普段子供がしている仕草を面白いと感じて、それを写真に収めるというママはたくさんいるでしょう。米ミシガン州在住のママ、ステイシーさんもそんな母親の1人でした。3歳になる娘が自宅トイレで何やらおかしげなポーズを取っていたので、「あらまたこの子、変なポーズなんかしちゃって」と写真を撮りました。

そしてその写真を仕事中のご主人に送ろうと思いスマホを操作していたステイシーさんに、娘さんが放った言葉はステイシーさんを凍り付かせたのです。

「銃を持った人が保育所に来たらこうやって隠れなさいって」

出典 https://www.facebook.com

最近、殊に銃犯罪が後を絶たないアメリカ。学校襲撃事件やゲイクラブ襲撃事件など銃によって多くの命が犠牲となっています。たった3歳の子供たちに「銃を持った人」の怖さを教えなければいけない社会。そんな不安な社会でこれからも生きて行かなければいけない子供たち。

ステイシーさんは、娘がした行為にさっきまでの「面白い」気持ちは消え去って、崩れ落ちそうな心境になったとFacebookで語っています。

「政治家の方々、この写真をよく見てください」

Licensed by gettyimages ®

ステイシーさんはFacebookにこの写真を投稿し訴えました。

「政治家のみなさん、これが、この姿があなたの子供であり、孫であり、ひ孫なんです。彼らはこの銃社会でこれから生きて行かなければいけないんです。あなたたちの決断一つで、子供たちの未来は決まるのです。考えてもみてください。たった3歳の子供が、保育所で教えられ、息をひそめて足が見えないようにこうしてトイレに隠れる練習をしているんです。彼らにとってこれ以上ハードなことがありますか?」

「銃を失くしても犯罪はなくならないのは百も承知」

Licensed by gettyimages ®

更にステイシーさんは「銃を規制したからといって、犯罪が100%なくなるわけではないのはわかっています」とし、「でも、それでも1%、2%、いえ50%でも犯罪の減少に繋がるのではないか」とメッセージを綴っています。

ステイシーさんは、銃を売っている人や買う人に対しても批判的な意見を持っている様子。つまりは、銃社会には銃で自分の身を守らねばいけないという暗黙の了解があり、それは犯罪の軽減にはならないからです。「銃を失くすことを誰かが本気で考えたことがああるでしょうか。でも、やってみないことにはわからない。」とアメリカ銃社会に対して強く訴えています。

こんな子供たちの姿を見たくないから、銃を社会からなくすためのことなら何だってするとステイシーさん。自分の娘の姿を見て、今私たちが生きている社会がいかに幼い子供たちを危険に晒しているかということを実感し、「あなたの子供にも同じことをしてほしくないなら、私たち大人が何か行動を起こさないといけないんです!」とメッセージを締めくくっています。

ステイシーさんのこの投稿には、現在、4,200以上の「いいね」と10,300以上のシェア、そして900件以上のコメントが寄せられています。コメント欄には「勇気を出して訴えてくれて有難う!」「こんな幼い子供が銃の怖さを教わるのはかわいそう」「今までもそうだったように、これからもきっと政治家は何もしないよ」「人を殺すのは人だ、銃ではないって言われるぐらいだから…」といった、それぞれの考えを寄せています。

子供の未来のために…

Licensed by gettyimages ®

銃社会であるアメリカでは、きっと不安に思いながら子育てをしている親がたくさんいることでしょう。日本や筆者の住むイギリスは銃は違法とはいえ、銃による犯罪がないかといえばそうではありません。

銃による犯罪はどこにでもあります。そして恐怖は世界中に連鎖していきます。未来を支えていく子供たちにそんな不安の種を受け付けないようにするには、やはり大人が子供たちの将来を守っていかなければいけないのではないでしょうか。

愛する娘が、保育園で銃の怖さを教わり子供ながらに家のトイレで言われたことを練習しているのを知ったステイシーさんは、思わず崩れ落ちそうなほど心が折れたと言います。筆者もきっとそんな息子の姿を見たらショックを受けるでしょう。

悲しい社会になっているのは、子供ではなく大人の責任です。子供たちの心がこれ以上傷つけられないように、ステイシーさんの「銃社会批判」の声ががなんとかしてアメリカ政府に届けられるようになればと思う筆者。

子供は大人が思うよりも、本当に繊細な心を持っています。そんな彼らの心を恐怖や不安で埋め尽くしてしまうような世界にはなってほしくありません。子供を危険な銃社会や犯罪から守るために私たち大人に何ができるのか、それを考えることは子育てしていく上での一生のテーマになることでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス