記事提供:おたぽる

1976年から『週刊少年ジャンプ』(以下、『ジャンプ』)で連載を開始し、今年で40周年を迎えた“こち亀”こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(共に集英社)。

1982年に、同作の主人公・両津勘吉が語った夢が、「現実がギャグ漫画の世界と同じになってる…」「こち亀ってほんま凄いよな」「秋本治の先見性はガチ」と、今になって話題を集めている。

今回話題となっているのは、1982年に発売された『ジャンプ』に掲載された「アンコール雪之城の巻」で飛び出した発言(コミックス28巻収録)。

どのようなエピソードかというと、ボーナスの60万円で購入したテーブル型の業務用ゲーム機に興じる両さんは、「わしはTVゲームのプロになるんだ!」とイケメン金持ち警官の中川圭一に強く宣言。

中川はあきれ顔で「プロ…になってどうするんですか?」と困り顔で聞き返す。そうすると両さんは、「21世紀はすべてがコンピューターだ」「だから先を読んでTVゲームのプロになる」と発言、中川もあきれるのであった…といった内容だ。

もちろん現在は認知されているプロゲーマーだが、任天堂が「ファミリーコンピュータ」を発売したのは1983年、

“ゲーマー”として最も早い段階に有名となった高橋名人も、“名人”と名乗り始めたのが85年ということを考えると、こち亀の先見性がいかに高いかわかる。

これにはネット民も「これ割とマジで凄いよな。やっぱ昔のこち亀って神だわ」「秋本はタイムトラベラーだな」「今週のこち亀も面白かったし、このレベルの話を毎週考えるってすげーな。ほんと感心する」という声が続出。

これまでにもこち亀では、80年の『ジャンプ』に掲載された「発明の日!の巻」(コミックス19巻収録)に、現在の「ルンバ」を連想させられる“自動掃除機”が出てきたり、

96年に掲載された「ゲーム営業 両津!!の巻」(コミックス100巻収録)では“ゲーム内広告”が出てきたりと、なにかと現代に起こっていることを予言してきたのだ。

さらに、96年掲載の「電脳ラブストーリーの巻」(コミックス98巻収録)では、バイクに乗ると性格が変わる男・本田速人が恋愛ゲームを購入し、

とある一人の女性キャラにメロメロになり、ゲーム内でなぜかキャッシュカードのナンバーを聞かれて5万円の服をゲーム内で購入するというエピソードがある。

そして、97年掲載の「超美少女SLG(シミュレーションゲーム)!!の巻」(コミックス105巻収録)では、柔道の達人・左近寺竜之介が「どきメモ」という育成ゲームをプレイし、

お金を入れないと連続してプレイできなくなってしまうため、課金を繰り返すといった描写もある。

このシーンに対しては、「完全にソシャゲだこれ」「ガチャソシャゲ予言してたな」「今のソシャゲ地獄の未来を予感してたんだな」といった声も上がっている。

「そりゃ何年も描きつづけてりゃ、後々的中するセリフになることもあるだろうよ」といった声があるが、現代のようにネットもない時代に、

さまざまなジャンルやテーマを取り上げ、最先端の情報を集めていた“こち亀”に「マジで読むべき漫画だわ、昔の流行とか知れるし」との声も上がっている。

現在199巻まで発売されているこち亀。すべて読み返してみれば、未来のビジネスに繋がるヒントが隠されているかもしれない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス