「ありがとう、北海道で愛されて半世紀」の文字がついた「ソフトカツゲン」のパッケージ。その名のとおり、北海道民なら一度は飲んだことがある「ソフトカツゲン」。いわゆる乳酸菌飲料です。先に行われた「芸能人道産子会」でもテーブルに「ソフトカツゲン」が確認されましたが、いったいどんな飲み物なんでしょうか?

なんと発売は、半世紀以上前の”1956年”

「ソフトカツゲン」が発売されたのは、半世紀以上前の1956年。まだ「戦後」という言葉が残っている頃でした。実はそれ以前より「ソフトカツゲン」の前身である「活素(かつもと)」が作られていたのですが、1956年に「活源(かつげん)」に名称変更され、翌年、「カツゲン」とカタカナになって一般向けに発売されました。ヤクルトの北海道上陸に対抗しての発売でもあったのです。

何のために作られたのか?

当時は今のように嗜好品ではなく、中国中央部に駐屯している兵士用の栄養補給のドリンクでした。発注元はなんと帝国陸軍で、北海道から原材料を送り、良質な牛乳に、ブルガリア菌とアシドフィラス菌を培養させ、糖類を加えて上海にて製造をしていたのです。活源の意味は「勝つ」に「牛乳の源(もと)」でした。

発売は北海道メグミルク

1979年に「カツゲン」をソフトな味にした「ソフトカツゲン」が発売されました。なんせ兵隊さんの栄養補給用ですので、開発時のレシピどおりでは、酸味が少々強く、飲みにくかったのです。一般にも受け入れられるソフトな味の「ソフトカツゲン」が誕生しました。

プレーンは道外でも発売

実はこの「ソフトカツゲン」、大阪や東京でも発売された過去があるのですが、なぜか受け入れられず、発売が中止になってしまいました。しかし、今でもプレーンは青森県や東北の一部地域では販売されています。それに東京でも有楽町「北海道どさんこプラザ」などのアンテナショップでは販売されています。

東京駅で目撃情報も!

「ソフトカツゲン」のお味は?

ビックル?マミー?ヤクルト?どれかに近いが、どれにも当てはまらない味?!

そして「ソフトカツゲン」の同じですが、よく比較されるのがやはり「ヤクルト」や「ビックル」です。「マミー」が近い、という声もあります。「どれにも当てはまらない」という意見も!でもその人の価値観によるところが大きく、「実際飲んで見ないと分からない」というのが本当のところのようです。近年では2015年3月に「ライチカツゲン」、9月に「ぶどう」「みかん」味も登場して快進撃を続けています。

ハードなカツゲン、飲んでみたいですね!

一気飲みは無理?でもいけてしまった!

乳酸菌飲料はヤクルトのように小さな容器のものが多く、「ソフトカツゲン」のようにパックに入っていても一気飲みはできないかな、という感じがします。しかし、フルーティーでさらっとして飲み口ゆえ、乳酸菌飲料特有ののどの奥にカスがたまる感じもなく、ぐびぐびいけてしまいます。これゆえに半世紀も愛飲されているのかも。

芸能人「北海道会」でもテーブルの上に!

テーブルの奥のほうに「ソフトカツゲン」が!やはり道産子の集まりには欠かせないものなんですね!

つい先ごろ行われた「芸能人北海道会」でもテーブルの上に「ソフトカツゲン」が置いてあったそうです。この会は平成ノブシコブシの吉村さんが、各芸能人の事務所に招待状を送り、芸人やアーチストなど総勢30人が集まったというもの。ざっとメンバーを見ても

加藤浩次さん始め、
大泉洋さん
タカトシさん
大黒摩季さん
GLAYさん
w-inds.龍一さん涼平さん
原千晶さん
石黒彩さん
アップダウン阿部さん
武田真治さん

が出席されました!すごいメンツですね。

いかがでしたか?すでに60周年の「ソフトカツゲン」で、全国発売のラブコールも高いですが、希少価値があるからこそ、こうして話題になるんだと思います。たまに飲むほうがありがたみがあるってことですかね?!

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス