記事提供:いいモノ調査隊

我が家ではお料理の際、ひんぱんにキッチン用のはさみを使って食材を切っています。はさみで切ることでまな板を使わなくて済むため、とてもお手軽なんです。

とくに、使った後のまな板をしっかりと洗わなくてはならない肉類なんかは、パックの中で切ってしまえばラクちんです。

そんな毎日大活躍のキッチン用はさみですが、主婦歴8年になる筆者が「史上最強に使いやすい!」とここ数年溺愛しているものがあります。

従来品の約3倍という抜群の切れ味で大ヒットしている家庭用はさみ「フィットカットカーブ」シリーズ。そのキッチン向けモデル、「洗えるチタン」です。切れ味のよさはそのままに、キッチン使い向けにいくつかの機能がプラスされています。

「フィットカットカーブ」シリーズの特徴であるベルヌーイカーブ刃(理想の開き角度である30度を常にキープできる曲線の刃)の形状は受け継ぎつつ、刃を厚くし、「マイクロギザ刃加工」を施してします。ギザギザしている刃がわかりますでしょうか?

また、刃にはサビに強い高硬度チタンをコーティングし、使用後の丸洗いが可能でいつでも清潔に使えます。

このギザギザ加工とチタンコーティングにより、食材などの柔らかく滑りやすいものもしっかり切ることができます。ネギやほうれん草、ニラなどの野菜はお手のもの!

包丁は少々心配ですが、はさみなら子供にもどんどんお手伝いしてもらう機会が増えます。そして、なんといっても肉類を切る時に実力を発揮します。柔らかくて滑りやすい肉類、とくに鶏肉は包丁で切る時に滑ってしまって切りづらいのですが…。

そんな悩みも一気に解消!「サクッサクッ」という音とともに軽い力で気持ちよくカットが進みます。

ヌルヌルとして、包丁では切るのが大変な脂身や皮もサクサク!あっという間に下ごしらえが完成します。まな板を使わなくてもOKなのが本当にうれしい!

そのほか、忙しい朝の時短にも活躍してくれます。朝食用のウインナーもまな板いらず。包丁で切るとつぶれてしまうピザトーストや、パン類を切るのにも便利なので、忙しい時間の洗い物が減って助かります。

食材以外にも、かさばる食品トレーや牛乳パックなどもこのはさみで切って、小さくしてから捨てています。

幅広い用途で抜群の切れ味を発揮してくれるので、BBQやキャンプなどアウトドアに持って行くのもよさそう。キッチン用のはさみは形がゴツく大きいものが多いですが、このとおり普通のはさみと変わらない大きさでかさばりません。

気になる耐久性も心配無用。我が家で使っている1本はすでに2年ほど使用していますが、サビることもなく切れ味がまったく変わりません。これからもキッチンの必需品であり続けること間違いなしのはさみです!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス