リノベーションや新築で力が入るカ所と言えば、やっぱり「キッチン!」という人、多くいると思います。

そして、キッチン設備と共に考えるのが、キッチンの壁面を何で仕上げるか、ということですよね。

筆者は、1度目のリノベで白いモザイクタイルのカフェ風、2度目はステンレス一枚板で厨房風にしました。

タイルの可愛らしさも、ステンレスのカッコよさも大好きです。でも次のリノベでは、せっかくだから前と違ったことがしたい、と思っていました。

一方で、現在の主流は圧倒的にキッチンパネルなんだそうです。

安心の不燃素材で目地のない壁は、汚れが簡単に拭き取れてお掃除がらくらく。

かつ大工さんが施工することで工程も短縮できるメリットも。

それは、よーくわかっているのですが、好みに合う色柄にはなかなか出会えませんでした。

いえ、と言うより、そもそも色や柄はなくてよいから、今までと違う何かプラスアルファな素材はないだろうか……?

そこで見つけたのが、『JFE建材株式会社』で出している「リバーホーロー」、真っ白なホーロー製のキッチンパネルでした。

バリエーションは白のみで3種類、このある意味大胆な潔さが珍しい。

さてこのホーローのパネルには、プラスアルファが1つならぬ2つもあるんです。

■1:マグネットがくっつく

マグネットがくっつくんで、色々なアイテムが自由に付けたり外せたりできます。

100均のフックだったり、メモを貼ったりと便利です。

■2:ホワイトボードのように使える

ホワイトボードマーカーを使って文字やイラストを描けば、自分だけのキッチンパネルが完成です。

レシピをメモ書きするもよし……、

その日の来客へのメッセージを書くのもよし……、

家族への伝言もこんな風に!

書くのも消すのも、ホワイトボードとまったく同じです。

もちろん、キッチンパネルの真骨頂でもある汚れに対する強さも申し分なく、お手入れの楽さは、日々実感しています。

3種類の白で迷いましたが、結局はもっともプレーンなピュアホワイトにしました。
例えるなら真っ白な業務用冷蔵庫みたいなテクスチャーです。

ホーローらしいツヤのある白い壁は、人気ブランドであるシンプルな無印良品やカラフルなイケアとも相性が良いようです。

洗面所などの水廻りに使うのも、大いにアリだと思います。

好みやライフスタイルは千差万別ですが、これからリノベするご予定がある場合、ぜひ選択肢に加えてみてはいかがでしょう?

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら