「勉強に集中できない!」「なんだかイライラして気が散ってしまう・・・。」
 
 毎日の宿題はもちろん、夏休みの宿題や、受験勉強。
 目標を達成するためには、コツコツと勉強をしなければいけない場面はたくさんあります。そんな中、子供たちがどうすれば勉強に集中できるのか家族みんなで考え悩むことも多いのではないでしょうか。

 あなたのお部屋には、何色のアイテムがありますか?
 
 お部屋にあるさまざまなアイテムの色。あなたのお部屋はどんな色のものがありますか? 

 真っ赤なマニキュアは情熱的な気分にさせてくれますし、オレンジやイエローのビタミンカラーのクッションを抱くと元気をもらえるでしょう。観葉植物のグリーンは部屋をみずみずしくしてくれ、フレッシュな癒しをもたらしてくれますし、パステルカラーのバスタオルは柔らかく清潔感を感じさせてくれます。

 私たちはひごろの暮らしの中で、色彩豊かにごく自然に色のもつ力を使っているのです。

集中力アップに使える色使い

 たくさんある色の中でも、青は落ち着きを感じさせ、清涼感のある色です。
 じっくり集中して、落ち着いて考えをまとめたいときに助けてくれます。

勉強をする部屋にブルーを取り入れる

 そこで、提案したいのが、子供たちが勉強をする部屋にブルーを取り入れてみるということです。
 薄いブルーの壁紙はナチュラルなインテリアとも相性が良いですし、さわやかで清潔感がある部屋に近づけてくれる効果もあります。
 壁紙を変えるのは難しい場合は、カーテンやベッドカバーなど部屋の大きな面積を占めるインテリアをブルー系に変えてみるというのもいいでしょう。

でも、青ばっかりだったらつまらない!

 青というのは「落ち着かせてくれる色」であると同時に、「快適な睡眠を得られる色」でもあります。勉強に集中したくてブルーのインテリアにまとめたのに、居眠りばかりしてしまっては本末転倒ですよね。

アクセントカラーを取り入れる注意

 目に入る小物に、アクセントカラーを取り入れましょう。
 文房具やブックスタンドなどに、目を引いて気を引き締めてくれる色を入れるといいでしょう。

 ただ、常に目に入る机上のスペースでの大きな真っ赤なモノは避けたほうが無難。
 よく使う小物、消しゴムやハサミなどに赤いものを使うと、すぐ目に入り筆箱や引き出しを探す事を減らせるでしょう。しかし、赤い色はエネルギ―を与えてくれる色なので、常に目に入っていると、ついイライラしてしまったり、そわそわして集中を欠いてしまう可能性があるのです。

スウェーデンの国旗のカラーをお手本に

 スウェーデンの国旗のカラーはブルーとイエローです。
そう、集中力アップを狙える色使いは薄いブルーをベースにイエローのアクセントを置くコトです。

 黄色は、雰囲気を明るくし、やる気を出してくれる色です。
ペンやメモ帳など、に取り入れてたまに目に入るようにすればよい緊張感を保つことが出来るでしょう。
 付箋紙なども黄色が多いので効果的。
 黄色は注意喚起を促し、目を引く色で物忘れを防ぐ効果もあります。

子供の成長に合わせてインテリアを考える

 よく、女の子のお部屋をとってもかわいくコーディネートされている親御さんをお見掛けします。女の子のお部屋には、赤やピンクをたくさん使ってかわいらしく仕上げたくなりますよね。
 ただ、小学校から中学校へ変わるとき、お子さんにとって大きな社会的な変化が訪れ、生活習慣や日々の勉強量などたくさんのことが変わります。
 遊ぶことが主だった子供部屋から、勉強することも視野にいれたプライベートルームに変えていくことは必然ではないでしょうか。

色だけで、ここまで変わる(模様替えのイメージ)

 たとえば、このようなピンクや赤い小物を多くセレクトした子供部屋。
幼児期には元気にあそんでほしいという思いから、原色や明るい色が取り入れられた「遊び部屋」を作ることが少なくありません。
 ぬいぐるみや、カラフルなラグなどかわいいアイテムも多いのですが、中学生や高校生になったとき「集中力アップ」の観点からは、ちょっと落ち着かないかもしれませんね。

もし、上記のお部屋のイメージのカラーを一新するとしたら。

 壁紙、カーテン、ベッドカバーをブルー系に変え、デスクの上の小物をイエローにして差し色にしました。
 使用している収納棚はそのままに、カゴなどを活用しすっきりとさせて、デスクの上の物を減らしています。
 子供たちと話しをしながら、中学校への成長のタイミングで部屋の中にあるものを見直し、家族一緒に気持ちを切り替えるような模様替えをするのも素敵な思い出になるのではないでしょうか。

ニトリのターコイズブルー&イエロー20-コーディネートシリーズがぴったり!

出典 http://www.nitori-net.jp

 最近インテリアコーディネートのプラン提案に力が入っているニトリ。
 最新のコーディネートプランは、ターコイズブルー×イエローと涼しく、明るい印象のプランが提案されていました。
 ベッドルームのプランですが、青をベースにカーテンやベッドシーツの色を合わせてさわやかにしています。
 イエローが差し色に聞いていて、静かすぎず、フレッシュな印象を与えています。

 今回紹介した、カラーコーディネートの例は「集中力UP」に焦点を当てた提案でしたが、やはり集中力を持続させるには必要以上の刺激を目に入れないという事が大切です。
 手に届く位置に、ワクワクする本やおもちゃがあれば気になってしまうものです。
 誰しも、勉強手に取った雑誌を何気なく読んで時間が過ぎてしまうような経験があると思います。
 
 勉強するときには、「さぁこれから集中するぞ」という目的で、机の回りの雰囲気を変えるような演出を、カラーの知識をちょっと取り入れてしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

いとうゆき このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス