誰もが一度は袖を通したり、見かけたことのあるブランドに、1968年創業のラルフローレンがあります。オリンピックやパラリンピックの開会式などで、アメリカ選手が着用する公式ウェアを製作するなどアメリカを代表するブランド。日本でもポロシャツといえばラルフローレンというほどお馴染みのブランドです。

胸元のポロのマークはラルフローレンの象徴!

出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp

ポロ競技のポロを創業者のラルフ・ローレンに重ねあわせた有名なロゴです。

近年、ポロのマークがどんどん大きくなった!

どんどん大きくなるマークに驚きました。

年々大きくなるマークに賛否両論ありました。

Twitterユーザー、The Many-Faved Godさん が紹介した「ラルフローレンのロゴの予想図」が、予想を超えたロゴマークと話題なっているのです。

予想を超えたポロマークに思わず笑ってしまいます。

ポロラルフローレンのロゴは、欧米の紳士が馬に乗って行う団体競技「ポロ」を象徴するマークです。

出典 http://polo-ralphstyle.com

「ポロ」という欧米の紳士の競技の象徴をマークに適用しています。

ポロ競技を象徴するロゴマークの刺繍は、900もの細かいステッチから構成されているともいわれますが、そこからも彼の「こだわり」には敬服させられます。
また、この刺繍は均一ではなく、全体のバランスを考えて、大きさや配置にも工夫がなされているところにも注目です。

出典 http://polo-ralphstyle.com

900もの細かいステッチが施されているというのには、驚かされます。

思わず笑っちゃいますよね!

でっかいロゴを楽しむ人も多いのです。

斜め上をいってます!

年々大きくなる、ラルフローレンのマークです。今回の「ラルフローレンのロゴの予想図」には、思わず笑ってしまいました。60年以上先のロゴの行方。最後は、着ている人間とロゴの馬が交換するという想像を超えた予想図でした。アメリカを代表するブランドです。いつまでも続くブランドであって欲しいなと思います。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス