記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
日差しが暑くなり日中も半袖で過ごす日々が多くなってきました。
これからますます気温が高くなるにつれて気をつけたいことのひとつが「熱中症」です。毎年、熱中症に対して注意喚起されているので自己管理意識は高まりますが、より注意しなければならないのは子どもたちです。

今回のテーマは「子どもの熱中症」です。医師に詳しい話を聞きました。

子どもは大人に比べて熱中症になりやすいのでしょうか?

子どもは熱中症になりやすいです。
理由は体温を調節する機能がまだ未発達なので、十分に体温を下げることが難しいためです。

さらに、大人に比べて子どもは代謝がいいことから、汗をかきやすく体内水分の消費率が高くなります。

また、経験値からも自己管理能力が高くはありません。自分では体調不良に気付きにくいので、倒れてしまってから熱中症だと分かることも多いですね。

大人が気付くことができる、子どもの熱中症のサインはあるでしょうか。

熱中症のサインとして以下のような症状が現れます。
・発熱
・嘔気
・嘔吐
・頭痛
・動きが鈍る
・めまい
・汗をかかなくなる など
これらの症状が現れたら熱中症を疑って、水分を取ったり涼しいところで休ませたり、すぐに対応するようにしましょう。

ちなみに熱中症には、大きく分けて4種類あります。
1.熱疲労
脱水症状で脳の血流が減り、集中力などが低下するもの

2.熱けいれん
血液中の塩分が低下し、筋肉がけいれんするもの

3.熱失神
体温を発散するため皮膚へ血流が集中し、脳の血流が減って平衡感覚を失うもの

4.熱射病
熱疲労を通り越し、意識障害を起こすもの

これらは、かなり重症な状態です。こうなる前にまずはサインを読み取って日陰で休んだり、水分・塩分の補給をさせましょう。

子どもの熱中症を予防するにはどうすればいいでしょうか?

お子さんの熱中症対策、3つのポイントをお伝えします。

1.服装に気をつける
外に出る場合は、帽子、薄手の服を着させたり持っていったりしましょう。水分を持っていくことをお忘れなく。

2.水分補給を十分にさせる
水だけでは、脱水時の十分な補給にならないため、スポーツドリンク等、塩分を含むものがおすすめです。

3.屋内だからと油断しない
実はお部屋の中でも、クーラーを控えたために熱中症になる子も多くいます。部屋の中でも、室内の温度設定にも注意しましょう。

0~2歳の熱中症を予防するためには?

乳幼児には、母乳や人工ミルクを、少し冷やしたベビー麦茶などを定期的に摂取させましょう。

また、熱中症による脱水気味のときには、以下のようなサインを見逃さないように注意です。

≪注意!脱水気味のサイン≫
・いつも以上に水分を飲む
・おむつの交換頻度が少ない。トイレに行かない、行っても少ないなど

特にベビーカーは熱くなったコンクリート(地面)に近いことから、熱を多く吸収し、熱がこもりやすいです。思った以上に熱中症になりやすいため、注意してください。ベビーカーに保冷材を置いたり、時々は風通しをよくするといいですね。

3~4歳の子どもの熱中症を予防するため、気をつけることは?

運動会や遠足などの行事や遊びに夢中になりすぎて熱中症になってしまうことが考えられます。

あずけ先の先生に任せるのではなく、朝や夜間などの水分・栄養摂取も十分に管理することが大切です。

≪最近、グッスリ眠れていますか?≫
あなたの睡眠の質は大丈夫?【睡眠の質】チェックしてみましょう!

最後に医師からアドバイス

子どもは熱中症にかかりやすいにもかかわらず、自己管理能力がまだ未熟です。そのため、大人が注意してみるといいですね。

熱中症の症状に気付くことも重要ですが、まずは予防をしっかりすることが先決です。真夏だけではなく、梅雨ごろの暑い日でも、脱水になりやすい気候といえます。気を付けてましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス