2016年6月19日の父の日、あるコンテストの結果が発表されました。そのコンテストとは”ハゲたお父さんコンテスト” 自慢のハゲっぷりを競うコンテストなのでしょうか?

実はこのコンテストを主催しているは、小児がんと闘う子供たちをサポートする慈善団体「St. Baldrick's Foundation」がんの治療の為に髪が抜けてしまった子供たちとその父親が、お揃いのスキンヘッドでコンテストに参加するというものなのです。

各種SNSでハッシュタグ「#BestBaldDad」を使ってエントリーされたのは、全部で55組の親子の素敵な写真。そして今年の”ハゲたお父さんコンテスト”でユーザー投票5千以上の投票数を集めて優勝したのが、ジョシュ・マーシャルさんとその息子・ガブリエルくんのペア。

ガブリエルくんは自分の手術痕を「モンスターみたい」と

2015年3月、ガブリエルくんは脳腫瘍と診断されました。大きな手術を乗り越えたガブリエルくん。その小さな頭の右側には大きな手術の傷痕が残りました。ガブリエルくんはその傷痕を見る人の目を気にし、傷つき、自分の事を「モンスターみたいだ」と言う様になりました。

その様子を見ていた父親のジョシュさんは、2015年8月、ある事を決意します。それは、ガブリエルくんの頭の傷痕と同じタトゥーを入れる事。

ガブリエルくんに、手術前の様に自分に自信を持って過ごして欲しかったというジョシュさん。人がガブリエルくんの傷痕に気がついても、同時に父親であるジョシュさんの頭も見る事になるので「ほら、見られているのはお父さんも一緒さ!」とガブリエルくんに話す事が出来たのだそうです。

このジョシュさんのタトゥーを、ガブリエル君は「まるで双子みたいだ」ととても気に入っているのだそうです。

ジョシュさんのタトゥーは、ガブリエルくんの自信を後押ししただけでなく、この写真を見た多くの人達に勇気を与えました。フェイスブックには2016年21日現在、1万を越える「イイね!」がつき、4000近くのシェア、そして「なんて素晴らしいお父さんなの!」「息子さんにとって最高の力になるね」「愛が溢れる写真だ」など多くのコメントが寄せられました。中には自分の手術の傷痕写真をアップし「私もお揃いよ!」とコメントする人もいました。

すべての”ハゲたお父さん”が素晴らしい

ジョシュさんは、コンテストに投票してくれた人達と、心温まるコメントをくれた人達に感謝の言葉を伝えつつ「このコンテストは順位なんか関係ありません。がんと闘うすべての仲間と、それをサポートする人達との、素晴らしい友好的な戦いでした」と述べました。

ガブリエルくんの腫瘍はわずかに残ってはいますが、定期的な検査をし、腫瘍は大きくなることはなく症状は落ち着いています。「ガブリエルは本当によく頑張っているよ」

最高に素晴らしい”ハゲたお父さん”達の写真をどうぞ

このコンテストは、すべての写真をご紹介したくなる素晴らしい写真ばかりエントリーされました。一部ですが、その素晴らしい”ハゲたお父さん”の写真をお届けします。

出典 https://www.facebook.com

Crystal Gallowayさん

どの写真からも、小供を思う父親の強く温かい気持ちと、大変な日々ながらもその思いを力にして過ごす小供たちの、それぞれのドラマが伝わってくる様です。

ジョシュさんは、この写真が話題になりメディアの取材を受けたことを「アメージングな出来事!」としながら「これがきっかけで、小児がんと闘う小供たちをサポートする機関があるという事を知ってもらえたら嬉しいです」と語りました。

日本でもできるヘアドネーションという支援

支援団体への寄付などの他に、私たちに出来る支援の一つに”ヘアドネーション”というものがあります。ヘアドネーションとは、小児がんなどの病気や、大きな怪我などで髪を失った子どもたちへ、無償で医療用ウィッグを提供するという活動。

日本では、JapanHairDonation&CharityというNPO法人で、寄付毛100%で作られたフルオーダーのウィッグを無償で提供しています。子供用のウィッグは数が少なく、ピッタリのサイズがなかなかなく、あってもとても高価なのだそうです。そのため、この団体では、フルオーダーで製作するウィッグ”OneWig”を子供たちに提供しているのです。以前、柴咲コウさんがInstagramに「髪の毛の寄付をしました」というコメントと共に、長かった髪をバッサリと切った写真をアップした事で話題になりました。

また水野美紀さんも、ドラマの役作の為にショートにする必要があり、その際に寄付を申しでたのだそう。意外に知られていないのですが、クセ毛でも白髪でも、縮毛矯正やヘアカラーをしていても「軽く引っ張っただけで切れてしまうなどの極端なダメージがない限り」問題なく寄付できるそうです。ヘアドネーションの詳しい手順などはJapan Hair Donation & CharityのHPで確認できます。もし、夏に向けてロングヘアーをバッサリ切っちゃいちゃいと考えている方は、こんな支援の方法に参加してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もオススメです

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス