記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
女性にとって、夏場はなんといっても日焼けが気になるところ。うっかり日焼けをしてしまったときほど、後悔することはありません。でも、今日からは安心! じつはその日焼けが無かったことになる、優秀な食べ物があるというのです。一体、どんな食材が日焼けリセットに有効なのでしょうか。

■ まずは、日焼けの仕組みを知ろう

日焼けは、紫外線を浴びることで体内でメラニンがたくさん作られてしまうことが主な原因。このメラニンを分解して排出し、日焼けした肌をもとの状態に戻そうとする働きが大切です。

このメラニン無色化に有効のがビタミンCを豊富に含む食材。
また、日焼けが原因でシワやたるみなど、老化が加速されることも……。そんなダメージには抗酸化作用のある食材が◎。

■ 日焼け対策に持ってこいの優秀食材

様々な日焼け対策がありますが、食事からも考えることができます。
紫外線対策として有効な栄養素は、シミやそばかすを予防する働きのあるビタミンCや紫外線から肌を守り、肌の老化や肌荒れを防ぐβ-カロテンビタミンE、肌の新陳代謝を活発にするビタミンB2亜鉛などを摂るのが効果的です。

≪ビタミンC≫
みかん、いちごなどの果物類
≪β-カロテン・ビタミンE≫
かぼちゃ、にんじんなどの緑黄色野菜
≪ビタミンB2≫
卵、納豆、牛乳
≪亜鉛≫
魚介類、肉類

またシミやそばかすの原因となる、メラニンの生成を促進しているのは活性酸素といわれるもの。体を酸化して細胞を老化させてしまうため、様々な影響が起こります。

そのためには酸化を抑制する抗酸化作用のある食べ物を摂ることが大切です。トマトなどに含まれるリコピンは、同じく抗酸化作用のあるビタミンEの数百倍の抗酸化作用があると言われ、メラニンの生成に関与する活性酸素を除去する働きがあります。

■ 肌をリセットする優秀食材

[1] メラニン解消に役立つビタミンC
レモン・パプリカ・トマト・パセリ・アセロラ

[2] 老化の速度をゆるめる抗酸化食材<ビタミンE>
ナッツ類・アボガド

<ビタミンA>
ニンジン・かぼちゃ
<リコピン>
トマト・スイカ
<ポリフェノール>
クランベリー・ブルーベリー・ざくろ

……など

≪最近、シミやそばかすが増えてきていませんか?≫
あなたの肌は大丈夫?【シミ・そばかすリスク】診断

■ 医師からのアドバイス

スーパーでも手に入る、身近な食材にはこんなに素晴らしい働きがあるのです。
これを活用しない手はないですよね。「しまった、日焼けしてしまった!」というときには、これらの食品をうまく取り入れて、お肌の状態を健やかにキープしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス