記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
妊娠前からちょこちょこおやつを食べていた人、空腹時がつらい食べづわりのある人など、妊娠中のおやつに悩む方も多いのではと思います。
妊娠中はたくさんの栄養素が必要です。実は間食もメリットになり得ます。そこで、間食をするにあたって、何か気をつけた方がいいことはあるのでしょうか?

今回のテーマは「妊娠中のおやつ」についてです。特にデスクワーカーの妊娠中のおやつについて医師に話を聞きました。

妊娠中の間食で、気をつけるべきことはありますか?

妊娠中の間食は、糖分はできるだけ控えるようにすることが大切です。
妊娠中、カロリーを摂りすぎると、体重が増えすぎたり、妊娠糖尿病妊娠高血圧症候群になったりする原因になります。

間食のカロリーは、1日200キロカロリー以下にするなど調節をしましょう。適度に甘いものを食べることは問題ありませんが、毎日食べることは控えるなど摂り過ぎに気をつけましょう。

妊娠周期によって、控えるべきおやつはあるでしょうか?

妊娠中は、多くの栄養素を必要とします。
特に妊娠初期には、特に赤ちゃんの神経をつくるのに使われる葉酸をしっかりとることが大切です。そのため、葉酸が多く含まれる納豆、焼き海苔、いわしなどのおかしをおやつとしてとるといいですね。

ほかにもカルシウム、たんぱく質、鉄、食物繊維は妊娠中の全期間にわたって積極的にとりたい栄養素です。野菜スティックや、おからの入ったクッキー、小魚などはおすすめのおやつです。

一方で塩分を摂り過ぎると妊娠高血圧症候群になりやすくなります。全期間にわたって塩分の多いスナック菓子やインスタント食品などは摂り過ぎないように心掛けるといいですね。

妊娠中のデスクワーク、おすすめのおやつは?

デスクワークでじっとしているとストレスもたまりやすくなりますよね。
でもおやつの摂り過ぎ、糖分や塩分の取り過ぎには気をつけたいものです。まずはこまめにお茶などで水分をとるようにしましょう。ハーブティー、玄米茶など、妊娠中でも飲めるノンカフェインの飲み物でお気に入りのものを探すのもいいですね。

ナッツや梅干し、あまり甘くないキャンディーなどをつまむと、気分転換にもなると思います。

食べることでスッキリすることも多いと思いますが、妊娠中に思いのままに食べることはよくありません。食べるのではなく、気分転換にストレッチをしたり、思い切り深呼吸やのびをすることでもスッキリすることがありますよ。

≪妊娠中、正しい生活出来ていますか?≫
妊娠中は気をつけるべきことがたくさん!【妊娠中の正しい過ごし方】診断

最後に医師からアドバイス

仕事をしながらの妊娠生活は大変なことも多いと思います。栄養補給とストレス解消を兼ねて上手におやつをとるようにし、健康な妊娠生活を送りましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス