5月には少し暖かい日がありましたが、3日も続くともう気温が下がったり雨になったりと今年は例年になく雨が多い6月のイギリス。いつもは3月~4月にかけて雨の時期といわれるのですが、「異常気象」が続いており6月も半ばを過ぎたのになかなかイギリスレベルの「暑い夏」を感じることができません。

このままでは本格的な夏を味わうことなく秋に突入してしまうのではないかと市民もなんだか残念そう。ただでさえ短いイギリスの夏なので、ほんの少しの間でも日光浴やBBQを楽しもうとする人は心待ちにしているのです。

ところが、あまりに雨が多いために各地で洪水被害が出ている様子。スコットランドや北アイルランドでは激しい雨のため停電被害も。強風と大雨警報がロンドンを始めミッドランド地方やウェールズなどで出されています。

この大雨による影響を受けているというわけではないのですが、世界の異常気象の影響でイタリアのヴェネツィアでは今年例年より早く異常な高潮の水位が観測され、街の一部が浸水状態になりました。

水の都、ヴェネツィア

When in Venice
by Francesca Cappa

美しい水の都として知られるヴェネツィアは、イタリア北部に位置し日本人にも大変馴染みのある人気観光地となっています。そのヴェネツィアで、異常水位の高潮が市内に溢れ街の一部が浸水してしまうという「アックア・アルタ」と呼ばれる現象が起こっています。

運河からの距離や海面高度、下水道や排水溝の設備、歩道の高さなど様々な要因で浸水する地域があるといわれているこの「アックア・アルタ」ですが、普通は11月~3月と冬の時期によく起こるのだそう。

特に水位の高い「アックア・アルタ」が起こるとサイレンで市民に知らせるそうです。外出には長靴が欠かせないヴェネツィア市民たち。この水のある光景は日本の洪水被害と同じ。ですが違うところはみんなが普通にしていること。

ウエイターも長靴でサービス

Licensed by gettyimages ®

ヴェネツィアではもはや当たり前のような光景のために、驚く市民などいないのでしょう。そしてお店も通常通りオープンしていたりとカフェのウエイターも長靴でサービスしています。

有名な広場も水浸しの状態に…

Pinned from metro.co.uk

ヴェネツィアで有名なサンマルコ広場もご覧のように水浸しに。この週の「アックア・アルタ」は水位がいつも以上に高く1メートル以上に達した場所もあったとか。

ところがヴェネツィア市民は、自分たちが生まれた頃からこの現象を何度も経験しているために「慣れたもの」という感じがあるようで、誰もパニックにもならずむしろ水浸しの中で堂々と普段通りにしている人々の姿が。

余裕のイケメン男性…!

Pinned from metro.co.uk

まるでプールの縁にでも腰かけているかのように、余裕で広場の椅子に座り何やら読み物をしている男性。イケメンゆえにこのような状況でも絵になるところがニクイ。

もう少しでお尻が浸かってしまう状態なのに…

Pinned from metro.co.uk

こんな状況でもカフェでお茶する市民。いわば日常茶飯事の「アックア・アルタ」なので多少水位が上がったところで気にもしないのでしょう。あまりの余裕っぷりに驚きますよね。

Pinned from metro.co.uk

こちらの男性?女性?はすこーしご機嫌斜めの様子。

ヴェネツィアに長年住んでいると、水位や風、運河の色で「アックア・アルタ」を予期できるようになるのだとか。とはいえ、近年の異常気象で水位が高くなることも多く深刻な洪水被害が懸念されているそう。

普通の長さではなく「アックア・アルタ」用の特別な長靴を履いている市民。店や街のあちこちで浸水状態になれば日本なら慌てそうなものですが、緊急度合いがあまり感じられず、写真を見るとなんだか笑えてしまいます。

2012年にはこのアックア・アルタにより街の70%が浸水してしまうという事態にもなったベネッツィア。今年もイギリスだけでなく各地での「異常気象」に十分注意を払う必要がありそうです。近いうちにヴェネツィアへ観光予定のみなさんは是非ともこの「アックア・アルタ」に気をつけてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら