記事提供:conobie

我が家の2歳離れた姉&弟。初めて弟が誕生して生活がスタートした時のお話です。

よく噂で聞く赤ちゃん返りはあるかな?たくさん甘えてくるかな~と思っていたら想像と少し違っていました。

生活の変化に対する「心の整理」だったのかも?

「赤ちゃん返り」と一言で言うには、ちょっと切ない感じの泣き方でした。

寂しいなら私のところにワー!っと走ってきて泣いてもいいのに、離れた所で泣くんですもの。

一生懸命、心の整理をしているのかな…と思いながら娘が泣く度にぎゅーっと抱っこしていました。

息子の登場で生活のあらゆるシーンに小さな変化がありました。

寝る時も、いつもならお布団に入って薄暗くして一緒に寝転んで絵本を読んでいたのに、息子の授乳があるために一緒に寝転んであげることもできませんでした。

それでも娘は我慢してくれて、座って授乳している私に絵本を読んでもらうだけで寝てくれていました。

それまで「いつも通り」だったことがアレコレ変わってしまって、さらにお母さんが弟ばかり抱っこするんですからストレスも溜まりますよね…。

娘が泣いた時の対処は特に細かいことはなく、ただず~~っと抱っこしていました。

「よしよし、どうしたの~?お母さんいるよ~」という声かけくらいで特別なことは何もしませんでしたが、それでも少しずつ落ち着いていきました。

今では息子にお姉さんぶってみたり、私に「抱っこして!」と素直に甘えたりできるようになりました。

時々、息子が先に寝てしまったら「ぎゅーしたい!」と膝に乗って来たり、膝に乗って絵本を読んでと頼まれたりします。あと「抱っこでお布団まで連れてって~」と寝転がるなど…いろいろありますが「しょうがないな~」と応えています(笑)。

「甘えたいときにちゃんと言える」のは、娘の成長だな~と思いました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス