記事提供:東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

舛添知事の退任が明日に迫り、ようやくこの問題に日が当たってきまして、テレビなどが昨日あたりから一斉に取り上げ始めています。

舛添知事非難したのに…都議団リオ視察1億円超!?

リオ五輪になんと、27名もの都議会議員が視察に行くという計画。

都議会に提案が上梓された直後から無所属議員や共産党議員団が異議を唱え、私の所属会派「かがやけTokyo」にも割当がありましたが、熟慮の末4月下旬に辞退しています。

参考:第15回リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック視察不参加について

まず、この視察計画を最初から丁寧に振り返ってみましょう。これは、

・オリンピック開会式
・オリンピック閉会式
・パラリンピック開会式
・パラリンピック閉会式

の4期間に分けて、7人ずつの都議会議員(+随行員)を4部隊派遣するというものでした。

この時点ですでに突っ込みどころ満載ですが、28人を各会派にドント式で割り振った時点で、当初より五輪招致に消極的だった共産党・生活者ネットは早々に辞退を表明しました。

しかしここから、ありえない展開が起こります。

共産党・生活者ネットは当然、辞退枠で経費削減を狙っていたわけですが、その辞退枠を自民党・民進党らが分けあって充足したのです(公明党は増加分については謝絶)。

結果、派遣予定の議員数は以下のとおり。

自民党:16名
公明党:5名
民進党:4名
民進党都議団(旧維新):2名

本来、自分たちの枠でなかった分まで取り合うとは、そこまでしてこの人たちはリオ五輪に行きたいんでしょうか??

舛添知事の執着心をまったく笑えないと思います。

そして上記の通り派遣団には、「身を切る改革」とやらを主張していた旧維新組の一部も入ります。

公約であった議員報酬及び議員定数の削減や費用弁償の廃止が、まったく進んでいないのに…!他会派の枠まで奪い取って行こうという神経が、私にはまったく理解できません。

出典 http://www.metro.tokyo.jp

(写真は「知事の部屋」より、舛添知事の海外視察の模様)

とはいえ、私は視察の意義が皆無だというつもりはありません。物味遊山ではなくしっかりと現地の運営を学ぶなら重要だと思いますし、次期開催都市の議員が表敬訪問することは、儀礼的な意味でも最低限は必要です。

よって私たち「かがやけTokyo」に割当られた1枠については、当初は参加予定で前向きな検討を行い、詳細な費用などを精査して、その旅費については自分たちの政務活動費を間接的に充足して参加する予定でした。

※政務活動費をそのまま使うことはできないため、未使用で数カ月分を返還する方法を取るつもりだった。

しかしながら、その精査過程で議会局が出してきた予算案が予算段階で約6200万(うち議員の旅費のみで4000万!)というあまりに高額なものであり、さらに膨れ上がる見込みであること(議員数20名で算出された金額であり、さらにホテル代も高騰)。

また上記のように、辞退枠を自民・民進らが分け合うという異常事態が発生したこと。これに加えて熊本震災が発生し、都議会の委員会視察も軒並み中止になったこと。

以上を総合的に鑑みて、我々の会派としても正式参加が決定されるギリギリのタイミングで、大義なき視察は辞退をする決断を致しました。

さすがにこの最後に発生した辞退枠については、おそらく事務手続き上の都合もあって他の会派に割り振りすることができず、28名の予定が1名欠けて27名になったと、こういう流れだったのですね。

これは狙ったわけではありませんが、図らずも結果的には経費の削減に貢献できました(苦笑)。

以上を見ていただけば明らかのように、この視察はどう考えても異常で無駄遣いのオンパレードです。

そもそもどうして、議員たちが27名も雁首揃えていく必要があるのでしょうか?

現在123名のうち、2割以上の議員がリオに行く計算なります。自民党が16名ってなんだそれ。しかも来年の選挙があり、行った全員が残るかどうかもわからないというのに…。

繰り返しになりますが、視察の意義は全否定しません。儀礼的な意味で、4回に分けていくことも必要でしょう。

ならばせいぜい、各回2名×4の8名が適正値だと私は思います。様々な意見や視点を大切にするために、それを少会派も含めて割り振れば良いのです。同じ政党・会派の人間が大挙して行っても無意味です。

そして共産党と生活者ネットが辞退した枠(5つ)を自民党と民進党・旧維新らが分けあったという愚行については、空いた口がふさがらないとしかいいようがありません。

報道にある通り、まだホテルも最終確定していないようですから、今からでも遅くありません。世論の批判がこれ以上高まる前に、派遣団の人数は大幅に削減するべきです。

心ある「辞退組」の議員たちとも連携しながら、議会内からも是正の声を上げ続けたいと思います。

最後に、重要な点を。

今回リオの視察に行くのは、自民・公明・民進・旧維新の議員たちです。これって、何かの組み合わせと一緒なんです。なんでしょう?

そう、舛添知事の高額海外出張経費などを徹底追求する、百条委員会の設置に最後まで反対した会派です。

なんのことはない、彼らも同じ穴のムジナだったというわけです。世論の流れに迎合して知事をぶっ叩いている裏側で、自分たちはちゃっかり海外視察の準備を進めていた、と。

舛添知事の行いは決して許されるものではありませんでしたが、都議会も本当に腐敗が極まっているような場所なんです。お恥ずかしながら。

普段注目がまったく集まらないことから、「国会以上に保守的な伏魔殿」と呼ばれる東京都議会。

この流れで厳しい世論の目に晒されて、少しでも浄化されていくことを願うばかりです。

私も微力ながら(そして落選の危機に追い込まれながら…)中から声を上げ、改革のために情報発信を続けていきます。皆さまのお力をお貸しいただければ幸いです。

ちなみに明朝は8時過ぎよりTBS「ビビット」に出演し、この問題についてもコメントをする予定となっています。こちらも合わせて宜しくお願いいたします。

それでは、また明日。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス