記事提供:AbemaTIMES

出典 YouTube

14日、Twitterに「よく行っていたカレー屋がとんでもないことになっていた…」として、インドカレー店「シャンティ」の従業員が店に貼りだした訴えをツイッター上に投稿したユーザーがいた。貼りだされていたのは、

「私達は6月20日で解雇・お店閉鎖を通告されています。

賃金も2年払われていません。

皆さん助けてください。

シャンティ従業員一同」

という手書きのメッセージだ。これはネット上で大きな話題になり、シャンティ従業員一同のTwitter アカウントでも、

「私たちは10年近くShantiで働いています。全額給与は最初からもらっていません。ただ、労基からは、直近の2年分しか請求できないと言われました。

月に20万の契約なのですが、月に4万しかもらっていない人もいます」

「今年の2月25日に住んでいたアパートが火事になりました。私たちが部屋にいないとき夜7時に火事になりました今はお店で寝泊まりしています。20日に追い出されたら、私たちはみんなホームレスになるしかありません。

今は持ち物は火事の日に着ていた服しかありません」

など、賃金未払い・解雇に至る経緯が報告されている。

■外国人労働者への賃金未払い問題

17日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、「シャンティ」店舗を直撃。従業員からの生の声に耳を傾けるとともに、就労問題に詳しい行政書士の古谷武志さんを招き、話を聞いた。

シャンティは、池袋、大塚、巣鴨、駒込の4駅に5店舗を構えるインドカレー店。インド人12人、バングラデシュ人3人の従業員がおり、2年間の未払賃金は6200万円にものぼるという。

古谷さん)(外国人労働者に対する未払いは)よくあるんです。日本人労働者の場合は、ビザと関係なく働いて給料をもらうのが通常。

お金をもらったか、もらわないかだけの問題だけですが、外国人の場合は、お給料をもらっていないことを雇用主に訴えると、『ビザを延長させないよ』などと、弱いところをついて雇用側がいいように使うというケースは多いです。

それが今回顕著に出ているのかもしれないですね。

■「シャンティ」従業員の生の声

番組では、従業員のジョシさんと支援者のシードさんがSkype中継にて生出演。ほかにも外国人従業員が店に集まり、現状を訴えた。

ジョシさんによれば、社長と連絡がつかないので事態がすすまないうえ、解雇が通告されているとのこと。会社側からの通告では、「17日までに店舗から退去すること」。理由は「売上金を引きわたさず、店舗に寝泊まりするのは業務妨害」としている。

給料は20万円という契約なのに、光熱費などがいろいろ引かれ、4万円になった従業員もいるという。シードさんは、

「労働基準監督署に未払いが2年間分しか申告できないだけで、10年位未払いという人もいます。(辞めればいいという声もあるが)このお店の就労ビザだから、違う所に行って、強制送還されるようなことは避けたい。少しでも送りたいからここにいただけ」

と説明。また、「社長がお金を他に使っているという話も入ってきています。マンションなど個人名義の財産がけっこうあるので、現在の従業員をクビにして同じパターンの(出店)計画をたてるのではないか」との見方も示した。

日本で働く外国人労働者は昨年91万人と過去最高に達している。古谷氏は、「従業員の方たちが(ずっと)声をあげられなかったことが問題の核心」とし、法整備とともにものが言い難い日本の現状を見直していく必要があることを示唆した。

総料理長はタンドールでやけどをした際、病院に行くこともできなかったという。

スタッフTwitterアカウントでは、「皆様の法的なアドバイスと、マスコミ、そして皆様一人一人の温かい応援です。私たちが欲しいのは、未払い賃金を会社から返してもらうことだけです」とコメント。

労働基準監督署に行ったことや、社長とのコンタクト状況などを細かく報告している。

「AbemaPrime」は毎週月~金曜日 20:00~21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス