日本の美しい景色を楽しみながらゆっくり旅するスタイルが広がりつつあります。JR九州の「ななつ星 in 九州」が注目されているなか、JR東日本からは「TRAIN SUITE 四季島」が来年の5月にデビューします。

ご一緒に豪華寝台列車の旅を覗いてみませんか。

クルーズトレイン「ななつ星in九州」

出典 http://next.rikunabi.com

2013年10月15日、日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」が運行を開始し、クルーズトレインという新たな旅のかたちを切り開きました。

旅が特別なものだとしたら、この列車の旅は何と言い表せばいいのだろう。車窓から見えるのは、流れゆく風景。山々にそよぐ緑、海から香る潮風。大地には豊かな水が流れ、人は恵みに感謝しながら暮らしている。列車は、その中をただ駆け抜けるのではない。時に降り立ち、ふれあい、感じる。クルーズトレインという新しい旅のステージ。そこでしか出会えない景色や人々との語らいは、きっと新たな人生が発見できる。
"ななつ星"、あなたの夢を乗せて出発です。

出典 http://www.cruisetrain-sevenstars.jp

客室は全室スイートルーム

出典 http://www.cruisetrain-sevenstars.jp

客車のタイプは2種類。1両に3部屋のスイートルームと、1両に2部屋のデラックス(DX)スイートルームがあり、ゆったりと過ごせる仕様になっています。もちろん各部屋にシャワー、ウォシュレット付のトイレ、洗面台が完備されています。

出典 https://pbs.twimg.com

まるでホテルに滞在しているかのような快適さ。洗面鉢は、有田焼の陶芸家、第四代酒井田柿右衛門さんの作品です。

展望室のデラックススイート

出典 http://www.cruisetrain-sevenstars.jp

2部屋しかない、特別なデラックススイート。この広々とした優美な空間には、和を感じる家具や調度品が備えられ、その内の一つ、デラックススイート(最後尾のお部屋)は、大きな車窓からの景色を独り占めできる豪華さです。

ダイニングカー「木星」

出典 http://www.cruisetrain-sevenstars.jp

食を担当するのは”名だたる料理人”

3泊4日コースの車内では、大分の豊かな味を表現する「方寸」(大分市)の河野美千代氏、"玄海発博多前寿司"を握る「やま中」(福岡市)の山中啄生氏、宮崎の郷土料理を提供する「ふるさと料理 杉の子」(宮崎市)の森松平氏らが食事を担当。車内でのデザートは、「エディション・コウジ シモムラ」(東京都)の下村浩司氏と、「山荘無量塔」(大分県由布市)の竹下尚武氏の2名が担当する。

1泊2日コースでは、九州を代表する名シェフの川端明氏(ホテルニュー長崎)が担当するオリジナルフレンチが1日目の夕食(車内)で味わえる。また、3泊4日コースでも食を担当する下村浩司氏、河野美千代氏、竹下尚武氏が、車内での食事やスイーツに腕を振るう。

出典 http://news.mynavi.jp

出典 http://img02.eshizuoka.jp

車内では洋食の豪華フルコールもいただけますが、お寿司を握ってくれる昼食もあるそうですよ!!

運行ルート

出典 http://www.cruisetrain-sevenstars.jp

運行は、火曜日に博多駅を出発する3泊4日のコースと土曜日に出発する1泊2日(現在は臨時コースもあり)で、ゆっくり列車の中から美しい九州の風景を楽しむことができます

1泊2日コースで「スイート」を2名1室で利用した場合の1人当たりの料金が28万円、「DXスイートA]は39万円、3泊4日コースは、「スイート」が58万円、最高級「DXスイートA」を2名1室で利用した場合の1人当たりの料金が85万円(いずれも2016年10月・11月出発分の場合)と、こちらも夢のようなお値段ですが、国内外から5000件近い予約が殺到しており、抽選でチケットを手に入れることができるようです。

次期2017年4月分以降の予約は2016年10月から予約を開始するそうですよ。

東の横綱「TRAIN SUITE 四季島」

JR東日本が2017年5月1日より関東・東北・青函トンネル・北海道にて運行を開始する豪華観光列車クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま) 」の外観とインテリアデザインを公開しました。

豪華寝台列車の“西の横綱”がJR九州の「ななつ星 in 九州」だとしたら、“東の横綱”はズバリこの列車になるだろう――。そんな予感を抱かせる車両の詳細が1月13日に発表された。JR東日本が2017年春の導入を予定している「トランスイート四季島」。車内装飾のテーマは「日本の伝統美と現代アートの融合」だという。懐かしさを感じさせつつ、欧米の高級ホテルに滞在しているかのような印象すら受ける。

出典 http://toyokeizai.net

10両の豪華寝台列車

出典 http://www.jreast.co.jp

列車名の『四季島』は、同社によると「日本の古い国名『しきしま』をもとに、美しい四季と伝統を感じながらの旅を連想させ、時間と空間の移り変わりを楽しむ列車であるという想いを込めて」命名。「トランスイート」は、この列車が同社のフラッグシップとなることや、全室がスイートルームであることを表すサブタイトルという。

シンボルマークは、列車の外観や内装と一体感のあるデザインとするため、列車のプロデュースを手がけたデザイナー・奥山清行さんの「KEN OKUYAMA DESIGN」がデザイン。「『ひと』『もの』『こと』の象徴である三本の線が四季を意味する『4つの節目』を巡り戻ってくるデザイン」という。

出典 http://response.jp

3泊4日コース

出典 http://www.v-travels.co.jp

1泊2日コース

出典 http://www.v-travels.co.jp

豪華なバーラウンジ

出典 http://www.jreast.co.jp

樹木のような壁に囲まれたバーラウンジでゆったり過ごす。お酒を楽しみながらの移動は寝台列車ならではですね。

展望車

出典 http://www.jreast.co.jp

移りゆく車外の景色も旅の醍醐味ですね。「TRAIN SUITE 四季島」には、最前方と最後方の二か所に、壁から天井にかけての大きな窓がある展望車を配しています。

「GALERIE 四季島」で世界観を体験

そんな「TRAIN SUITE 四季島」の上質で特別な世界観を一足早く体験できる場所「GALERIE 四季島(ギャラリー しきしま)」(完全予約制)がJR東京駅八重洲口にありました

kana

TRAIN SUITE 四季島

一足先のバーチャル体験が楽しめます。

ただいま予約受付中

豪華寝台列車の旅のご案内はいかがでしたか?今回ご紹介できませんでしたが、2015年3月に惜しまれながら引退した豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」が、その伝統を継承した新たな豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」に生まれ変わり、2017年に登場する予定だそうです。ますます日本の鉄道の旅が面白くなりそうですね。

この記事を書いたユーザー

momo-ka このユーザーの他の記事を見る

はじめまして。
旅行と美味しいものが大好きな社会人大学生です。
最近は身近な食べ物で体の中からきれいにする食材を探してます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス