いつの時代も新世代にはビックリ!

出典Pepsco Studio/Shutterstock.com

どの時代の若者も、「最近の〇〇世代は…」なんて揶揄されがちなもの。

今の若者に眉をひそめる大人たちだって、若い頃には世代ごとに一括りにされて、色々と言われた時がありました。そんな少し前まで、大人を驚かせていた旧世代を振り返ってみましょう。

ゆとり世代の先輩も言われていた「○○世代」を振り返る

出典Kzenon/Shutterstock.com

例えば、新人類世代とは、1980年代に用いられた新語で、主に物心ついたころからテレビがあった世代のこと。良くも悪くも旧世代の人々とは異なった価値観を持っていると言われていました。

バブル世代はバブル景気(1980年代後半〜1990年代初めの売り手市場)のときに新入社した世代のことを指し、人当りが良く世渡り上手な反面、人と自分を比較して劣等感を抱きやすいと称されていました。

氷河期世代はその後、バブル崩壊とともに訪れた就職氷河期を経験した世代のこと。バブル世代と違い就職できず留年してしまう学生も少なくはなく、バブル世代とは比較的相性が悪いと言われる世代です。

出典Dragon Images/Shutterstock.com

このように時代背景によって、若者の価値観は変わってくるもの。そのギャップとまだ社会に慣れていない未熟さゆえに若い世代は揶揄されてしまいがちです。

では今最も新しい世代として注目を集めている、ゆとり教育を受けて育ったゆとり世代や欲が無く、現実を悟ったような悟り世代の若者たちはどうでしょうか?

社会人となった彼らが起こした、驚きのエピソードを先輩社員に聞いてみました!

新入社員たちの驚きの行動とは?

出典number-one/Shutterstock.com

・配属初日、事業所内の規則などについて説明中に居眠りしていたこと。
・「俺はこんなことするために、この会社に入ったんじゃない」と言って、地味な作業を嫌がる。目立つ仕事だけが仕事じゃないんだよ…。

・自分からメモを取らずに、指示を書いて渡せと言ってきた。

・エレベーターで社長に「おじさん、何階?」乗ってた社員全員が凍り付いた。

出典Spotlight編集部調べ

地味な仕事を嫌がる、新入社員がメモを取らないという話はよく聞きますが、指示をメモに書けという強者もあらわれました。社長をおじさんと呼んだ新入社員のその後も気になります…。

服装もTPOをわきまえて…

出典Diana Indiana/Shutterstock.com

・「私服で大丈夫ですよ」と20代女性の新人に言ったら、翌日タンクトップと短パン(まるで水着)のリゾートスタイルで来た。

タンクトップだけで社内に入ってきた男性社員。いくらクールビズでも来客もあり、わきまえてほしい。
・お客様をお迎えするのに、お辞儀をしたらパンツが見えそうで指摘したら「安心してください。穿いてますよ!」と言われた。

出典Spotlight編集部調べ

注意したのに、ギャグで返されるなんて…!社風によっても服装規定はさまざまですが、どこまでが社会人として許されるのか、自分で判断して欲しいところです。

言葉づかい&ありえない発言に唖然

出典imtmphoto/Shutterstock.com

「知らねっス」「聞いてないっス」と、まるで田舎のヤンキーみたいな男性社員。

・歓迎会にて「私こういう“チープな”お店来たことないです」

・新入社員歓迎会の日時を決めている時に「それって定時外ですけど残業代出るんですか?」と聞かれました。

出典Spotlight編集部調べ

「〇〇っス」という田舎のヤンキー言葉…たまに耳にしてギョッとします。歓迎会なのに残業代がつくかを確かめるのは、業務時間外に拘束されるのをうとむ、さとり世代ならではの感覚かもしれません。

ジェネレーションギャップを感じるとき…

出典miya227/Shutterstock.com

・社内連絡や顧客との連絡にLINEを使おうとする事がありますね。LINEだと、会社に記録が残らないので、会社のメールで連絡をする様に伝えました。

Facebookメッセンジャーで全部仕事の依頼をしてきた。

・お客さんがお金を出した時「こちらは…何でしょう…」と思いきり不審者扱いの目で見つめ大騒ぎしました。旧札を偽札と勘違いしてパニックになってました。

出典Spotlight編集部調べ

SNSが当たり前の環境で育った彼らにとって、メールを送るという感覚はピンとこないよう。今の新札に切り替わったのは2004年なので、旧札の柄が分からないのも無理もないか…と世代の違いを身に染みて実感します。

信じられない電話対応にヒヤ汗

出典aijiro/Shutterstock.com

・電話を取った第一声が「もしもーし」だったこと。

「ツーツー」の音がお話中だと知らなかった。

・いきなりかかってきた電話の受話器を何も言わずコチラに向ける。

・電話が鳴っているのに出ようとしないので注意したら「てゆーかー忙しいんすけど」と言い返された。忙しいのはみんな同じだよ!

出典Spotlight調べ

なんと通話中の「ツーツー」音を知らないなんて驚きです。最近は家庭に固定電話がない家も多いので、仕方ないのでしょうか。

なかには電話応対もロクにせず、黙って先輩社員に渡してしまうケースまで…。

新世代だけじゃない!誰しも通る社会人の壁

新社会人のエピソードはいかがでしたか?ゆとり世代やさとり世代と呼ばれる今の若者たちは、平成不況の時代に幼少期を過ごしてきました。

そのためか出世欲もあまり無く、人間関係に対してとても淡泊。飲み会を信じられない理由で断ったり、仕事に打ち込む姿勢が感じられないと感じたエピソードが多く寄せられました。

出典Pressmaster/Pressmaster

しかし、個人差はあれど新社会人に成りたての頃というのは、未熟で信じられない行動や失敗をしてしまいがちです。回答の中には、「自分も同じことをやっていたかも…」という声も。

そんな誰しも通ってきた、社会人の壁に悪戦苦闘する今の若者のリアルを見れば少し彼らへの見方も変わってくるかも知れません。

全く期待されていない新人の快進撃がはじまる!

出典 YouTube

この夏はじまる新ドラマ、「HOPE~期待ゼロの新入社員~」は囲碁のプロ棋士の夢に挫折し、満足な社会経験も学歴もない主人公が、訳あって総合商社で働くことになったところから物語がはじまります。

誰からも全く期待も、信用もされないなか組織の一員として認めてもらえるよう、ひたむきに仕事に向き合う姿を描いた感動のヒューマンドラマです。

主演はHey!Say!JUMPの中島裕翔

中島さんは本作が、ゴールデンタイムの連続ドラマでは初の単独主演となります。

『半沢直樹』では正義感の強い新米銀行員を、『デート~恋とはどんなものかしら~』ではヒロインに恋心を寄せる硬派で爽やかな営業マンと、デキるサラリーマンを演じてきました。

そんな中島さんが今回、自身初のデキないサラリーマンをどのように演じるのか気になりますね!

また、一ノ瀬が働く営業3課長の織田勇仁(おだ・いさひと)に遠藤憲一さん、主人公のライバルとなる桐明真司(きりあけ・しんじ)に瀬戸康史さん、女性同期には山本美月さんが登場。その他にも個性豊かな俳優陣が脇を固めます。

期待されない主人公の快進撃を見れば、きっと日曜日の夜に起こりがちな「ブルーマンデー」を吹き飛ばしてくれるハズ!ぜひご期待ください。

「HOPE~期待ゼロの新入社員~」
●放 送 日(1話目)2016年7月17日(日) 21:00~21:54
●出演:中島裕翔(Hey!Say!JUMP)、遠藤憲一、瀬戸康史、山本美月ほか

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス