですよ!受け入れてくれている大きな愛を感じるので。

読者の皆さんへメッセージ

出典Spotlight編集部

ーー最後にSpotlightの読者の皆さんへ、メッセージをお願いします。

りゅうちぇる:やっぱりスポットライトを浴びるためには…っていうことですか?

ーー違います。この記事を読んでくださっている方へメッセージを…。

りゅうちぇる:あ、すみません!えーと、お邪魔します。こうやってたくさんお話させて頂いたんですけど、ぺこりんがいての僕なので…。僕の記事を読んでくれた方もたくさんいらっしゃるということで、本当に嬉しいです。

僕は、いつもぺこりんに支えてもらってるし、一人ではここまで来れなかった部分もあるので、皆さんも大事な人を大事にして下さい。

ぺこ:こんな小柄なカップルなんですけど、皆さんも恋人や好きな人に思いを伝えて、楽しくハッピーに過ごして下さい。こんな私たちですが、これからも応援よろしくお願いします。

りゅうちぇる:お願いします。

ーーとても素敵なお話をして下さったぺこさんとりゅうちぇるさん。特にりゅうちぇるさんの恋愛に対する真摯な考え方は、老若男女問わず考えさせられるものがありました。

また、ぺこさんのお話では、りゅうちぇるさんの全てを受け入れていることや、思っていることを素直に伝えることの大切さを教えていただいた気がします。

今後のお二人の活躍から目が離せません。

<取材・文/横田由起  撮影/長谷英史>

【告知】ぺこさん・りゅうちぇるさんが審査委員長を務めるオーディションが現在開催中です!

現在、10歳~25歳の男女を対象とした“ぺこ&りゅうちぇるの後輩を募集”するオーディションが開催中。グランプリに選ばれた方には賞金として育成金100万円が贈られるほか、ぺこさん&りゅうちぇるさんとの共演権、雑誌「JELLY」「Popteen」出演権など各賞を用意など、様々な活躍の機会が提供されますので、興味のある方は是非応募してみて下さい。

1次審査は、Webから応募可能で締切は7月22日(金)まで。受賞者はスターレイプロダクションへ所属となります。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス