本日の早朝に嬉しいニュースが飛び込んできましたね。マイアミ・マーリンズ所属のイチロー選手がピート・ローズ氏が持つ歴代最多安打記録4256本を抜く、4257本目のヒットを放ちました。これでイチロー選手は世界最多安打記録を持つ選手となりました。

出典 http://m.mlb.com

記録更新でファンの声援にこたえるイチロー選手

2016年6月16日(現地15日)、マイアミ・マーリンズのイチロー選手は敵地のパドレス戦に「1番ライト」で先発出場。1回に内野安打でピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打記録4256本に並びます。そして9回に記録更新となるライトへのタイムリーツーベースを放ちました。

すごいしか言えねぇ・・・

現地で見れた人も


歴史的瞬間に生で立ち会えた方もいらっしゃいました!これは羨まし!

MLB公式も偉業を称える

MLBの公式Twitterでもイチローの歴代最多安打の偉業をたたえるツイートをしています。

イチロー選手のすごさ

小さいころ地元でも有名な選手として早くから類まれなる才能を発揮してきたイチロー選手。これまでに様々な記録を塗り替えてきた偉業が注目されますが、イチロー選手のすごさは記録だけではないのです。

ケガが少ない

メジャーに移籍して以降は故障などで戦線離脱することがほとんどない。故障者リストに入ったのは2009年開幕時の1度のみであり(それもレギュラーシーズン中ではなくWBCの影響である)、毎年平均で約159試合に出場して出塁数を積み重ねている。21世紀以降ではメジャーリーグの試合に最も多く出場した選手である。

イチローは怪我予防の意識が強く、起床から就寝までほぼ同じ行動パターンを繰り返しており、球場入りの時刻や練習の手順まで乱れず行動を一定化している。また、筋肉が非常に柔らかく、体の柔らかさを高める運動を重視すると共に、クラブハウスでも「ソファは腰に負担がかかる」としてパイプ椅子を使用し、また「スパイクを履いたままで階段を使用すると滑って捻挫の危険性がある」として必ずスロープを使用する、怪我しやすいヘッドスライディングをしないといった対策を常に立てている。

また、衝撃緩和のため「力を抜く」ということ(イチローはサヨナラゲームでチームメイトが騒いでいる時でも、誰かにぶつかられても衝撃を緩和させるように対策をとっている)や、早く練習を始めて体を多く動かすこと、「滑りやすい場所」では徹底的に注意する(イチローは「宮崎の店の裏の階段や雨の日の新神戸駅で滑って転倒しそうになった」と述べていて滑りやすい場所では細心の注意を払っている)など怪我する危険性のある場所に細心の注意を払っている。

イチローは「怪我をしないように何故これほど用心しているのか?」と質問されて「僕、いくら貰っていると思います?」と回答していて自身の高い年俸に責任を非常に感じていると思われる。

出典 https://ja.wikipedia.org

イチロー選手は人一倍ケガに対する意識が高いことが伺えますね。「ケガの予防=しっかりとした体のケア」にも繋がっているため、メジャーリーグ野手最高齢となった今でも活躍することが出来ているんですね。

さらに、ケガで離脱するということは年俸に対する責任も感じていますね。その給料に見合った仕事を出来るように日ごろから自己管理をしっかりするのはサラリーマンも同じですね。

守って良し、走っても良し

編集削除アメリカの野球専門誌『ベースボール・アメリカ』に掲載された大リーグ30球団の監督による「Best Tools」投票で、イチローは2003年に「ベスト・ヒッター」「ベスト・バンター」「ベスト・ベースランナー」「最速ベースランナー」「守備部門ベスト外野手」「ベスト強肩外野手」「最もエキサイティングな選手」の7部門でトップに輝いた。

2006年の投票では「最もエキサイティングな選手」「最もバントが上手い選手」で1位、「最高の打者」「最高の走者」で2位、「最も俊足のベースランナー」で3位に選出された。2007年の投票でも、「ベスト・ヒッター」「ベスト・バンター」「ベスト・ベースランナー」「最もエキサイティングな選手」「守備部門ベスト外野手」「ベスト強肩外野手」で1位に、「最速ベースランナー」で2位に選ばれるなど、メジャーリーグの監督から高い評価を受けている。

2008年のメジャーリーグスカウトによる投票でも、「ベスト・ヒッター」「ベスト・バットコントロール」「守備部門ベスト外野手」「ベスト強肩外野手」「ベスト・ベースランナー」の5部門で1位に、「ベスト・バンター」「最速ランナー」「ベスト・スティーラー」でも2位に選ばれるなど高評価を受けている。

出典 https://ja.wikipedia.org

イチロー選手のすごさはまさに「走・攻・守」すべてにおいて素晴らしい技術を持っているということです。

イチロー選手と言えば「安打製造機」といったイメージがありますが、足の速さに加えベースランニングのうまさ、広い守備範囲に加え強肩などまさにオールラウンダーな選手なのです。

レーザービーム!

イチロー選手の守備での代名詞「レーザービーム」は有名ですね。鋭い送球で何度もチームのピンチを救ってきました。

イチロー選手の守るライトはイチロー選手の背番号にちなんで、アメリカ軍の機密事項が存在すると言われる基地と同じ「エリア51」と呼ばれていました。

偉業達成も「目標はここじゃない」

「ここにゴールを設定したことがないので、実はそんなに大きなことという感じは全くしていないんですけど、それでもチームメートだったり、記録の時はいつもそうですけどファンの方だったりと、ああいう反応をしてもらえるとすっごくうれしかったですし。そこですね。それがなかったら、何にも大したことないです」

出典 http://full-count.jp

「僕としては日米合わせた数字ということで、どうしたってケチがつくことは分かっているし、ここに目標を設定していなかった」

出典 http://full-count.jp

偉業を達成してもいつもと変わらないクールなイチロー選手。自分が記録を達成したことより、「チームメイトやファンが喜んでくれるのが嬉しい」というなんともイチロー選手らしいインタビューでした。

3000本安打まで残り21本

イチロー選手は今回の歴代最多安打記録もそうですが、もう一つの大記録が目前に迫っています。それがメジャー通算3000本安打です。この大記録まで残り21本と迫っています。

この記録はメジャーリーグでもわずか29人しか達成していない大記録になります。是非頑張っていただきたいと思います。そして、ケガが少ないとはいえ無事にシーズンを終えられるように祈っています。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス